人生にゲームをプラスするメディア

「メーカーがレビューに口を出せば恐ろしいことが起こる」 ― アナリストの警告

その他 全般

不適切なレビューは恐ろしいものをもたらす、とアナリストは警告します。

米国の調査会社のEEDAR(Electronic Entertainment Design and Research)のアナリストであるJesse Divnich氏は、ゲームのレビューに関してコメントしています。

氏は「レビューの評価とゲームの売上には相関関係がある」と主張します。実際『Plants vs. Zombies』を使って行った実験では高評価のレビューを見た人ほど友人に勧める傾向があり、レビューは作品の売り上げに貢献できるという結果が出ています。

しかし、「レビューの評価が適切であるかどうか」を氏は憂慮します。
「もしゲームが誇大広告されるなら、消費者は友人にそれを勧めてしまうでしょう。調査によれば、プロが書いたレビューを読んだ人は、全く別の消費者グループにも影響を与えられます。別のグループにいる人々は、MetacriticやG4TVといったプロがレビューを行うメディアの名前を聞いたことがないといいます。“確かなメディアはゲーム産業で信じられない影響力を持つ”という仮説を補強する結果です」

「メディアがゲーム産業で影響力を持つのは、消費者とプロのゲーム評論家の間に強い信頼の絆があるからだということを心に留めておく必要があります。もしメディアやパブリッシャーがレビューの過程に手を入れるなら、消費者との関係を悪化させるだけです。そんなことが起こるなら、消費者を育成するどころか、映画ポスターに”評論家”が名前を連ねる映画界と何ら変わるところはなくなるでしょう」

プロのレビューが信頼されているのは、ゲームを公平に評価し、消費者に有益な(時にメーカー側に不利益な)情報を提供しているから。もしもプロのレビュアーたちが、メーカーからの依頼でレビューの点数を底上げするようなことをすれば、その信頼は失われるだろう・・・というのが主張のまとめとなります。

レビューする側も、ゲームを作る側も、この信頼に応えることが必要であるようです。
《水口真》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. “操縦できる紙飛行機”が登場! スマホで遠隔操作できる「PowerUp 3.0」が日本に上陸

    “操縦できる紙飛行機”が登場! スマホで遠隔操作できる「PowerUp 3.0」が日本に上陸

  2. 『星のカービィ』とランジェリーブランドがコラボ! 可愛いルームウエアや雑貨など全6型で展開

    『星のカービィ』とランジェリーブランドがコラボ! 可愛いルームウエアや雑貨など全6型で展開

  3. “ここはジャパリパーク”ポーズも再現できる「ねんどろいど サーバル」彩色原型が公開、「かばんちゃん」のねんどろいど化も決定

    “ここはジャパリパーク”ポーズも再現できる「ねんどろいど サーバル」彩色原型が公開、「かばんちゃん」のねんどろいど化も決定

  4. Wピースがかわいすぎ!「ねんどろいど レーシングミク 2017 Ver.」の情報が公開

  5. 『FFXIV』エオルゼアカフェにて「紅蓮のリベレーター」発売記念イベントが開催!侍やラクシュミのコースター追加も

  6. アニメ「ダンガンロンパ3」江ノ島盾子デザインのランジェリー&ブレスレットが登場、ブレスレットは狛枝凪斗モデルも

  7. 『Fate/EXTELLA』の新作が制作中! 「サーヴァントとアクションに主眼を置いたもの」に

  8. 『ニーア オートマタ』海外ファンの2Bコスプレが本人すぎる…

  9. 『ニーア オートマタ』2Bの体型を完全再現した海外コスプレイヤーが現る…

  10. 【フォーラム】『星のカービィ』25周年を記念して「カービィシリーズの思い出」を大募集!─印象深い敵は? 一番好きな作品は?

アクセスランキングをもっと見る