人生にゲームをプラスするメディア

大量殺戮兵器と化したコロニーを奪還せよ『VANQUISH(ヴァンキッシュ)』最新情報

ソニー PS3

VANQUISH(ヴァンキッシュ)
  • VANQUISH(ヴァンキッシュ)
  • VANQUISH(ヴァンキッシュ)
  • VANQUISH(ヴァンキッシュ)
  • VANQUISH(ヴァンキッシュ)
  • VANQUISH(ヴァンキッシュ)
セガは、PS3/Xbox360ソフト『VANQUISH(ヴァンキッシュ)』の最新情報を公開しました。

『VANQUISH(ヴァンキッシュ)』は、壮大な世界観とストーリーが織り成すシューティング・アクションゲームです。プレイヤーは、最新鋭のバトルスーツARSを身に着けた主人公「サム」を操り、ロシア軍に占領された自国のスペースコロニーを奪還すべく、敵の機械兵たちを殲滅します。今回はそのストーリーを紹介します。

■ストーリー
舞台は、世界人口が100億人を突破し、食料問題、エネルギーの枯渇が危ぶまれる近未来。物語は、太陽光発電の拠点として建造されたアメリカのスペースコロニーが、「ロシアの星」と呼ばれるロシアの政権を奪った組織に占領されたことで動きだす。
大量殺戮兵器と化したコロニーのマイクロウェーブの攻撃により、サンフランシスコは死の街に。「ロシアの星」は、次の標的をニューヨークとして、アメリカの即時無条件降伏を要求する。
しかし、アメリカは徹底抗戦を決断し、コロニー奪還作戦の総指揮を、歴戦の英雄バーンズに託した。
この作戦に同行する主人公が、新型バトルスーツARSの開発者であり、テストパイロットでもあるサム。彼の目的は、ARSの性能テストのほかにもうひとつあった。それは、コロニーの機能を停止すべく単身潜入を試みた、コロニー計画の発案者である恩師カンディード博士の救出。
「ロシアの星」によるニューヨーク攻撃までの時間も刻一刻と迫る中、米国の存亡をかけた戦いが始まろうとしていた・・・

さまざまな武器による銃撃や、パンチ・キックといった近接格闘だけでなく、時には物陰に隠れて敵の攻撃をしのぎ、高速移動で死角を突いて一気に敵を倒すといった、多彩なアクションが楽しめる本作。通常の銃器とは別にグレネードも装備しており、広範囲の敵を一気に倒すことも可能です。

また、最新技術の粋を凝らしたバトルスーツ「ARS」の特殊能力は必見。敵の攻撃がスローモーションになる「ARモード」を使えば、敵の銃弾も止まって見えるため、銃弾を掻い潜って敵を討つ、爽快なアクションが楽しめます。

スピーディーかつ多彩な戦闘システム、緊張感のあるストーリーに今からワクワクが止まりません。

『VANQUISH(ヴァンキッシュ)』は、2010年10月21日発売予定で価格は税込7,980円です。

(C)SEGA
《八岡弘高》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. PC版『モンハン:ワールド』、マウス操作の見直し及び通信エラー解決の修正作業が進行中

    PC版『モンハン:ワールド』、マウス操作の見直し及び通信エラー解決の修正作業が進行中

  2. 『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?

    『バイオハザード RE:2』リメイクで期待する8つのポイント ─ “豆腐”や“おもしろ謎解き警察署”はどうなる!?

  3. 『モンハン:ワールド』特殊クエストに「マム・タロト」が登場―アップデートによって追加された新たな鑑定武器を手にいれよう!

    『モンハン:ワールド』特殊クエストに「マム・タロト」が登場―アップデートによって追加された新たな鑑定武器を手にいれよう!

  4. ローグライク2D探索型ACT『Dead Cells』正式リリース! 国内PS4/スイッチ版も配信

  5. 「PlayStation VR」世界累計実売が300万台突破―北米で最もプレイされた10タイトルも判明

  6. 『ザンキゼロ』「人類滅亡」は嘘なのか本当なのか─生死すら超えるサバイバルが待つ“希望の島”で、罪と向き合え!【若干ネタバレあり】

  7. 『モンハン:ワールド』オンラインデビューを考えているハンターへ! マルチの前に知っておきたい10のポイント

  8. ライトニングは実在した?あまりにも本気すぎる『FFXIII』コスプレが凄い

  9. 『モンハン:ワールド』魔獣「ベヒーモス」に挑め!無料大型アップデート第4弾配信開始

  10. PS4版『ボーダーブレイク』武器や機体パーツの入手方法は? マッチング分けは? 気になる質問に開発陣が返答【セガフェス2018】

アクセスランキングをもっと見る