人生にゲームをプラスするメディア

「『牧場物語』は3DSで」「評価の高いゲームの続編も」マーベラス株主総会で

Air-be blogにて、23日に開催されたマーベラスエンターテイメント定時株主総会の模様が報告されています。

ゲームビジネス 市場
牧場物語 ふたごの村
  • 牧場物語 ふたごの村
  • 牧場物語 ふたごの村
  • 牧場物語 ふたごの村
Air-be blogにて、23日に開催されたマーベラスエンターテイメント定時株主総会の模様が報告されています。

それによれば、ゲームが主軸のデジタルコンテンツ事業は規模を縮小する一方、ソーシャルゲーム・ブラウザゲームを収益の柱に据え、チャンスが来れば再びパッケージを大きくする事も考えるという方針のようです。今期のパッケージはかなりコンサバティブに見ていて、赤字タイトルを出さない事に重点を置くということです。

先日発表になったニンテンドー3DSについては今期中はタイトルはないものの、積極的に考えていて、『牧場物語』シリーズも投入するとのこと。プロデューサーのはしもとよしふみ氏からは「成功するのでは」というコメントもあったようです。

気になる発言としては、過去に発売して評価の高かったタイトルの続編で、外部のパブリッシャーから資金を獲得して開発をスタートするタイトルが数本あるようです。これは海外へのライセンスフィーを前払いで貰い、開発費に充てるという考えのようです。マーベラスタイトルでは『朧村正』や『アークライズファンタジア』をIgnition Entertainmentが、『王様物語』をXSEED(北米)やRising Star(欧州)が発売しています。XSEEDはAQIの子会社、Rising Starはマーベラスと現地メーカーの合弁でしたが出資分は売却しています。

昨年出展を見送った東京ゲームショウは今年も見送るとのこと。費用が1回で6000~7000万円にものぼり、費用対効果が見込めないという判断のようです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【DEVELOPER’S TALK】100万ID突破!12年を経て登場したナンバリングタイトル『ファンタシースターオンライン2』で実現した「無限に楽しめるゲーム音楽」とは?

    【DEVELOPER’S TALK】100万ID突破!12年を経て登場したナンバリングタイトル『ファンタシースターオンライン2』で実現した「無限に楽しめるゲーム音楽」とは?

  2. 【DEVELOPER'S TALK】据え置き機から携帯ゲーム機へ~追加要素満載でリメイクされた『ペルソナ3ポータブル』開発陣に聞く

    【DEVELOPER'S TALK】据え置き機から携帯ゲーム機へ~追加要素満載でリメイクされた『ペルソナ3ポータブル』開発陣に聞く

  3. 『コトダマン』の追加キャラクターは月間40体!煩雑な発注管理をスムーズに行う秘訣とは?ーセガゲームスに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例

    『コトダマン』の追加キャラクターは月間40体!煩雑な発注管理をスムーズに行う秘訣とは?ーセガゲームスに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例

  4. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

  5. YouTubeで違法動画を見てしまったら・・・?分からないことだらけの「違法ダウンロード刑事罰化」まとめ

  6. 【GDC 2014】『バイオショック』のケン・レヴィン氏が説く、ノンリニアストーリー構造の変革

  7. 【CEDEC 2011】Unity、日本法人Unity Technologies Japanを設立

  8. 激論!ゲーム業界働き方改革…ワーママ・ワーパパたちの働き方と悩み、そして解決策は?【CEDEC2019】

  9. イケメンはこうして作られる!「「その口…塞いでやろうか…?」250人のイケメンをLive2D化してわかった、成人男性キャラの魅力的な見せ方」セッションレポート【alive2019】

  10. 今週発売の新作ゲーム『鬼ノ哭ク邦』『黒い砂漠』『東京クロノス』『神獄塔 メアリスケルター2 for Nintendo Switch』他

アクセスランキングをもっと見る