人生にゲームをプラスするメディア

【WHF 2010夏】『スーパーマリオギャラクシー2』でタイムアタック、発売前の『Wii Party』も体験可能

2010年6月19日と20日の2日間、千葉県・幕張メッセで開催の「次世代ワールドホビーフェア '10 Summer」のレポートをお届けします。まずは任天堂ブースから。

その他 全般
【WHF 2010夏】Nintendo
  • 【WHF 2010夏】Nintendo
  • 【WHF 2010夏】Nintendo
  • 【WHF 2010夏】Nintendo
  • 【WHF 2010夏】Nintendo
  • 【WHF 2010夏】Nintendo
  • 【WHF 2010夏】Nintendo
  • 【WHF 2010夏】Nintendo
  • 【WHF 2010夏】Nintendo
2010年6月19日と20日の2日間、千葉県・幕張メッセで開催の「次世代ワールドホビーフェア '10 Summer」のレポートをお届けします。まずは任天堂ブースから。

任天堂ブース


今回の任天堂は『スーパーマリオギャラクシー2』と『Wii Music』の2タイトル出展していました。

『スーパーマリオギャラクシー2』チャレンジ4分以内にクリアするとオリジナル扇子プレゼントチャレンジコーナーは3台用意


『スーパーマリオギャラクシー2』ではフリーコーナーとチャレンジコーナーの2種類の体験コーナーが用意されており、チャレンジコーナーでは4分以内に空島ギャラクシーの「ちいさな星の あばれんぼう」をクリアすると「スーパーマリオギャラクシー2 オリジナル扇子」がプレゼントされます。

空島ギャラクシー自体は一番最初にプレイするステージ。クリア自体はそれほど難しくはないコースですが、4分と絞られると結構難しいんです。またこの出展されているのは特別バージョンになっており、4分経つと強制終了になります。

最速クリアタイムは記録され、1日の最速タイムがスコア板に記載されます。ちなみに初日の最速クリアタイムは1分35秒でした。
(みなさんも自宅で挑戦してみてください)

『Wii Party』チラシも配布体験コーナー
クリアファイルプレゼント『Wii Party』体験コーナーの様子


もう1つは『Wii Party』です。発売前に体験出来る貴重なチャンス、多くのゲームファンがプレイしていました。会場では1~2人で遊ぶ「バランスシップ」と、2人~4人で遊ぶ「スゴロク」を体験することが出来ました。

私は「スゴロク」をプレイ。簡単に言ってしまえば『マリオパーティ』のように、サイコロを転がしてマス目を進んでいくお馴染みのモードです。ただ違うのは、マス目でコインにあたる要素が無い事。4人サイコロを順番で転がし、それぞれ進んだ後にミニゲーム発生します。

ミニゲームも『マリオパーティ』同様、説明と練習が用意されていました。初めてプレイする際はここで操作方法などをチェックすることが出来ます。ミニゲーム自体は新規の物ですが、『マリオパーティ』をプレイしたことがある人ならすんなり遊べるでしょう。ボタンを押して遊ぶアクションゲームもあれば、Wiiリモコンを振るだけのサッカーゲームもありました。体験後はクリアファイルがプレゼントされました。

新色ニンテンドーDSi LLブルーイエロー
グリーンクラブニンテンドーのご案内景品がズラリ
新景品の姿もオリジナルフォトフレームコピー可能です


任天堂ブースのインフォメーションでは、ニンテンドーDSi/ニンテンドーDSi LL向けに『スーパーマリオギャラクシー2』のフォトフレームを配信。任天堂がイベントで配信した特別なフォトフレームはこれで3種類目です。また発売されたばかりの新色ニンテンドーDSi LLの展示、クラブニンテンドーの景品も展示されていました。

『スーパーマリオギャラクシー2』ステージイベント実際にゲームをプレイ会場の子供たちも挑戦しました


ステージイベントにはマリオの姿も。『スーパーマリオギャラクシー2』の時間帯に登場しました。
《》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. まるで暗闇の中!女流棋士・山口恵梨子も悲鳴を上げる『ステルス将棋』対戦の面白さを見てきた【TGS2018】

    まるで暗闇の中!女流棋士・山口恵梨子も悲鳴を上げる『ステルス将棋』対戦の面白さを見てきた【TGS2018】

  2. 「涼宮ハルヒ」2018年に“古キョン”がTwitterトレンド1位獲得! 大きなおねえさん達、大騒ぎ

    「涼宮ハルヒ」2018年に“古キョン”がTwitterトレンド1位獲得! 大きなおねえさん達、大騒ぎ

  3. 「涼宮ハルヒの憂鬱」新作短編が発表―10月31日発売「ザ・スニーカーLEGEND」に掲載

  4. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  5. 「ゲームの都」を目指してー”オモシロイ”を創造する仙台市発のビジネス集団のチャレンジ【TGS2018】

  6. 【吉田輝和のTGS絵日記】乗竜系VRフライトSTG『ガンナーオブドラグーン』連動ロデオマシンの没入感が凄い!

  7. 世界を魅了する人気コスプレイヤー・五木あきらインタビュー「いくらコスプレをしても足りない」【写真多数】

アクセスランキングをもっと見る