人生にゲームをプラスするメディア

【E3 2010】Project Natal改め「Kinect」のワールドプレミア開催される

マイクロソフトは13日、「Project Natal for Xbox360 Experience」を開催しました。

マイクロソフト Xbox360
【E3 2010】Project Natal改め「Kinect」のワールドプレミア開催される
  • 【E3 2010】Project Natal改め「Kinect」のワールドプレミア開催される
  • 【E3 2010】Project Natal改め「Kinect」のワールドプレミア開催される
  • 【E3 2010】Project Natal改め「Kinect」のワールドプレミア開催される
  • 【E3 2010】Project Natal改め「Kinect」のワールドプレミア開催される
  • 【E3 2010】Project Natal改め「Kinect」のワールドプレミア開催される
  • 【E3 2010】Project Natal改め「Kinect」のワールドプレミア開催される
  • 【E3 2010】Project Natal改め「Kinect」のワールドプレミア開催される
マイクロソフトは13日、「Project Natal for Xbox360 Experience」を開催しました。

これまで「Project Natal」として知られていたXbox 360の新モーションデバイスはは「Kinect」へ改称され、実機デモンストレーションや、長時間にわたる「シルク・ドゥ・ソレイユ」のパフォーマンスなど、大がかりな演出で「Kinect」の楽しさが紹介されました。プレゼンテーションの演出から得られた印象では、「Kinect」は間違いなくカジュアル向けの新提案のようです。

KINECTと改称


「Project Natal」が発表された当時、プレイヤーの全身をリアルタイムで1対1に映し出すゲームプレイ、つまりプレイヤーとの一体感がアピールポイントとされていましたが、Natal Experienceでのプレゼンテーションでは、驚きにもXbox Liveやマルチプレイを通じたユーザー同士のふれあいに重点が置かれていました。

紹介されたゲームのうち、2タイトル以外は2~4人用で、Wiiのベストセラーと類似した内容のタイトルが主でした。

『Kinect Sports』・・・コナミがファミコン時代に制作した『Track & Field』と『Wii Sports』が組み合わさったような陸上競技・ボーリング・バレー対戦型ゲーム

『Kinectamals』・・・トラをペットにするなど、『Nintendogs』のジャングル版ダンスゲーム―動きを 1対1のキャプチャーでリズムとコンピュータの指示に合わせてダンスするゲーム

『Kinect Adventure』・・・ゴムボート・飛行機に乗って急流下りなどの障害コースをユーザーが動いてでクリアするゲーム

『Your Shape: Fitness Evolved』・・・『Wii Fit』同様のコンセプトで、ユーザーを全身キャプチャしてヨガ・格闘技などを鮮明なエフェクト付きで展開する

『Star Wars』・・・ Wiiでもモーションキャプチャが登場して以来、スターウォーズで展開されているライト・セーバー対決ゲーム。客声も上がって大好評でした。

ボウリングアドベンチャースポーツ


イベントで最も重視されたポイントは、家族やユーザー同士の繋がり、いわゆる「コネクティビティ」ですが、このコンセプトを裏付けるのがXbox Liveを通したゲームプレイ、ビデオチャット、メディアコンテンツの共有、そして手動作や口頭によるダッシュボードの操作でした。しかしその一方で、「シルク・ドゥ・ソレイユ」や会場での演出やパフォーマンスでもNatal Experienceの趣旨が描かれていました。

会場の中に入ると、インドと白人それぞれの「理想家庭」を描いたリビングを通り抜けます。メインフロアに進むと、言語が使われない「世界共通に通じる」パフォーマンスが披露されており、奇妙な言語で話す神秘的な服装まとった役者が来場客を「Kinectの世界」へInviteしてました。Kinectのメインプレゼンテーションが始まると一般的な家庭が主役となり、来場者の頭をはるか高く設置された「リビング」で様々な場面でKinectを楽しむ姿が演じられました。さらに、世界の裏側のユーザーと繋がっているかのように、イベント途中で他のプレイヤーが天井でゲームを始めるなど、奇妙な光景が目前に展開しました。写真撮影が不可とされていたのが残念です。


Natal Experienceは、実際には体験できない、すこし変わった体感イベントでしたが、これにより「Kinect」、そしてそれに結びつくXbox Liveによって生み出される「遊ぶ楽しさ」や「人と人の繋がり」が一層深まるイメージを作ろうとしている印象を受けました。今年のE3ではマイクロソフトが「Kinect」によってコア・ユーザー重視のブランドイメージをどう乗り越えるかが問われそうです。また、このイベントはその第一歩と言えそうです。
《オーラ・カイ》

編集部おすすめの記事

マイクロソフト アクセスランキング

  1. マイクロソフト、Xbox 360が日本市場で撤退との一部報道に回答

    マイクロソフト、Xbox 360が日本市場で撤退との一部報道に回答

  2. Xbox One「Day One Edition」を画像で徹底解説 ― 開封からセットアップ、TV Setupなどを早速試してみた

    Xbox One「Day One Edition」を画像で徹底解説 ― 開封からセットアップ、TV Setupなどを早速試してみた

  3. Xbox360『電脳戦機バーチャロン フォース』専用コントローラーのプレオーダー受付を開始

    Xbox360『電脳戦機バーチャロン フォース』専用コントローラーのプレオーダー受付を開始

  4. 世界で人気を博している『Minecraft』のパッケージ版を購入 ― 開けてビックリ、中身はなんと!

  5. 『Gears of War』シリーズ最新作『Gears 5』発表!【E3 2018】

  6. 『マインクラフト』Win 10/モバイル/XB1/スイッチ/VR版がクロスプレイに対応へ

アクセスランキングをもっと見る