人生にゲームをプラスするメディア

ハードコアな海外ファンが本格的すぎる『鉄騎』専用コックピットを制作

40以上のボタンを持つ専用コントローラーとともに発売され、コアなファンを獲得したXboxのロボット操縦シミュレーション『鉄騎』ですが、海外のハードコアなファンが本作のために本格的すぎる専用コックピットを制作してしまったようです。

マイクロソフト Xbox
ハードコアな海外ファンが本格的すぎる『鉄騎』専用コックピットを制作
  • ハードコアな海外ファンが本格的すぎる『鉄騎』専用コックピットを制作
  • ハードコアな海外ファンが本格的すぎる『鉄騎』専用コックピットを制作
40以上のボタンを持つ専用コントローラーとともに発売され、コアなファンを獲得したXboxのロボット操縦シミュレーション『鉄騎』ですが、海外のハードコアなファンが本作のために本格的すぎる専用コックピットを制作してしまったようです。

「B.S.B.B. Mk II」(Big Steel Battalion Box)と名付けられたこのコックピットは、人一人が入れる箱の中に『鉄騎』を遊ぶために必要な機材を詰め込んでおり、専用コントローラーはもちろんの事、室内ランプや警告ランプ、火災ストロボや消火器、ペダル及びシート振動装置、4点ハーネス、軍用ヘッドセットなど、臨場感を高める要素が満載となっています。





また、コックピット内部を映す外部モニターやヘッドセットでの通信機能が搭載されているため、外部から初心者パイロットに指示するといった楽しみ方もできるそうです。ファンの熱意がこもったこのコックピットに乗ってみたいと思う『鉄騎』ファンは多いのではないでしょうか。

記事提供元: Game*Spark
《Game*Spark》

編集部おすすめの記事

マイクロソフト アクセスランキング

  1. ソニー、マイクロソフトの次世代機は2014年? アナリストが指摘

    ソニー、マイクロソフトの次世代機は2014年? アナリストが指摘

  2. 海外で『ドラゴンボールZ for Kinect』が発表、開発はスパイク・チュンソフト

    海外で『ドラゴンボールZ for Kinect』が発表、開発はスパイク・チュンソフト

  3. Xbox One『黄泉ヲ裂ク華』発売延期、2018年夏頃に─ジャンルもダンジョンRPGに変更

    Xbox One『黄泉ヲ裂ク華』発売延期、2018年夏頃に─ジャンルもダンジョンRPGに変更

アクセスランキングをもっと見る