人生にゲームをプラスするメディア

賞金総額4600万円・・・米アクティビジョンが優秀なインディーズゲームを募集するコンテスト

米アクティビジョンはインディーゲームコンテスト「Activision Independent Games Competition」を開催すると発表しました。

ゲームビジネス その他
米アクティビジョンはインディーゲームコンテスト「Activision Independent Games Competition」を開催すると発表しました。

完成品だけでなく、開発中のゲームやコンセプトも審査対象となるユニークなコンテスト。コンテストは「開発資金提供」と「完成品の審査」の2段階に分けて行われ、第1段階の賞金総額は50万ドル(約4600万円)が予定されています。

第1段階では有望な作品に開発資金が提供されます。1位には17万ドル(約1500万円)、2位には7万5000ドル(約690万円)といいますからなかなかの額。第2段階は後日行われ、第1段階で選ばれた作品の完成版が審査されます。

応募資格は「合衆国にあるインディペンデントなゲームデベロッパー」であり、個人とチームを問わないとのこと。応募締切は8月31日が予定されています。

インディー系デベロッパーにとっては開発資金調達のチャンスになりそうです。特に海外ではインディーズゲームの開発が盛り上がりを見せていて、アクティビジョンのような家庭用の大手パブリッシャーもそこから生まれる才能に注目していることを示すものと言えそうです。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 日本の同人ゲームが、海外ダウンロード販売サイトに進出!

    日本の同人ゲームが、海外ダウンロード販売サイトに進出!

  2. 国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

    国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

  3. 危険だけどステキ?『ドンキーコング』の柵

    危険だけどステキ?『ドンキーコング』の柵

  4. セガならではの感動体験を届けたい・・・セガホールディングス岡村秀樹社長インタビュー

  5. 【CEDEC 2009】データで世界のゲーム市場の現状と未来を徹底分析

  6. 市場規模は113.45%の6845億円に、2007年のゲーム市場―テレビゲーム産業白書刊行

  7. 週間ゲームソフト&ハード販売ランキング 2005年12月19日-月25日

  8. gumi、新生銀行と投資ファンド「gumi ventures L.P.」設立

  9. コナミJPNがジャンプフェスタの出展タイトルを発表

  10. 【ゲーム×法律】子どもがゲームに高額課金、親は取り戻せるのか?

アクセスランキングをもっと見る