人生にゲームをプラスするメディア

賞金総額4600万円・・・米アクティビジョンが優秀なインディーズゲームを募集するコンテスト

ゲームビジネス その他

米アクティビジョンはインディーゲームコンテスト「Activision Independent Games Competition」を開催すると発表しました。

完成品だけでなく、開発中のゲームやコンセプトも審査対象となるユニークなコンテスト。コンテストは「開発資金提供」と「完成品の審査」の2段階に分けて行われ、第1段階の賞金総額は50万ドル(約4600万円)が予定されています。

第1段階では有望な作品に開発資金が提供されます。1位には17万ドル(約1500万円)、2位には7万5000ドル(約690万円)といいますからなかなかの額。第2段階は後日行われ、第1段階で選ばれた作品の完成版が審査されます。

応募資格は「合衆国にあるインディペンデントなゲームデベロッパー」であり、個人とチームを問わないとのこと。応募締切は8月31日が予定されています。

インディー系デベロッパーにとっては開発資金調達のチャンスになりそうです。特に海外ではインディーズゲームの開発が盛り上がりを見せていて、アクティビジョンのような家庭用の大手パブリッシャーもそこから生まれる才能に注目していることを示すものと言えそうです。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 京都・河原町の洒落た喫茶店は新たなVRゲームを生み出す秘密基地!? 「THE VR ROOM KYOTO」訪問レポート

    京都・河原町の洒落た喫茶店は新たなVRゲームを生み出す秘密基地!? 「THE VR ROOM KYOTO」訪問レポート

  2. 癒し系VR『あらいぐまラスカル』が東京ソラマチ店に登場-隠れたラスカルを探し出そう

    癒し系VR『あらいぐまラスカル』が東京ソラマチ店に登場-隠れたラスカルを探し出そう

  3. ミクシィXFLAG スタジオに訊くゲーム開発現場での“業務効率化”-我々が『SHOTGUN』を導入したワケ

    ミクシィXFLAG スタジオに訊くゲーム開発現場での“業務効率化”-我々が『SHOTGUN』を導入したワケ

  4. 「創点 弟子入りプロジェクト」で次世代を育てたいーディライトワークス塩川洋介氏インタビュー

  5. Oculus VR、センサー技術を開発するイスラエルのPebbles Interfacesを買収

  6. 今週発売の新作ゲーム『戦場のヴァルキュリア4』『二ノ国II レヴァナントキングダム』『アサシン クリード ローグ リマスター』他

  7. 【CEDEC 2017】AIは『人狼』をプレイできるのか!?カオスな人間vs AI戦も展開されたセッションレポ

  8. 今週発売の新作ゲーム『ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ』『DOOM』『返校 -Detention-』他

  9. 【CEDEC 2017】ゲームの特許は難しくない!だれでもわかる効果的なゲーム特許の取得方法

  10. 2018年3月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

アクセスランキングをもっと見る