人生にゲームをプラスするメディア

大手ゲーム会社、自社を嫌う人々と対話を試みる ― 「和解の意志を示したい」

大手ゲーム会社は、自社を嫌う人々の本拠地へと乗り込みます。

ゲームビジネス 人材
アクティビジョン ロゴ
  • アクティビジョン ロゴ
大手ゲーム会社は、自社を嫌う人々の本拠地へと乗り込みます。

ActivisionのソーシャルメディアマネージャーであるDan Amrich氏は、Activisionを嫌うゲーマーたちとの対話を試みています。

SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)Facebookの「Activision とBobby Kotickに抵抗するゲーマーの会」に参加しているのです。Bobby Kotick氏といえば同社のCEO。そこに抵抗する会となれば筋金入りのActivision嫌いが集まっていそうなものですが、Amrich氏の真意はどこにあるのでしょうか。

「私がひどいことを言われていると知っており、議論したいと願っている・・・と分かっていても、Activision嫌いの人は私の所に来ないでしょう。なぜActivisionとBobby Kotickがそこまで嫌われているかを知りたければ、その源流に行く必要があるのです」

会でActivisionは「悪の帝国」と呼ばれるなど散々な扱いですが、Amrich氏は会のメンバーと様々な議論を展開しているとのこと。

『コールオブデューティ モダン・ウォーフェア2』のロイヤリティを支払う前に解雇されたとして訴訟にまで発展したInfinity Ward問題や、「『ギターヒーロー』をゲーム機からPCへ移行させる」というKotick氏の発言などが議題になっているそうです。

「他のゲーム会社には今のActivisionほど悪いイメージがありません。しかし、私には面倒の中に飛び込む気があります。たいまつを持ってパレードするより和解の意志を示し議論する方がマシです」

杓子定規な発表をするのではなく対話を試み和解の道を探りたい、というのが氏の意志。その道のりは簡単なものではないでしょうが、イメージ戦略という意味でも大きな一歩といえるでしょう。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『State of Decay 2: UE』『カリギュラ オーバードーズ』『リトルウィッチアカデミア 時の魔法と七不思議』他

    今週発売の新作ゲーム『State of Decay 2: UE』『カリギュラ オーバードーズ』『リトルウィッチアカデミア 時の魔法と七不思議』他

  2. 【CEDEC 2017】日本とベトナムのゲーム共同開発の要は「チームとなること」―GIANTYセッションレポート

    【CEDEC 2017】日本とベトナムのゲーム共同開発の要は「チームとなること」―GIANTYセッションレポート

  3. 【Wii Uアンケート Wiiの扱い篇】データ引っ越しをする人は60% ― 引っ越し後のWiiの扱いも公開

    【Wii Uアンケート Wiiの扱い篇】データ引っ越しをする人は60% ― 引っ越し後のWiiの扱いも公開

  4. 今週発売の新作ゲーム『北斗が如く』『あなたの四騎姫教導譚』『FINAL FANTASY XV WINDOWS EDITION』他

  5. 【CEDEC2017】『NieR:Automata』の世界を彩る効果音はどのように実装されたのか?デザインコンセプトとその仕組みについて

  6. 【イベントレポート】 Kフェス2003

  7. 【週間売上ランキング】『キングダムハーツ』『逆転検事』など新作多数ランクイン(5月25日〜31日)

  8. ギズモード、コタクなどを運営するGawker Mediaが破産申請、プライバシー侵害で150億円の訴訟

  9. 『アズールレーン』ケッコンVRでフッドさんとハッピーウェディング【レポート】

  10. 【CEDEC 2011】Unity、日本法人Unity Technologies Japanを設立

アクセスランキングをもっと見る

1