人生にゲームをプラスするメディア

ガンダムたちが大乱闘!『SDガンダムカプセルファイター オンライン』、ついに日本上陸

作品の枠を越えて様々なガンダムが対決する『SDガンダムカプセルファイター オンライン』(以下『SDGO』)、待望の日本サービスに先駆け、4月23日にプレスカンファレンスが行われました。

PCゲーム オンラインゲーム
ガンダムたちが大乱闘!『SDガンダムカプセルファイター オンライン』、ついに日本上陸
  • ガンダムたちが大乱闘!『SDガンダムカプセルファイター オンライン』、ついに日本上陸
  • ガンダムたちが大乱闘!『SDガンダムカプセルファイター オンライン』、ついに日本上陸
  • ガンダムたちが大乱闘!『SDガンダムカプセルファイター オンライン』、ついに日本上陸
  • ガンダムたちが大乱闘!『SDガンダムカプセルファイター オンライン』、ついに日本上陸
  • ガンダムたちが大乱闘!『SDガンダムカプセルファイター オンライン』、ついに日本上陸
  • ガンダムたちが大乱闘!『SDガンダムカプセルファイター オンライン』、ついに日本上陸
  • ガンダムたちが大乱闘!『SDガンダムカプセルファイター オンライン』、ついに日本上陸
  • ガンダムたちが大乱闘!『SDガンダムカプセルファイター オンライン』、ついに日本上陸
作品の枠を越えて様々なガンダムが対決する『SDガンダムカプセルファイター オンライン』(以下『SDGO』)、待望の日本サービスに先駆け、4月23日にプレスカンファレンスが行われました。

場所はゲームとアニメの聖地である秋葉原。会場となったベルサール秋葉原には実物大のガンダムの頭部が設置され、道行く人々の注目を集めていました。

■日韓のノウハウを併せてスタート

『SDGO』は三人称視点のオンラインアクションゲーム。

「機動戦士ガンダム」から最新作「機動戦士ガンダムUC」まで300体以上のモビルスーツが戦うという内容。他のプレイヤーと対戦したり、巨大な敵を共に倒す協力プレイが可能で、原作アニメの名シーンを再現したモードも楽しめます。アクションだけでなく、モビルスーツの色を変えたりステッカーを貼ったりといったカスタマイズ要素も用意されています。

『SDGO』は基本無料でのプレイが可能で、これは「機動戦士ガンダム」のオンラインゲームでは初の試み。韓国では2006年から正式サービスが行われ、その後中国、台湾、香港とアジア圏でサービスが展開。現在では会員が1100万人を越すコンテンツとなっていますが、そこまでの道のりは簡単なものではなかったようです。

バンダイコリア株式会社代表取締役社長の江本義昭氏によれば、企画自体は2004年にスタートしたものの、当時はキャラクターもののオンラインゲームが無かったため、ユーザーに受け入れられるかどうかが議論されたといいます。

「韓国はオンラインゲームでトップクラスであるものの、キャラクタービジネスとビデオゲーム制作のノウハウが無く、日本はその逆」であったことから、日韓のノウハウを融合することが模索されたとのこと。「オンラインゲームは生きもの。日本ユーザーの気持ちをくみたい」と意気込みを語りました。

■「30年間サービスを続けたい」

CJインターネットジャパン株式会社の代表取締役、朴且鎮氏はガンダムシリーズへの親近感を「自分はガンダムっ子として育てられ、自分の人生のコクピットに乗って戦ってきた」と表現します。

先日二人目の息子が生まれたばかりという朴氏、息子がアムロ(「機動戦士ガンダム」の主人公)に似ているといわれたことから30年に渡るロードマップを発想。

「5年後に息子に『SDGO』を教え、10年後には共にチームを組んで世界大会に出場し、20年後にはスペースコロニーで大会を開き、30年後には孫に自分の『SDGO』のアカウントを譲りたい」と壮大な計画を披露しました。

■「無料で全てのモビルスーツが手に入る機会を提供します」

「ガンダムマニアからヘビーユーザー、ライト層まで楽しめるゲームです」と語るのはCJインターネットジャパン株式会社のゲーム事業1部ゲーム事業部チーム長である秋山隆利氏。

「毎月1回はモビルスーツ追加などのアップデートを行う」ことと「無料でも機体コンプリートが可能な機会が提供されるバランスの保持」をキーワードに、「主人公機からファンがニヤリとするマニアックなものまで、必ず好きなモビルスーツに出会えるように展開します」と運営の方向性を示しました。

■有名声優起用、コミュニティ強化……日本独自の方向性

日本版の様々な独自要素も公開されました。

戦況を伝えてくれるオペレーターに中村繪里子さん、今井麻美さん、伊藤かな恵さん、ささきのぞみさん、喜多村英梨さん、浅川悠さん、藤田咲さん、岡本信彦さん、阿部敦さん(順不同)といった有名声優が起用されます。

さらに『SDGO』に連動したコミュニティもスタートします。

日記やコメント、毎日ログインするといったコミュニティ活動でマイレージが貯まり、モビルスーツの購入に充てられるほか、ゲームの戦績がBlogに自動でアップされるなどゲームと密接に絡み合った内容になるとのことです。また、日本版はユーザー層に併せゲームパッドにも対応していることが公開されました。

■「普段と変わらないテンションでやってます」

続いて登場したのは「ガンダム芸人」として知られる土田晃之さんとタレントの熊田曜子さん。

熊田さんは「キャラクターが可愛いし、モビルスーツをカスタマイズして遊びたい」と『SDGO』にラブコール。

土田さんはオペレーター役の声優として『SDGO』に参加。

「声優の仕事はしないと決めてたんですけど、いつの間にかスケジュールに入れられてました。普段のテンションと変わらない感じで演じたので、二度とオファーが来ないんじゃないでしょうか」と声優初体験の感想を語りました。

なお、『SDGO』は4月30日よりクローズドβテスト(正式サービス開始前に、人数を限定して行うテストプレイ)のテスター募集が行われる予定。テストでは23体のモビルスーツが使用可能になるとのことで、興味のある人は要チェックといえるでしょう。

-基本環境
OS:Windows XP/ Windows VISTA / Windows 7 対応
DirectX:9.0c以上

-必須
CPU:Pentium4 2.4GHz / AMD Sempron2800+
メモリ:512MB
Graphic:GeForce8400 / RadeonHD3450もしくは、それらと同等以上の描画能力を持つ環境

-推奨
CPU:Intel Pentium E2140 / AMD Athlon64-2X 3600+
メモリ:1GB
Graphic:GeForce8600 / RadeonHD3650もしくは、それらと同等以上の描画能力を持つ環境
《水口真》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

PCゲーム アクセスランキング

  1. ハリウッドスター顔負け!?『VALORANT』世界大会を彩ったスタイリッシュなコーチたち

    ハリウッドスター顔負け!?『VALORANT』世界大会を彩ったスタイリッシュなコーチたち

  2. 『Apex』最強のレティクルカラーは一体どれ?有名プレイヤーの“推し配色”でエイム力アップ!

    『Apex』最強のレティクルカラーは一体どれ?有名プレイヤーの“推し配色”でエイム力アップ!

  3. 『VALORANT』ってどんなゲームなの?e-Sports大会急増中のタクティカルFPSの押さえておきたいポイントを解説【初心者Tips】

    『VALORANT』ってどんなゲームなの?e-Sports大会急増中のタクティカルFPSの押さえておきたいポイントを解説【初心者Tips】

  4. 『Apex』競技シーンで話題の「456」が「Riddle」に加入!ファンを虜にする“驚異”の魅力とは

  5. 今からでも間に合う!『遊戯王 マスターデュエル』NRフェスでジェムが稼げるデッキ3選

  6. 『FF14』ヒーラーは重荷すぎる←そう思っている人集合! コレだけ抑えておけば“なんとかなる”7つのポイント

  7. 脱出ゲームというジャンルを確立させた『クリムゾンルーム』続編発表!10年後の世界が描かれる

  8. 第5回「CRカップ」出場メンバー&チーム名をひとまとめ!『Apex Legends』人気インフルエンサー達が一堂に会する

  9. 『Apex』現環境最強のショットガンはどれ?有名プレイヤーたちの間でもっとも有力な説は…

アクセスランキングをもっと見る