人生にゲームをプラスするメディア

【プレイレビュー】コンビネーションバトルRPG『クロスブレイブ』を体験してみました

ファイブスターオンライン・エンターテイメントの新作オンラインゲーム『クラスブレイブ』のプレイレビューをお届けします。

PCゲーム オンラインゲーム
【プレイレビュー】コンビネーションバトルRPG『クロスブレイブ』を体験してみました
  • 【プレイレビュー】コンビネーションバトルRPG『クロスブレイブ』を体験してみました
  • 【プレイレビュー】コンビネーションバトルRPG『クロスブレイブ』を体験してみました
  • 【プレイレビュー】コンビネーションバトルRPG『クロスブレイブ』を体験してみました
  • 【プレイレビュー】コンビネーションバトルRPG『クロスブレイブ』を体験してみました
  • 【プレイレビュー】コンビネーションバトルRPG『クロスブレイブ』を体験してみました
  • 【プレイレビュー】コンビネーションバトルRPG『クロスブレイブ』を体験してみました
  • 【プレイレビュー】コンビネーションバトルRPG『クロスブレイブ』を体験してみました
  • 【プレイレビュー】コンビネーションバトルRPG『クロスブレイブ』を体験してみました
ファイブスターオンライン・エンターテイメントの新作オンラインゲーム『クラスブレイブ』のプレイレビューをお届けします。



『クロスブレイブ』はコンビネーションバトルRPG。アクションゲームのようにキャラクターを操作してボタンを押すと攻撃を繰り出します。迫り来るモンスターを討伐したり、依頼されたクエストをこなしたりと、RPG部分もしっかり作りこまれています。

まずキャラクターを作成。職業は「剣闘士」「武術家」「魔導士」の3種類あり、プレイヤーの好みで選択することが出来ます。「剣闘士」は剣を使った戦闘スタイル、「武術家」は拳で攻撃、「魔導士」は魔法で遠くから攻撃可能と、個性もハッキリと分かれています。「魔導士」は比較的上級者向けなので、初めての人は「剣闘士」がいいかもしれません。

敵を倒して経験値をためていくとレベルアップ。自分で強くしたい能力を自分好みで割り振ります。またスキルを習得することで、強力な攻撃も可能になります。その出し方は格闘ゲームのような、コマンド入力で使うことが出来ます。コマンド入力は複雑ではないのでキーボードでも可能ですが、やはりコントローラの方が快適に楽しめました。

操作面についてはキーボードでも十分に楽しめますが、ロジクールのコントローラを使用すると最適のボタン配置になって快適に遊べます。既にロジクールのコントローラをお持ちの方は是非接続してプレイすることをオススメします。また今回使用したロジクール社ゲームパッド(GPX-450)は、『クロスブレイブ』のサービス開始に合わせて「クロスブレイブ推奨ゲームパッド」としても発売されます。こちらは詳細がわかり次第お伝えします。



グラフィック面ではキャラクターやマップは3Dで描かれ、背景も奥行きまで細かく作られています。ゲーム的には2Dのアクションゲームを遊んでいるような間隔で操作します。

街でクエスト依頼を受けてダンジョンに行くと、敵が次々に出てきます。攻撃して敵を倒すとアイテムをゲット。そこでボスを倒したりすることでクリアになります。基本はこれを繰り返す形になりますが、体験したのはほんの序盤。バリエーションも含めて今後の展開に期待したいところです。



またオンラインということで、他のプレイヤーと一緒に最大4人で協力プレイも楽しむことができます。オンラインゲームでアクションと言うと、タイムラグが非常に気になるところですが、体験した限りでは全然感じませんでした。快適にサクサク楽しめました。ラグの問題は心配ありません。



他にはアイテムを他のプレイヤーに売る事が出来る「露店」機能も搭載。個人間でアイテムを売買することが出来ます。中々手に入らない素材などがここで手に入るかもしれませんね。

「闘技場」では、格闘ゲームのようにユーザー同士の対戦が楽しめます。鍛えたテクニックで腕前を競い合う場となっています。知らない人はもちろん、友達と待ち合わせての対戦も出来ます。冒険の息抜きに楽しめそうです。

こんな盛り沢山の『クロスブレイブ』ですが、2010年2月26日~28日の期間「クロスブレイブSNS」会員限定でクローズドβテストが実施されます。参加は2月22日10時までに条件を満たすと参加可能になります。
「5StarsID」の会員登録
「クロスブレイブSNS」の会員登録
「5StarsID」と「クロスブレイブSNS」に登録しているメールアドレスの一致

既にクロスブレイブSNSを利用している人から招待してもらうことで、クローズドβテストへの参加が可能になるそうなので、SNSを利用している友達がいたら招待してもらいましょう。

なお正式サービス開始は2010年春頃を予定。基本料金は無料となっています。
《》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

PCゲーム アクセスランキング

  1. 東方Project第18弾『東方虹龍洞』Steamページ公開ー「博麗神社例大祭」で配布された体験版もダウンロード可能

    東方Project第18弾『東方虹龍洞』Steamページ公開ー「博麗神社例大祭」で配布された体験版もダウンロード可能

  2. 『Apex Legends』「逃げろ」と言った日本人プレイヤーがプレイ禁止に―人種差別的な言葉「Nワード」とシステムが誤認か

    『Apex Legends』「逃げろ」と言った日本人プレイヤーがプレイ禁止に―人種差別的な言葉「Nワード」とシステムが誤認か

  3. 暴騰か暴落―引退したネトゲの期間限定アイテムは今どれくらいの価値になっているのか?約2年振りに復帰しその値段を調べてみた!

  4. 人形化した“東方キャラ”を取り合う対戦デジタルボードゲーム『東方ドールドラフト』6月中旬に発売決定!

  5. スマホアプリがPCで遊べる『BlueStacks 4』正式版、配信開始―「より軽く、より速く」を実現!

  6. 『うたわれるもの 偽りの仮面』&『うたわれるもの 二人の白皇』PC移植版がSteamで配信開始!シリーズ入門の絶好の機会にその魅力を今再びご紹介!

  7. 【特集】『Steamの名作ホラー』総まとめ―背筋が凍るおすすめ作品を網羅

アクセスランキングをもっと見る