人生にゲームをプラスするメディア

『ドラゴンクエストVI 幻の大地』DS版の中では最高の出だし ~ 価格.com調べ

その他 全般

ドラゴンクエストVI 幻の大地
  • ドラゴンクエストVI 幻の大地
価格.comは、スクウェア・エニックスの人気RPG『ドラゴンクエスト』シリーズの最新タイトルである、ニンテンドーDS版『ドラゴンクエストVI 幻の大地』について、ユーザーのアクセスやクチコミをもとに現状分析した結果を発表しました。

『ドラゴンクエストVI』は、1995年にスーパーファミコン向けに発売されたタイトルであり、その前に発売された『ドラゴンクエストIV 導かれし者たち』、『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』とともに「天空三部作」として知られるシリーズ。『ドラクエIV』『ドラクエV』はすでにニンテンドーDS向けにリメイクされて発売されています。

今回、DS移植のしめくくり(しかも初移植)となったためか、事前の注目度はさほどでもなかったものの、いざ発売直前になると、実際の購入や予約を行うユーザーが殺到し、最大で10,000PV/日にまで達するという結果となったそうです。ちなみに、前作であるDS版『ドラクエIV』『ドラクエV』の発売日前後のアクセスを見てみると、いずれも最高値は5,000PV/日前後。

これらと比較すると、今回の『ドラクエVI』のアクセスは前作の約2倍となっており、いかに本作がドラクエファンの注目を集めていたかがわかる結果となりました。なお、エンターブレインの発表による速報値では、DS版『ドラクエVI』の推定販売数は1月31日までの4日間で約91万本となっており、前作『ドラクエIV』(約60万本)、『ドラクエV』(約68万本)を上回る結果となっています。

ただし、2009年7月に発売され大きなブームとなったシリーズ最新作『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』のアクセス推移と比べてみると、こちらはピーク時には最大30,000PV/日を記録しており、今回の『ドラクエVI』の約3倍の数値。もちろん『ドラクエIX』は最新作であり、リメイク版の『ドラクエVI』とは単純比較はできませんが、すでに15年前に発売されていたゲームのリメイク版としては、かなり良好な出だしだったと、価格.comでは見ています。

作品そのものの評価については、発売されたばかりのため、2月2日時点で2件しか集まっていないとのこと(いずれも5点満点)。参考としてAmazon.co.jpにおけるゲーム評価を見てみると、こちらは『ドラクエIX』と同様に賛否両論の状況となっており、2月2日時点での評価は「★★★」(5点満点)でした。ネガティブ評価のポイントはおよそ2点に絞られており、「スライム以外のモンスターがなかまにできなくなった」「追加要素がほとんどない(あるいは隠しダンジョンなどが削除されている)」という点で評価を下げているようです。

ただ、こうした評価は、従来のスーパーファミコン版『ドラクエVI』をプレイしたことのある人の評価で、ニンテンドーDSではじめて『ドラクエVI』に触れるユーザーの評価としては当たらないし、オリジナル版をプレイした人のなかでも「良リメイク」と高評価をつける人もいるため、今後の評価を待ちたいと思います。
《冨岡晶》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. ゲーム中に部屋に入られた28歳男性が発砲、頭部に被弾した母親が重傷ー米国

    ゲーム中に部屋に入られた28歳男性が発砲、頭部に被弾した母親が重傷ー米国

  2. 3Dと実写、見分けつく?『NieR:Automata』2B海外ファンアートが現実レベル

    3Dと実写、見分けつく?『NieR:Automata』2B海外ファンアートが現実レベル

  3. 【特集】『知られざるカルトホラーゲーム』7選

    【特集】『知られざるカルトホラーゲーム』7選

  4. 春麗が「オニツカタイガー」とコラボ! 百烈脚もより強力に?

  5. セガ、謎めくカウントダウンサイトを公開─「0」を迎える1月19日に新たな動きが?

  6. セガサターンパッド復活!公式ライセンス新型パッド正式発表―PC向けも用意

  7. 噂: リメイク版『バイオハザード2』続報が近日?シリーズ海外公式SNSで気になる動き

  8. 「エドモンド本田」のフィギュアが登場、百烈張り手が光って唸る!

  9. 『HOUSE OF THE DEAD』最新作のプレ・ロケテストの開催が決定!セガが世界に誇るガンシューティング

  10. ファイナルファンタジー世界への旅行を計画!?『#FF旅企画展@新宿』が開催中

アクセスランキングをもっと見る