人生にゲームをプラスするメディア

モバゲーのオープン化、第一弾として40社92タイトルが本日より公開

ディー・エヌ・エーは、ケータイ総合ポータルサイト「モバゲータウン」にて、オープンプラットフォームでの第一弾として開発パートナー40社の合計92タイトルを本日から公開開始したと発表しました。

ゲームビジネス 市場
ディー・エヌ・エーは、ケータイ総合ポータルサイト「モバゲータウン」にて、オープンプラットフォームでの第一弾として開発パートナー40社の合計92タイトルを本日から公開開始したと発表しました。

ゲームジャンル別では、育成・シミュレーション33作品、学習・クイズ11作品、RPG9作品、アクション・シューティング9作品、パズル6作品、スポーツ・レース5作品、ボード・カード3作品、アドベンチャー2作品、ギャンブル1作品、その他13作品。参加している主要メーカーとしては、バンダイナムコゲームス、キューエンターテインメント、ケイブ、サクセスネットワークス、ジーモード、ドークレスト、Reoo、ロックユー、ベクター、HEROZ、ウノウ、ドリコムなどです。

同社では昨年11月からゲームAPIを先行開発パートナーに解放し、オープン化を進めてきました。パートナーはゲームでの課金収入とゲーム内広告の収益をレベニューシェアで獲得できます。2月上旬にはパートナーを200社まで拡大。3月上旬には一般開放する予定です。

SNSのオープン化では、既にmixiが先行し、多数のゲームやアプリケーションが公開されています。有力タイトルでは100万人以上のユーザーを獲得したゲームも現れています。続いてオープン化に踏み切ったモバゲータウンは携帯電話向けのSNSとして国内最大ユーザー数を誇り、ゲームで成長した経緯もあります。それが公開され、様々なゲームを提供可能となったことで、モバゲータウンはゲーム業界にとっても今年の注目プラットフォームとなりそうです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 『夢100』VRを体験!「イケメンテックラボ」でイケメンの頂点へ……開発者インタビュー

    『夢100』VRを体験!「イケメンテックラボ」でイケメンの頂点へ……開発者インタビュー

  2. 2020年3月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2020年3月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  3. Club Nintendoがゼルダ映画について修正―「メトロイド」は製作中

    Club Nintendoがゼルダ映画について修正―「メトロイド」は製作中

  4. テーブルトークRPG好きにはたまらない? ブラウザで遊ぶ本格ゲーム『英雄クロニクル』をプレイした

  5. Twitter Japanが「MoPub」プレスラウンドテーブルを開催─ドワンゴやグノシー、アメブロ、芸者東京がMoPubを導入した理由に迫る

  6. 北米でのゲームキューブソフト売り上げが21%上昇

  7. 【ゲームニュース一週間】ダウンロード時代だからこそ、小売店に求められるもの

  8. 「The Game Awards 2014」の各部門ノミネート作品が発表 ― GOTYには『ベヨネッタ2』や『ダークソウルII』の名も

  9. 高橋名人からの“リアル”年賀状、受け付け締め切り迫る!

  10. ハドソン、今年も夏の「全国キャラバン」を開催!

アクセスランキングをもっと見る