人生にゲームをプラスするメディア

年末年始一番売れたのは『New スーパーマリオブラザーズWii』!・・・週間売上ランキング(12月28日~1月3日)

メディアクリエイト提供、国内ゲームソフト売上ランキングです。

その他 全般
メディアクリエイト提供、国内ゲームソフト売上ランキングです。

年末年始の売り上げの集計が出ました。さて今回の年末商戦はどんな結果になったでしょうか。

1位は『New スーパーマリオブラザーズWii』(Wii)で、26万8000本を売り上げました。発売から丁度1ヶ月経った1月3日時点の累計は270万本を突破。近いうちに300万本を突破しそうな勢いですね。

2位は『トモダチコレクション』(DS)が18万5000本を売り上げ、遂に250万本突破しました。2009年で一番長い期間で売れたタイトルでしょう。この勢いが2010年もどれだけ続くか楽しみです。

3位は『ゼルダの伝説 大地の汽笛』(DS)が12万6000本で、累計は41万8000本になりました。2週目の数字も前作とほぼ同じ水準(43万本)になりました。

一方、『ファイナルファンタジーXIII』(PS3)は11万2000本で4位に。累計は180万2000本に達したので、初回出荷180万本は全て実売で売れたことになりますね。

『ファンタシースターポータブル2』(PSP)は累計50万本、『レイトン教授と魔人の笛』(DS)は累計60万本それぞれ突破。どちらも前作と同じペースで売れており好調です。

ランキングTOP10をみると、任天堂が6タイトル(内ポケモン1タイトル)、レベルファイブが2タイトル、スクウェア・エニックスが1タイトル、セガが1タイトルとなっており、任天堂の年末商戦の強さが伺えます。

他には『太鼓の達人Wii』『桃太郎電鉄2010』『戦国無双3』など、サードパーティより年末発売されたWiiタイトルも大健闘。逆に『ポケパークWii』はポケモンブランドの強さの割に物足りない印象です。

『はじめてのWii』(Wii)や『街へいこうよ どうぶつの森』(Wii)などもTOP30に顔を出しています。これはこの年末にWiiを買って一緒に購入した新規ユーザーによる影響といえるでしょう。『はじめてのWii』にはWiiリモコンが1個同梱されてますしね。

PS3は『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2』や『ウイニングイレブン 2010』なども好調でした。

Xbox360は秋商戦は盛り上がったものの、年末商戦は独自のキラータイトルが無かったのが残念でした。


順位 タイトル 週間 累計
1 New スーパーマリオブラザーズWii
268,000 2,708,000
2 トモダチコレクション
185,000 2,502,000
3 ゼルダの伝説 大地の汽笛
126,000 418,000
4 ファイナルファンタジーXIII
112,000 1,802,000
5 Wii Fit Plus
105,000 1,420,000
6 ポケットモンスター ハートゴールド
75,000 3,539,000
7 イナズマイレブン2~驚異の侵略者~ ブリザード
69,000 976,000
8 Wii Sports Resort
68,000 1,636,000
9 ファンタシースターポータブル2
44,000 506,000
10 レイトン教授と魔神の笛
43,000 602,000
11 太鼓の達人Wii ドドーンと2代目!
12 桃太郎電鉄2010 戦国・維新のヒーロー大集合!の巻
13 マリオカートWii
14 New スーパーマリオブラザーズ
15 ワールドサッカーウイニングイレブン 2010
16 ポケパークWii ~ピカチュウの大冒険~
17 モンスターハンターポータブル 2nd G PSP the Best
18 機動戦士ガンダム ガンダムVS.ガンダムNEXT PLUS
19 マリオ&ソニック AT バンクーバーオリンピック
20 コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2
21 戦国無双3
22 ペン1グランプリ ペンギンの問題スペシャル
23 はじめてのWii
24 パワプロクンポケット12
25 たまごっちのなりきりチャンネル
26 NARUTO-ナルト-疾風伝 ナルティメットアクセル3
27 ドラゴンクエストIX 星空の守り人
28 街へいこうよ どうぶつの森
29 マリオカートDS
30 ワールドサッカーウイニングイレブン 2010
《》

編集部おすすめの記事

特集

その他 アクセスランキング

  1. 『絶対魔獣戦線バビロニア』と「ラスカル」がコラボ! 可愛い「マシュカル」「ラスガメッシュ」などを披露

    『絶対魔獣戦線バビロニア』と「ラスカル」がコラボ! 可愛い「マシュカル」「ラスガメッシュ」などを披露

  2. 「にじさんじJAPAN TOUR 2020 Shout in the Rainbow!」難波公演レポート!2周年を迎えたVTuberグループから本間ひまわりほか人気ライバーが集結

  3. 「FGO バビロニア」賢王ギル・魔術師マーリンらモチーフのチャームウォッチが登場

  4. 『シュタインズ・ゲート』の懐かしすぎるネットスラング10選

  5. 【特集】「AbemaTV」ってなに? どうやって使うの? 気になる方々に特徴や利用方法をご紹介─ポイントは「無料&登録不要」

アクセスランキングをもっと見る