人生にゲームをプラスするメディア

ハドソン、第2四半期業績を発表―ダウンロードコンテンツが成長中

ゲームビジネス 市場

ハドソンが発表した平成22年3月期第2四半期業績は、売上高75億4700万円(△11.8%)、営業利益7億5100万円(△63.5%)、経常利益7億1400万円(△65.5%)、純利益4億1400万円(△68.8%)となりました。

前年同期と比較すると受託開発の落ち込みから、利益水準は下がったものの、期首予測をほぼトレースした形になりました。

コンシューマー・コンテンツ事業では、Wii『デカスポルタ2』がワールドワイドで56万本を達成したほか、DS『メタルファイト ベイブレード』が累計10万本に到達しました。ダウンロードコンテンツでもXBLA『Bomberman LIVE』が累計50万DLを達成したほか、PSN『Bomberman ULTRA』、XBLA・PSN・Wiiウェアで『ネクタリス』をリリースするなどマルチプラットフォーム展開が進展しています。ダウンロードコンテンツは事業全体の売上高のうち約1割(5億/40億)を占めるに過ぎませんが、その他の自社タイトルや受託が減少する中で、ダウンロードコンテンツのみは前年同期比で81%という大きな伸びを見せています。

下期は、Wii『桃太郎電鉄2010』の目標を28万本、DS/Wii『メタルファイト ベイブレード』を15万本、DS『ハドソン×GReeeeN』を22万本と見込んでいます。重点目標としては定番タイトルの拡充(桃太郎電鉄)、マーケティングの強化(ベイブレード、デカスポルタ)といった点を掲げています。

また、会社の事業分野ではNC事業(音楽事業)に含まれますが、エクシングとの協業で展開している『カラオケ JOYSOUND Wii DX』について、30万本を見込んでいるということです。

会社全体としては、小規模コンテンツの開発に特化し、それを機動的・多面的に展開することや、外部とのコラボレーションの強化、プロデューサー制の強化など今後の方向としてを挙げています。

通期の業績予想は売上高200億円、営業利益33億円、経常利益33億円、純利益19億円を据え置いています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【特集】プラチナゲームズ・稲葉敦志氏に訊く、プロデューサーとディレクターに必要なもの

    【特集】プラチナゲームズ・稲葉敦志氏に訊く、プロデューサーとディレクターに必要なもの

  2. 「Project i Can」コヤ所長&タミヤ室長が語る「アニメIPのVRコンテンツ創りに大切なこと」

    「Project i Can」コヤ所長&タミヤ室長が語る「アニメIPのVRコンテンツ創りに大切なこと」

  3. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

    【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  4. 『スペースチャンネル5』新作発表!時代が追いつきVR作品に

  5. 『GTA V』全世界セールス驚異の8,000万本到達

  6. BitSummitの上階で開催された「MegaBitConvention」フォトレポ―広大な会場にトガッた作品が集結

  7. 米ゲーム業界誌Gamasutra、「2012年のゲーム業界人50選」を発表 日本からも複数人が選ばれる

  8. PSVR『クーロンズゲートVR』始動! あの「九龍城」が蘇る

  9. ゲーム会社の就職に求められるポートフォリオとは?現役クリエイターが学生に指導

  10. 『スペースチャンネル5』復活にも一役買う、KDDIの複数人参加型VRデモコンテンツ「Linked-door」とは

アクセスランキングをもっと見る