人生にゲームをプラスするメディア

あらゆるギミックを使いこなせ!Wii『MADWORLD』の詳細なゲーム内容が明らかに

スパイクはWiiソフト『MADWORLD』の最新情報を公開しました。

任天堂 Wii
MADWORLD
  • MADWORLD
  • MADWORLD
  • MADWORLD
  • MADWORLD
  • MADWORLD
  • MADWORLD
  • MADWORLD
  • MADWORLD
スパイクはWiiソフト『MADWORLD』の最新情報を公開しました。

プラチナゲームズ開発による『MADWORLD』は、海外で先行発売され、その斬新なビジュアルと突き抜けた暴力表現により、話題となった作品。モノトーンのアメコミ調グラフィックの世界に、ただ1つの色は“血の赤”。白と黒の世界が赤く染まっていく独特の世界で、Wiiリモコンで繰り出せるド派手なバイオレンスアクションがプレイヤーに爽快感をもたらします。

舞台は、突如現れたテロ組織に占拠されたジェファーソン島。交通網を遮断され完全に隔離された街でテロリストは死のウイルスをまき散らします。そんな混乱を極める孤島に、現れた男の名前はジャック。彼は、島で開催されていた「デスウォッチ」にプレイヤーとして参加することになります。 なんと、テロの混乱は「デスウォッチ」を開催するための偽装工作だったのです。



「デスウォッチ」は、島にいる敵を全て倒し、最後まで生き残った者に賞金1億ドルが与えられるという、史上最悪の殺戮ゲーム。敗者を待っているのは「死」のみ、という狂気の催しです。



「デスウォッチ」は単なる殺戮ゲームではなく、全世界の富豪たちが大金を賭ける「ショービジネス」。殺戮ゲームの模様は世界中の富豪たちにTV中継され、エンターテインメントショーとして観賞されています。この狂気のエンターテインメントショーを、より過激に演出するために登場する敵たちはまさにモンスター!今、この人知を超えたショー「デスウォッチ」に主人公・ジャックが挑もうとしています。



「デスウォッチ」では、観客の満足度が全て。観客を満足度を上げるためには、ただ単に敵を倒すのではなく、より刺激的で独創的な倒し方が求められます。主催者側は各ステージ上に、そのエリアならではの仕掛けを数多く施しており、普通であれば「背景」として流してしまうようなものでさえ、凄まじい威力をもった凶器に変身することも。それらを組み合わせて幾重にも攻撃することで観客を魅了できるようになっています。「電車」「扇風機」「ごみ箱」「トイレ」・・・。数々のギミックをどう使うかはプレイヤー次第!無限に広がる攻撃の組み合わせで、より独創的で芸術的な倒し方にチャレンジしましょう。



弱った敵に近寄ると、画面下にフィニッシュ技のアイコンが点滅します。発動させるとユニークで刺激的な必殺技に突入。突き抜けた殺戮表現が魅力の行き過ぎたフィニッシュ技は、使用している武器や技をかけるときの敵の態勢などにより、バリエーション豊富に発動します。Wiiリモコンによる操作でジャックとのシンクロ感を味わえるのも魅力です。

『MADWORLD』は2010年2月10日発売で、価格は7,140円(税込)です。

(c) SEGA. SEGA, the SEGA logo and MADWORLD are registered trademarks or trademarks of SEGA Corporation.
《冨岡晶》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『Pokémon HOME』5月18日に“Ver.2.0.0アプデ”実施!いよいよ『ダイパリメイク』『ポケモンレジェンズ アルセウス』と連携へ

    『Pokémon HOME』5月18日に“Ver.2.0.0アプデ”実施!いよいよ『ダイパリメイク』『ポケモンレジェンズ アルセウス』と連携へ

  2. 『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

    『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

  3. 【コスプレ】『原神』申鶴の気品漂う透明感ある美しさ!理想の写真追い求めて雪山にも登る中国レイヤー如月灰【写真15枚】

    【コスプレ】『原神』申鶴の気品漂う透明感ある美しさ!理想の写真追い求めて雪山にも登る中国レイヤー如月灰【写真15枚】

  4. 『Pokémon HOME』ヒスイポケモンは送れる?わざはどうなる?『ダイパリメイク』『ポケモンレジェンズ アルセウス』連携対応のQ&A

  5. 名作をHDリマスター!『太閤立志伝V DX』本日5月19日発売―戦国乱世で人生を謳歌せよ、新要素多数追加の決定版

  6. 『モンハンライズ:サンブレイク』大剣、操虫棍、ハンマーの新アクション公開!操虫棍はますますアクロバティックに

  7. 「ゆっくり茶番劇」騒動まとめ─無関係の第三者が商標登録、出願代理事務所は本件に関して謝罪

  8. 【特集】『星のカービィ』シリーズ、絶対に忘れられないシーン10選

  9. 『モンハンライズ』良く聞く「ドシュー」って何?とっても使いやすいライトボウガン、その強みと必須スキルを解説

  10. 『モンハンライズ:サンブレイク』片手剣、スラッシュアックス、ヘビィボウガンの新アクション公開!

アクセスランキングをもっと見る