人生にゲームをプラスするメディア

ロクヨンコントローラのレフトポジションが開発の発端でした『罪と罰 宇宙の後継者』社長が訊く

WiiのプロモーションサイトWii.comにて10月29日に発売予定の『罪と罰 宇宙の後継者』の社長が訊くが公開されました。

任天堂 Wii
罪と罰 宇宙の後継者
  • 罪と罰 宇宙の後継者
WiiのプロモーションサイトWii.comにて10月29日に発売予定の『罪と罰 宇宙の後継者』の社長が訊くが公開されました。

今回は開発元であるトレジャーの前川社長を初めとした開発スタッフが登場しています。任天堂とトレジャーが一緒にゲームを作るのは『罪と罰 地球の継承者』(N64)と『ワリオワールド』(GC)に続き、今回で3回目になります。

まずは2000年11月21日にニンテンドウ64で発売された『罪と罰 地球の継承者』が作られた経緯から話がスタート。ニンテンドウ64のコントローラは3つの持ち方が出来るコントローラ。多くのゲームは3Dスティックとボタンを操作出来る「ライトポジション」が多く採用していました。

逆に「レフトポジション」を使ったゲームは?と聞かれると、『ポケモンスタジアム2』に登場するミニゲームの1つ「アーボのわなげ」程度しか一般的には認知されていないでしょう。実は『罪と罰 地球の継承者』も対応していました。

この「レフトポジション」でゲームを作ろうと言ったのが『罪と罰』が生まれたキッカケで、ニンテンドウ64でいざ作ってみると、照準が2Dなのにゲームの世界は3D、敵の撃った弾が全然プレイヤーに当たらないなどといった、当時の苦労話を語っています。

そして開発中は『グラスソルジャー』というタイトルだったのが、当時はカタカナのゲームが多くて埋没してしまうということで、漢字を使ったインパクトがあるタイトルにしようと『罪と罰』に決まったそうです。

最終候補に『暗黒の黙示録』が残ってたとも語っています。いろんな意味で任天堂らしくない凄いタイトル名ですね。
(『グラスソルジャー』はスタッフロール中にその名残が残っています)

ちなみに同時期に発売したレア社開発の『パーフェクトダーク』も漢字を使った名称にして『赤と黒』と言う名前で出す計画があったものの、結局こちらは『パーフェクトダーク』で落ち着いてしまいました。

そしてインタビューの後半でようやく『罪と罰 宇宙の後継者』の話に入ります。Wiiリモコンの登場によって続編制作が決まったことや、使用コントローラ事に異なる難易度をどうやって解決しかたなど興味深い内容が満載の無いようになっているので、ぜひチェックしてみてください。

ちなみにイージーモードは誰でもクリア出来るような難易度だそうです。
《》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. M2ショットトリガー『エスプレイド』対応機種がPS4とスイッチに決定!─秋葉原では移植版のフィールドテストを実施中

    M2ショットトリガー『エスプレイド』対応機種がPS4とスイッチに決定!─秋葉原では移植版のフィールドテストを実施中

  2. 『スマブラSP』これさえ読めば超初心者も戦える!大乱闘の基本を5項目でチェック

    『スマブラSP』これさえ読めば超初心者も戦える!大乱闘の基本を5項目でチェック

  3. 本格推理ADV『AI:ソムニウム ファイル』「沖浦 連珠」「左岸 瞳」など個性的なサブキャラクターのイラスト&プロフィールを公開!

    本格推理ADV『AI:ソムニウム ファイル』「沖浦 連珠」「左岸 瞳」など個性的なサブキャラクターのイラスト&プロフィールを公開!

  4. 『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

  5. レトロゲームショップ「BEEP」がゲームパブリッシング事業に進出─第1弾は往年の魔女っ子シューティングを再構築『コットンリブート』(仮題)

  6. 『ポケモン ピカ・ブイ』初代を遊んだおっさんが驚いた10のポイント!おしょうが仲間にならずサイクリングロードも廃止!?

  7. 映画『名探偵ピカチュウ』ポケモンファンが喜ぶ12のポイント

  8. 『MOTHER2』インパクトありすぎな敵キャラ10選

  9. 『スマブラSP』読者の「DLCで参戦してほしいファイター」1位は“かわいいアイツ”!【読者アンケート】

  10. 「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

アクセスランキングをもっと見る

1