人生にゲームをプラスするメディア

【TGS2009】『デッドライジング2』初のプレイアブル公開、熱い熱いマルチプレイヤーの"コツ"教えます

東京ゲームショウ(TGS)2009の2日目となる9月25日の夕刻から、恵比寿では『デッドライジング2』(DEADRISING 2)のパーティー「Terror Is Reality」が開催されました。

マイクロソフト Xbox360
デッドライジング2
  • デッドライジング2
  • デッドライジング2
  • デッドライジング2
  • デッドライジング2
  • デッドライジング2
  • デッドライジング2
  • デッドライジング2
  • デッドライジング2
東京ゲームショウ(TGS)2009の2日目となる9月25日の夕刻から、恵比寿では『デッドライジング2』(DEADRISING 2)のパーティー「Terror Is Reality」が開催されました。

※本作のレーティングは未定ですが、過激な表現が含まれる画像が掲載されていますので、ご注意ください。

会場では北米仕様のXbox360版『デッドライジング2』が初めてプレイアブル公開。カジノを舞台に戦う一人用モードと、数の競技によるマルチプレイ「Terror Is Reality」がプレイ可能。「Terror Is Reality」では大会も行われ、大きな盛り上がりを見せました。

イベントの概要は別記事で改めてお伝えするとして、本稿では『デッドライジング2』の体験版を見ていきましょう(以下の記事は9月25日の「Terror Is Reality」で公開されたバージョンに基づいて書かれたものであり、発売までに仕様が変更される可能性があります。武器や装備、施設の名前は編集部による仮称です)。

体験版を使ったゲーム大会が再び行われるかも知れませんので、参加希望者はその時の為にイメージトレーニングに励んでおくと役に立つ……かも知れません。

■カジノではチェーンソーが最強?

カジノでは周囲にある様々な品物が武器にできます。円形のルーレット、チップを集める棒、椅子、剣、エレキギター、ビーチボールなど種類も様々。もちろん素手でも戦えますが、武器がある時よりはリーチが短くなりますので、できれば武器を手にしていた方がいいでしょう。武器で攻撃しながら次の武器の目星を付けるくらいが理想。武器が無くなってしまった場合はジャンプで飛び回りながら次の武器へと向かいましょう。前作同様にゾンビの動きは鈍いため、下手に立ち向かうより効果的です。


ルーレットよりは椅子、椅子よりはエレキギター……とリーチが長い武器ほど強力な傾向がありますが、体験版での最強候補は二台のチェーンソーを棒の左右にくくりつけた武器。長いリーチと広いカバー範囲でゾンビを寄せ付けません。300体を撃破すれば貰えるマシンガン付き車椅子が文句なしの最強ですが、それまではチェーンソー、エレキギター、剣といった武器をメインに使い、椅子やルーレットを繋ぎに使うと良さそうです。特にエレキギターは壁に大量に展示されているポイントがありますので要チェック。
ちなみにカジノにはお札のつかみ取りなどのミニゲームが存在していましたので、余裕があれば色々探してみると面白そうです。

■「RAMSTER BALL」

「Terror Is Reality」の競技の一つ。巨大なボールの中に入ってゾンビを轢いていくと得点になります。

ボールでゾンビをつぶしていく

注意したいのは、権利を持っている時にゾンビを轢いて初めて得点になること。権利を持たない時はいくらゾンビを轢いても無駄なのです。

権利を持っている相手に体当たりをすれば、これを奪うことが可能。権利を持っている相手のボールが光るほか、フィールドに林立するバンパーの色で誰が権利を持っているのかが一目で分かります。

権利が手に入ったら他の3人から逃げ回りながらゾンビを轢いていきます。
追う3人がつぶし合っていると得点のチャンス。密集した3人が互いに同じコースを採ろうとしてぶつかり合い、権利を持つプレイヤーの独走を許してしまう局面がちょいちょい見られました。

追う側は最短距離でなく敢えて回り込むコースを採るなどの状況判断が求められることもあるようです。

■「HEADACHE」

フィールド中央で、巨大な帽子をゲット。

Xボタンでゾンビにこれを被せた後、フィールド端にあるボタンを押すと、帽子を被せたゾンビを倒すことができ、数に応じた得点が手に入ります。
一気に沢山のゾンビを倒すほど高得点。帽子は3個1セットとなっており、高得点狙いであれば何度も帽子を取り直すことになります。

初期装備のダイナマイトは攻撃用ではなく妨害用。敵が沢山のゾンビに帽子を被せているなら爆破してしまうと得点機会を奪えます。

一気にリードを奪い、その後は妨害と得点を組み合わせると効率がよい模様。一人を妨害している内に他のプレイヤーにリードされることもあるため、妨害にはセンスが必要になるようです。

■「POUND OF FLESH」

ヘラジカのような巨大な角がついたヘルメットを装備しての競技です。
ボウリングのような縦長のフィールドで、ゾンビをゴールに放り込むと得点。

ゾンビを向こう側に飛ばしていく

Xボタンを押すとすくい上げ。Xボタン長押しで突進、突進中に再度Xボタンを押してもすくい上げが出ます。このすくい上げでゾンビをゴールに投げ込むイメージです。フィールドの端にある巨大なボタンを押せば、ゾンビの配置をリセットできます。

フィールド上のゾンビを一掃することにこだわらず、群れに突進してはリセットを繰り返すとタイミングも計りやすく得点に繋がりやすいようです。
この競技は相手に妨害することが不可能なので、自分のペースをいかに守るかが重要な模様。

■「SLICECYCLES」

「Terror Is Reality」もついに決勝。

チェーンソーが左右についたバイクで疾走、ゾンビをなぎ倒すと得点です。
RTとLTがそれぞれアクセルとブレーキ。もちろん密集地帯がねらい目です。
ゾンビの群れを抜けた後は即座にブレーキ&方向転換。

フィールドの端までフルスロットルで走り抜け、バンクを使ってターンするのは豪快ですが得点効率には欠ける模様。コンパクトな方向転換がポイントです。

スピードをコントロールし、ゾンビの群れを駆け抜けずにターンする戦術を採るプレイヤーも見られました。

フィールド上にいるゾンビが全滅すると再度の補充が行われますが、この時、頭に風船が付いたゾンビが出現します。これを倒すと高得点になりますので、補充後はいかにして風船付きゾンビを狙うかが重要。

補充のゾンビはフィールド中央に出現しますので、自分が中央に突進している際に補充が行われるのが理想の模様。

ゾンビの残り数が少なくなってきたら、敢えてゾンビを狙うのを止めて補充を待つのもテクニックかも知れません。

多数のゾンビを倒すと、画面が血で染まって視界が塞がれますので、大体のコースを頭の中で決めて突進すると良いでしょう。

パーティーでの「Terror Is Reality」大会では多数の海外プレスが熱狂していたのが印象的。海外もターゲットに含めたゲームだけに、開発スタッフも大いにモチベーションが上がったのではないでしょうか。
《水口真》

編集部おすすめの記事

マイクロソフト アクセスランキング

  1. Xbox One版『NieR:Automata BECOME AS GODS Edition』国内向けにも発表、DLCや特典など多数収録

    Xbox One版『NieR:Automata BECOME AS GODS Edition』国内向けにも発表、DLCや特典など多数収録

  2. 『テイルズ オブ ヴェスペリア』リマスター版 『Tales of Vesperia Definitive Edition』発表!【E3 2018】

    『テイルズ オブ ヴェスペリア』リマスター版 『Tales of Vesperia Definitive Edition』発表!【E3 2018】

  3. 【Xbox One発売】会社のデスクで、『Kinect スポーツ』はプレイできるのか

    【Xbox One発売】会社のデスクで、『Kinect スポーツ』はプレイできるのか

  4. 父親から“ゲーム機”プレゼントドッキリを喰らった少年、8年越しで復讐を決行

  5. レア社の名作30本をセットにした『Rare Replay』8月6日発売…『バンジョーとカズーイ』3作品など

アクセスランキングをもっと見る