人生にゲームをプラスするメディア

脳波で『マリオ』を遊ぶ-脳波マウス「OCZ NIA」とは?

その他 全般

脳波コントロールによる『スーパーマリオブラザーズ』のプレイ動画をご紹介します。脳波でゲームを遊ぶ、そんなことが可能なのでしょうか。



8月30日に投稿されたこの動画はわずか2日で5000再生を突破。収録されているのはプレイ画面のみなのですが、なんの問題もなく遊べていることが伺えます。使用されているのは「OCZ NIA - Neural impulse actuator」。ブレインマウス(脳波マウス)と呼ばれており、α波、β波、目の動き、顔の筋肉の動きなどでゲームをコントロールすることができます。



こちらは実際のプレイ風景。画面の中はかなり激しい動きになっていますが、マウスに添えられた手はほとんど動いておらず、クリックしていないのに発砲されています。



頭に巻くバンドとPCに接続する本体から構成されており、使用には脳波のキャリブレーションが必要となります。付属のキャリブレーションソフトにも『ポン』のようなゲームが収録されており、ゲーム用途も視野に入れたものであることが分かります。動画の後半にはFPS(一人称シューティング)のプレイも収録されています。顎の動きでトリガーを引いているそうで、かなりスムーズにプレイできているようです。



こちらはFPS(一人称シューティング)『Call of Duty4』をプレイしている動画。身体がほとんど動いていないのにゲームを遊んでいる光景はSF的ですらあります。

やはり相性がいいのはFPSで、本体のプロファイルにも『ハーフライフ2』『Quake Wars』などFPSが多数登録されていますが、最初の動画のようにアクションゲームを遊ぶことも可能です。Wiiはモーションコントロールという新たな操作系を提示することでゲームの新たな地平を切り開きましたが、モーションコントロールの次に来るのは脳波コントロールかも知れませんね。
《水口真》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 『モンハン』×「デカビタC」コラボCMが放映決定、生田斗真や池松壮亮らがハンターに!?

    『モンハン』×「デカビタC」コラボCMが放映決定、生田斗真や池松壮亮らがハンターに!?

  2. 【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

    【特集】今さら聞けない“アーサー王と円卓の騎士”―『FGO』『FF』などに影響を与えた物語

  3. 【昨日のまとめ】『モンハン:ワールド』拠点にいるアイルーたちを観察、『北斗が如く』でかいババアにも会える体験版をプレイ、『艦これ』凍結されていた公式Twitterが復旧…など(2/22)

  4. 【今日のゲーム用語】「Nerf」とは ─ 弱体化に嘆くユーザーの声から生まれた言葉

  5. 『SIREN』制作チームの完全監修による新たな絶望…漫画版 「SIREN ReBIRTH」が3月2日より連載開始

  6. 俳優の大杉漣さんが急逝―「ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」にも出演

  7. 『ゼノブレイド2』セイレーンのプラモ&ヒカリのフィギュアが発表!

アクセスランキングをもっと見る