人生にゲームをプラスするメディア

「新作のルーツはネオジオ」-Wiiウェア『Rage of the Gladiator』の作者が語る

『Rage of the Gladiator』の作者は自作のルーツに関して語ります。

任天堂 Wii
『Rage of the Gladiator』の作者は自作のルーツに関して語ります。

『Rage of the Gladiator』は『Helix』で知られるGhostfire Gamesによる新作Wiiウェア。
闘技場を舞台にドラゴンやミノタウロス、剣士といった敵と戦います。

Ghostfire GamesのCEOであるEd Roman氏は海外ゲームサイトJoystiqのインタビューに対し「一人称視点はネオジオの『クロスソード』の影響を受けたし、戦闘システムは『Punch-Out!!』、コンボは『ゴッド・オブ・ウォー』、カットシーンは『ファイナルファンタジー』、テックツリーは『World of Warcraft』(WoW)や『ディアブロ』、音楽は映画「300」から影響を受けた」と語ります。また、売上次第では続編もあり得るとしています。

また、「これが店頭で売られるゲームなら複数人プレイや3Dエンジンを使ったカットシーンを入れるのだろうが、我々はこうした要素を入れずに40MBでダウンロードできる内容にした。ゲーム体験の楽しさにフォーカスし、攻撃が当たった時のボスのリアクションやテックツリーによるキャラクターのカスタマイズ、敵にトドメをさすド派手なフィニッシュムーブなどに力を入れた。50ドルの通常タイトルにしたいという誘惑はあった。40MBの容量に詰め込むよりそちらの方が簡単だったが、小売用の予算で作るよりWiiウェア用予算で作った方が評価されるだろうと考えた」とWiiウェアの40MB制限を前にゲーム要素のシェイプアップを行ったとコメントしています。

「任天堂は素晴らしいビジネスパートナー。将来的にはどうか分からないが、他の機種でゲームを作るつもりはない。他のプロジェクトを引き受けるより、我々はWiiウェアで驚異的なタイトルを作るのに100%の力を使う」と現時点ではWiiウェアに注力する旨を明らかにしています。
《水口真》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 『スプラトゥーン3』では「テンタクルズ」も登場!バトルを盛り上げる新楽曲「ゼンゲン・テッカイ」が初披露

    『スプラトゥーン3』では「テンタクルズ」も登場!バトルを盛り上げる新楽曲「ゼンゲン・テッカイ」が初披露

  2. 『FE無双 風花雪月』は無双ACTとSLGの“いいとこ取り”-「FE」要素の落とし込みも素晴らしく、新たな物語への期待も膨らむ

    『FE無双 風花雪月』は無双ACTとSLGの“いいとこ取り”-「FE」要素の落とし込みも素晴らしく、新たな物語への期待も膨らむ

  3. 『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

    『ポケモンHOME』の使い方を解説!スイッチ版・スマホ版の基本設定から『ポケモンバンク』の移動方法も

  4. 『Apex』ライフラインとオクタンの“尊すぎる”やりとりが判明「惚れるよこんなん」

  5. 「Brook Vivid Switch用 ワイヤレス コントローラー」でオシャレに遊ぼう!背面ボタン、マクロ機能などゲーマーの欲しい機能も完備

  6. 『モンハンライズ:サンブレイク』体験版の初見「メル・ゼナ」討伐率は、僅か14.6%!“看板モンスター”の貫禄がハンパない結果に

  7. 『ポケモンSV』“第3の伝説ポケモン”を巡る予想が白熱!?まさかの再登板説も…

  8. 『モンハンライズ』太刀の操作方法・立ち回りを解説!「特殊納刀」がとにかく熱い、圧倒的な手数で敵を斬れ!【個別武器紹介】

  9. 寿命はわずか10年! 『ゼノブレイド3』の予想を超える残酷な世界観に衝撃広がる─「過去作より過酷」「設定が重い」

  10. 『モンハンライズ:サンブレイク』新宿に「メル・ゼナ」出現!今にも狩りたくなる、大迫力の3D立体映像

アクセスランキングをもっと見る