人生にゲームをプラスするメディア

海外ファンが欲しい、6つのレゴゲーム-レゴと組み合わせて相性の良い意外なゲーム

その他 全般

海外サイトgreenpixelsは「レゴゲームにして欲しい6つのゲーム」をリストアップしています。

レゴは『レゴ スター・ウォーズ コンプリート サーガ』『レゴ インディ・ジョーンズ』など様々な映画とタイアップしたゲームが存在しますが、海外ゲーマーはどんなレゴゲームが欲しいと願うのでしょうか。キャラクターとしての可愛らしさに加え、ブロックという形態をゲームの特性と組み合わせたアイデアも多く、非常に興味深い提言となっています。

・『ファイナルファンタジー』
「ゲームの中で最も人気があるシリーズであり、開発者は新しく面白いキャラクターを沢山思いつけるだろう」とのこと。シリーズごとに舞台が変わるためか、自由度の高さもレゴゲームには魅力とされています。

・『ゴッド・オブ・ウォー』
「ドラゴンなどのレゴは存在するが、古代ギリシャ神話のレゴも見てみたい。『ゴッド・オブ・ウォー』はその絶好のチャンスとなるだろう」とレゴファンらしいコメントです。

・『バイオハザード』
レゴ・バイオハザードが実現すれば、テディスケアズ(ダークで可愛らしいテディベア)のようなキモかわいいキャラクターがレゴになる弾みがつく……とのこと。

・『Portal』
パズル的要素の強い『Portal』ですが、greenpixelsはレゴブロックがパズルゲームとして応用できるのではないかと指摘します。

・『グランド・セフト・オート』(GTA)
残酷描写が話題となる『GTA』ですが、「レゴブロックが爆発してバラバラに吹っ飛ぶ自動車事故なんかはもの凄く面白いのではないか」と、ブロックと残酷描写を組み合わせるという、これまたレゴファンらしいユニークな発想です。

・『シムシティ』
「ものを組み立てるのはレゴのお得意であり、『シムシティ』は容易にレゴを組み込めるだろう」と、ちょっと意外な着眼点。確かに街を作って壊して……というプロセスはブロック遊びに近いかも知れません。

レゴファンとしての提言は、ゲーマーにとって面白い視点を提供してくれます。特に『GTA』『シムシティ』などは商品化できるほど優れたアイデアなのではないでしょうか。
《水口真》

編集部おすすめの記事

その他 アクセスランキング

  1. 12時間の練習を週6日…『オーバーウォッチ』中国プロチームが過酷なスケジュール明かす

    12時間の練習を週6日…『オーバーウォッチ』中国プロチームが過酷なスケジュール明かす

  2. 【昨日のまとめ】 『スプラトゥーン2』第11回フェスに何があったのか、 『バンドリ!』新しいリサ姉の声の感想は?、「スイッチ2台目用セット」販売開始…など(5/23)

    【昨日のまとめ】 『スプラトゥーン2』第11回フェスに何があったのか、 『バンドリ!』新しいリサ姉の声の感想は?、「スイッチ2台目用セット」販売開始…など(5/23)

  3. ベレー帽まで可愛い「ポムポムプリン」がPCクッションに-『スプラトゥーン2』フェス参戦も迫る

  4. 『モンハン:ワールド』導蟲の虫篭ポーチやこんがり肉クッションなど、最新グッズ4種が公開―気分はもうハンター!

  5. Joshin Web、「ミニファミコン 週刊少年ジャンプ創刊50周年記念バージョン」の抽選販売を開始

  6. 藤崎詩織、40歳 ~あるメモラーの追憶~ 【GW特集】

アクセスランキングをもっと見る