人生にゲームをプラスするメディア

宮本茂氏がサプライズで登場!「謎の村雨城モード」とは一体!?・・・Wii『戦国無双3』発表会レポート(2)

ここで新モードとして、サプライズな発表がありました。映像が紹介され、『戦国無双』×『謎の村雨城』という文字がスクリーンに映し出されると会場はざわつきます。鯉沼プロデューサーの口から明らかにされたのは「謎の村雨城モード」です。

任天堂 Wii
宮本茂氏がサプライズで登場!「謎の村雨城モード」とは一体!?・・・Wii『戦国無双3』発表会レポート(2)
  • 宮本茂氏がサプライズで登場!「謎の村雨城モード」とは一体!?・・・Wii『戦国無双3』発表会レポート(2)
  • 宮本茂氏がサプライズで登場!「謎の村雨城モード」とは一体!?・・・Wii『戦国無双3』発表会レポート(2)
  • 宮本茂氏がサプライズで登場!「謎の村雨城モード」とは一体!?・・・Wii『戦国無双3』発表会レポート(2)
  • 宮本茂氏がサプライズで登場!「謎の村雨城モード」とは一体!?・・・Wii『戦国無双3』発表会レポート(2)
  • 宮本茂氏がサプライズで登場!「謎の村雨城モード」とは一体!?・・・Wii『戦国無双3』発表会レポート(2)
  • 宮本茂氏がサプライズで登場!「謎の村雨城モード」とは一体!?・・・Wii『戦国無双3』発表会レポート(2)
  • 宮本茂氏がサプライズで登場!「謎の村雨城モード」とは一体!?・・・Wii『戦国無双3』発表会レポート(2)
  • 宮本茂氏がサプライズで登場!「謎の村雨城モード」とは一体!?・・・Wii『戦国無双3』発表会レポート(2)
ここで新モードとして、サプライズな発表がありました。映像が紹介され、『戦国無双』×『謎の村雨城』という文字がスクリーンに映し出されると会場はざわつきます。鯉沼プロデューサーの口から明らかにされたのは「謎の村雨城モード」です。

『謎の村雨城』は宮本茂氏がプロデューサーを務め、1986年4月に任天堂からファミコン・ディスクシステム向けに発売されたアクションアドベンチャーゲームです。

ここで来賓として、任天堂の宮本茂氏が登壇します。

謎の村雨城モード宮本茂氏


まず今回の経緯については「『謎の村雨城』は恐らく自分にとって初めてのプロデュース作品で、アニメーションの制作会社と一緒に制作していたゲームです。ご多分に漏れず、遅れて最後はプロデューサーのけじめとしてディレクターをやることになりまして(笑)。ちょうど初代の『ゼルダの伝説』を作ってる頃です。『戦国無双3』の話をずっと鯉沼さんとやってた中で、突然『謎の村雨城』を使わせて欲しい、という話をもらって、それまですっかり忘れていました(笑)。僕ももう作ることはないでしょうから、"絶対気持ち良く遊べるゲームにしてくださいね"ということで話がまとまりました」とコメント。

鯉沼氏から、ゲームを制作する際に気をつけたことは?という質問を向けられると、「2本の剣の爽快感でしょうか。アニメーションの制作会社と一緒に作っていたので、凄くいいイラストやアニメーションを描いてくれるんです。でも当時は8ビット、小さいドットで表現することには限界があります。それでせめて鷹丸の決めポーズくらいは入れたいと。そのためには剣はオートで振っちゃえというくらいまで考えました。しゃかしゃか斬って、ふすまがしゃかしゃか開いていく、そんなイメージです」との話でした。

最後に特色ある音楽については、「音楽は近藤が書いてくれました。同時にゼルダを作っていて、和風の感じでゼルダもやってて、『必殺仕置人』や『マカロニ・ウエスタン』のような雰囲気ですね。それでもうネタが尽きただろうと思ったら『謎の村雨城』は尺八と三味線の耳について離れない音楽が上がってきたんです。ディスクシステムでFM音源に近い新音源が導入されたので、それで三味線と尺八の音をリアルに使いました」とのこと。今回は当時の楽曲も生の楽器で再録されたものが使われるとのこと。

ゲームの詳しい内容は明らかにされませんでしたが、本編と並んで興味がそそられるものになりそうです。



(3につづきます!)
《土本学》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. あのトレーナーにチート疑惑? 『ポケモン』不正を疑われたポケモントレーナー3選

    あのトレーナーにチート疑惑? 『ポケモン』不正を疑われたポケモントレーナー3選

  2. 風間雷太氏が『ポケモン』シロナのイラスト投稿!同氏手がける『ポケカ』デッキケース&スリーブも新発売

    風間雷太氏が『ポケモン』シロナのイラスト投稿!同氏手がける『ポケカ』デッキケース&スリーブも新発売

  3. 誰もが一度は夢見た!? 「ペットにしてみたいポケモン」を大募集!【アンケート】

    誰もが一度は夢見た!? 「ペットにしてみたいポケモン」を大募集!【アンケート】

  4. 『ポケモン』色違いの「ガラル三鳥」が貰える!『ソード・シールド』インターネット大会参加賞として配信決定

  5. 2022年発売の『スプラトゥーン3』が楽しみすぎる!現時点で判明している新武器や変更点まとめ

  6. 『Apex Legends』ヒューズで「疑似シアウルト」できる裏技が話題!マザーロードを超広範囲スキャン技に

  7. 『パワポケR』戦争編とWW2にまつわる文学―やたらめったら秀逸な戦争体験ができる「野球ゲーム」がここにある

  8. 『マリオカート8 デラックス』初心者ドライバーが勝つための8つのポイント

  9. 『ポケモン ダイパリメイク』キッサキシティで「ダイヤモンドダスト」が発生!年に数回しかない貴重演出

  10. セレビィのイベントは“あのウワサ”を利用していた?『ポケモン』で流行した懐かしいデマ情報3選

アクセスランキングをもっと見る