人生にゲームをプラスするメディア

iPhoneで楽しく地名の書き取り!?『書き取り日本一周』配信開始

モバイル・スマートフォン iPhone

書き取り日本一周
  • 書き取り日本一周
  • 書き取り日本一周
  • 書き取り日本一周
  • 書き取り日本一周
  • 書き取り日本一周
  • 書き取り日本一周
  • 書き取り日本一周
  • 書き取り日本一周
ナウプロダクションは8月5日より、iPhone/iPod touch向けアプリケーション『書き取り日本一周』の配信を開始しました。

本作は、日本地図から出題される地名などを画面に指で書いて答えるという一風変わった「書き取り」ゲームです。問題は「書き取り問題」と「パズル問題」の2種類があり、それぞれ地方や難易度などの設定が可能。詳細は以下のとおりです。

■書き取り問題
日本地図から出題される地名などを、画面に指で書いて答えます。地図上に示された都道府県名を答える「日本一周」のほか、県庁所在地を答えるもの、都道府県の形を見て名称を答えるもの、そして地図上の岬、湾、温泉、半島、名山、湖、島々の名称を答えるというマニアックなモードが用意されています。

それぞれヒントとして最初の1文字が表示される初級、最後の1文字が表示される中級、全ての文字が隠れている上級という3つの難易度があり、合わせて1,100問の書き取り問題が実装されているとのことです。

■パズル問題
バラバラになった県形ピースを正しい位置に当てはめ、日本地図を完成させるという問題です。出題される県形ピースをマップにはめるAモード、全ての県形ピースから選んではめるBモード、さらには県形ピースがランダムに回転した状態で出題され、正しい角度に回転させなければならないモードが存在します。

こちらはそれぞれ県境線が表示される初級、何も表示されない上級という2つの難易度があり、合わせて376問のパズル問題が楽しめます。

意外とうろ覚えの日本の地名ですが、この機会にiPhone/iPod touchで楽しく再確認、あるいはお勉強してみてはいかがでしょうか。

『書き取り日本一周』はApp Storeにて2009年8月5日(水)より発売中で、価格は230円(税込)です。
《井上晃宏》

編集部おすすめの記事

モバイル・スマートフォン アクセスランキング

  1. スマホ向けRPG『アナザーエデン』が配信1周年!-“いつ始めても十分に遊べる”本作の魅力と歴史を振り返る

    スマホ向けRPG『アナザーエデン』が配信1周年!-“いつ始めても十分に遊べる”本作の魅力と歴史を振り返る

  2. 『オルサガ』3周年記念生放送で「UR カティア」を発表! 今後の展開や最新情報を披露─新章の配信時期も判明

    『オルサガ』3周年記念生放送で「UR カティア」を発表! 今後の展開や最新情報を披露─新章の配信時期も判明

  3. 今さら聞けない『アズールレーン』ー『艦これ』との違いや魅力って?【特集】

    今さら聞けない『アズールレーン』ー『艦これ』との違いや魅力って?【特集】

  4. 『コトダマン』「ウルトラマン」コラボの全キャラ(進化前)を初公開! ─ゼロやセブン、ダイナなども参戦

  5. 『ぷよクエ』×「BLEACH」コラボ開催も発表!5周年記念生放送まとめ

  6. ゼロから始める『マギレコ』生活―アニメ「まどマギ」との違いは?みたま目当てに90連もしてみる

  7. 『FGO』第2部OPから考察する新たなサーヴァントたち、君の名は……【特集】

  8. ラティアス3人撃破に挑戦!少人数レイドの攻略ポイントとは【ポケモンGO 秋田局】

  9. 誰もが通った道、かも?『FGO』初心者マスターが考えがちな“思い込み”8選─「QPは減らない」「低レアのサーヴァントは使わない」など【特集・アンケート】

  10. Rayark初のRPG『Sdorica(スドリカ)』の正式サービスが開始! 全世界の事前登録数200万人超えの注目作が始動

アクセスランキングをもっと見る

1