人生にゲームをプラスするメディア

ヨン様と学ぶ韓国語-「冬ソナ」DS版というサプライズも

7月28日の首都圏はあいにくの雨模様でしたが、関東某所の『ペ・ヨンジュンと学ぶ韓国語DS』完成披露会の会場は「ヨン様」ファンの熱い熱気に包まれていました。

任天堂 DS
岡島信幸常務取締役によれば『ペ・ヨンジュンと学ぶ韓国語DS』は「エンターテイメント要素を導入した」ソフトとのこと
  • 岡島信幸常務取締役によれば『ペ・ヨンジュンと学ぶ韓国語DS』は「エンターテイメント要素を導入した」ソフトとのこと
  • ペ・ヨンジュンと学ぶ韓国語DS
  • 杉山忍プロデューサーは学ぶということは面倒臭く長続きしないが、そんな言い訳をペ・ヨンジュン氏にできますか、と会場の家族に問いかける
  • ペ・ヨンジュンと学ぶ韓国語DS
  • ヨン様はビデオレターでの出演。ナチュラルな笑顔で語りかけるヨン様に家族たちも盛り上がる
  • ペ・ヨンジュンと学ぶ韓国語DS
  • 「最初から今まで」「My Memory」を歌いあげ、会場を魅了したRyu氏。「DSのゲームで韓国語に慣れてほしい」と語る
  • ペ・ヨンジュンと学ぶ韓国語DS
7月28日の首都圏はあいにくの雨模様でしたが、関東某所の『ペ・ヨンジュンと学ぶ韓国語DS』完成披露会の会場は「ヨン様」ファンの熱い熱気に包まれていました。

『ペ・ヨンジュンと学ぶ韓国語DS』は「冬のソナタ」で知られる俳優のペ・ヨンジュンさんが韓国語学習をアシストしてくれるニンテンドーDS用ゲーム。韓国語を学ぶだけでなく、四季折々にはヨン様からメッセージを貰えたり、韓国料理のレシピも手に入れられるという内容。9月19日の発売が予定されています。

完成披露会に参加できたのは事前の抽選で選ばれた200人のみ。200人のところに6000人の応募が殺到したとのことで、倍率30倍の狭き門となりました。

登壇したD3パブリッシャーの岡島信幸常務取締役によれば、『ペ・ヨンジュンと学ぶ韓国語DS』は同社としては初の大人向けコンテンツであり、より学びやすく覚えやすいゲームとして企画されたとのこと。杉山忍プロデューサーは同作について「ヨン様が日替わりで肉声で語りかけてくるため、サボれない」ゲームであると語ります。

ヨン様は残念ながらイベントへの出席は不可能とのこと。そのかわりビデオレターが公開されました。「今回発売される‘韓国語DS’で皆さんが楽しく効率よく韓国語を学べると嬉しいです」とヨン様。ビデオレターの上映時には満場の「家族」(ヨン様ファンのこと)も拍手喝采。人気の凄さが感じられます。

ここでサプライズが公開されました。ヨン様主演のドラマ「冬のソナタ」がニンテンドーDSのゲーム『冬のソナタDS』になるというのです。『冬のソナタDS』はドラマ本編を豊富な画像や動画で追体験するのに加え、ヨン様が演じる主人公ジュンサンと共にロケ地を巡る「デートモード」やミニゲームを搭載。ニンテンドーDSi限定機能としてロケ地をバックに写真を撮る機能も使用できるといいます。杉山忍プロデューサーによれば「ポケットに入れて持ち運べる冬のソナタ」であり、「デートモード」がオススメとのこと。発売は2009年冬が予定されています。

最後をしめるのは「冬のソナタ」で主題歌を歌うアーティストRyu(リュウ)氏。姪や甥っ子にニンテンドーDSをプレゼントしたというRyu氏、主題歌「最初から今まで」と挿入歌「My Memory」を披露したところでイベントはお開きとなりました。

『ペ・ヨンジュンと学ぶ韓国語DS』『冬のソナタDS』にはそれぞれ試遊台が用意され、200人の幸運な「家族」は一足先にヨン様とのレッスンやドラマをエンジョイ。また、ヨン様のフォトパネルの前には「家族」たちが押し寄せ思い思いに撮影していたのが印象的でした。
《水口真》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. スイッチ版『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』正式発表―タイトルに付いた「S」は“しゃべる”の意味!?

    スイッチ版『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』正式発表―タイトルに付いた「S」は“しゃべる”の意味!?

  2. 「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

    「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

  3. 『海腹川背 Fresh!』マップは一つながりの巨大フィールドに! 遊びやすい進化と変わらぬ魅力のワイヤーアクションをいち早く体験【TGS2018】

    『海腹川背 Fresh!』マップは一つながりの巨大フィールドに! 遊びやすい進化と変わらぬ魅力のワイヤーアクションをいち早く体験【TGS2018】

  4. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  5. 『ドラゴンクエストビルダーズ2』12月20日に発売決定! 有料DLCの展開も明らかに

  6. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  7. 『スプラトゥーン2』フェス「つぶあん vs こしあん」はこしあん派のほうが多め!?【読者アンケート】

  8. 11本目はファン待望の『バーチャレーシング』に決定! MC8bit氏のセガ愛も熱かったセガゲームス『SEGA AGES』ステージ【TGS2018】

  9. 『ぷよぷよeスポーツ』新たな切り口でファン拡大を目指す国民的パズルアクションの真意とは【TGS2018】

  10. 『スプラトゥーン2』Ver.4.0.0の注目ブキ8選!オフロッシャーはかなり苦しくなった!?

アクセスランキングをもっと見る