人生にゲームをプラスするメディア

ニューヨークのIBM工場で増員−「任天堂とソニーから仕事が来ている」

ゲームビジネス その他

米国ニューヨーク州East FishkillにあるIBMの工場はてんてこ舞いのようです。

海外サイトrecordonlineが現地からの情報として伝えるところによりますと、East FishkillのIBM工場ではスタッフがミーティングに呼ばれ「任天堂とソニー、フリースケールからの仕事が来ている」と伝えられたとのこと。

IBMはEast FishkillとPoughkeepsie、Sterling Forestで9000人以上の労働者を雇用しているとされていますが、マネージャーは従業員に「追加の労働者を雇うとは思ってもみなかった」と語ったとのことです。recordonlineは増員に関してIBMに問い合わせたものの回答は得られなかったとしています。

East Fishkillには初期開発と量産の両方を行う半導体工場があることで知られていますが、任天堂とソニーから仕事が来ているというのはいかにも意味深。HD対応のWiiなど次期ゲーム機なのか、現行機種のモデルチェンジなのか、それとも新たな携帯ゲーム機なのか。いずれにしろ答えが示されるのはまだまだ先のことのようです。
《水口真》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【コラム】『ペルソナ5』の海外高評価と“ジャンルとしての”JRPG

    【コラム】『ペルソナ5』の海外高評価と“ジャンルとしての”JRPG

  2. 美少女に癒やされたい人必見?まったりVRババ抜き『OldMaidGirl』Steam配信開始

    美少女に癒やされたい人必見?まったりVRババ抜き『OldMaidGirl』Steam配信開始

  3. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

    7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  4. 【コラム】『ファイナルファンタジーXV』と「リアル」の変質

  5. VRの伝道師、GOROmanこと株式会社エクシヴィ代表取締役社長 近藤義仁氏が語る、国内におけるVR向けHMDムーブメントのこれまでとこれから―中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第46回

  6. アークシステムワークスが『LoL』のRiot Gamesを訪問

  7. 社内コンテストから始まった『夢王国と眠れる100人の王子様』――開発までの経緯をプロデューサーが語るセミナー開催

  8. スパイク・チュンソフト、オフィシャルサイト本日オープン ― コーポレートロゴも公開

  9. 【GDC2011】任天堂・岩田聡社長が見せた覚悟と開発者へのメッセージ

  10. 増田部長がゲームフリークに入社したきっかけとは ― ファンからの質問に回答

アクセスランキングをもっと見る