人生にゲームをプラスするメディア

米国任天堂の様々な規制−服を着せる、ウォッカをソーダに、血を削除……

海外ゲームサイトGamesradarは任天堂ハードにおける規制を特集しています。

ゲームビジネス その他
米国任天堂の様々な規制−服を着せる、ウォッカをソーダに、血を削除……
  • 米国任天堂の様々な規制−服を着せる、ウォッカをソーダに、血を削除……
  • 米国任天堂の様々な規制−服を着せる、ウォッカをソーダに、血を削除……
  • 米国任天堂の様々な規制−服を着せる、ウォッカをソーダに、血を削除……
  • 米国任天堂の様々な規制−服を着せる、ウォッカをソーダに、血を削除……
  • 米国任天堂の様々な規制−服を着せる、ウォッカをソーダに、血を削除……
  • 米国任天堂の様々な規制−服を着せる、ウォッカをソーダに、血を削除……
  • 米国任天堂の様々な規制−服を着せる、ウォッカをソーダに、血を削除……
  • 米国任天堂の様々な規制−服を着せる、ウォッカをソーダに、血を削除……
海外ゲームサイトGamesradarは任天堂ハードにおける規制を特集しています。
印象的なものを見ていきましょう。画像はいずれもGamesradarの編集によるものです。

■『アイスクライマー』
アザラシを思わせるトッピーは、米国版ではイエティに。Gamesradarによると「残念ながら米国ではアザラシが危険にさらされているので、この貴重な動物をイエティに変えた」とのこと。



■『MOTHER2』
マジカントではネスが裸になるのですが、米国版では服を着ています。



■『パンチアウト!!』
『スーパーパンチアウト!!』に登場するウォッカ・ドランケンスキーは名前がお酒を連想させるからかソーダ・ポピンスキーに改名。Gamesradarは「ソーダがステレオタイプなロシアの酔っぱらいであることを理解すれば、彼の不可解なメッセージもずっと理解しやすくなる」としています。



■『ゼルダの伝説 時のオカリナ』
ミラーシールドは当初、星と月をあしらった意匠になっていましたがGamesradarによればイスラム教圏に良く似た宗教的シンボルがあったためデザインが変更されたとのこと。



■『スーパーマリオRPG』
クッパの勝利ポーズが変更されていますが、これは中指を立てる下品なジェスチャーを連想させるためとのことです。



■『ファイナルファイト』
露出度の高いポイズンとロキシーは女性への暴力を助長する、という理由からニューハーフに。さらに海外版では男性キャラになってしまいます。Gamesradarは彼らを「警官の出来損ない」と辛辣に評価します。また、ナイフで相手を刺した時の血も削除されていますし、「BAR」の看板は「CLUB」に変えられていますし、「OH! MY GOD」というセリフは「OH! MY CAR」に変更されています。



■『アウターワールド』
水浴している女性の腰に変更が加えられています。Gamesradarはこの変更を「隙間の密閉」と表現。作者のEric Chahi氏は任天堂から「明らかにエロチックすぎる。女性エイリアンの腰から3ピクセルドットを減らせ」と言われたと当時のエピソードを伝えます。



所変われば品変わると言うわけで、ゲームにも現地に合わせた変更が必要。この記事には多くのコメントが寄せられていますが「任天堂はもっとセクシーであっていい」「任天堂は本当に『ファイナルファイト』が嫌いなんだなあ」などなど、多くは変更を嘆くものとなっています。日本のゲーマーも洋ゲーを現地のままの姿で見たいと願っていますが、これは洋の東西を問わない傾向のようです。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』『鬼武者』『塊魂アンコール』他

    今週発売の新作ゲーム『ドラゴンクエストビルダーズ2 破壊神シドーとからっぽの島』『鬼武者』『塊魂アンコール』他

  2. 2018年12月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年12月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  3. JeSU「eSPORTS 国際チャレンジカップ」を2019年1月に開催─賞金総額は4タイトル合計で1,500 万円

    JeSU「eSPORTS 国際チャレンジカップ」を2019年1月に開催─賞金総額は4タイトル合計で1,500 万円

  4. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  5. 【CEDEC 2009】WiiとDSで同じゲームを動かす~『FFCC EoT』を巡るプラットフォーマーとソフトメーカーの取り組み事例

  6. 【週間売上ランキング】『ポケモン不思議のダンジョン 空の探検隊』以外はかなり厳しい売れ行き (4月13日〜19日)

  7. 「これは私の人生そのもの」―元マフィアの娘が『GTA V』を提訴、4000万ドルの賠償金を求める

  8. 待たれるクロスバイの拡大、ゲームをより楽しむための環境整備への道のりの現状を探る

  9. 川口博史、崎元仁、土屋昇平ら著名コンポーザーが日本のゲーム音楽を振り返る―黒川塾(二十弐)

  10. コンプガチャはなぜ駄目か? ソーシャルゲーム今後の争点

アクセスランキングをもっと見る