人生にゲームをプラスするメディア

『喧嘩番長3〜全国制覇〜』の海外タイトルがファン投票で決定

喧嘩番長は外国でも喧嘩番長だったようです。

ゲームビジネス その他
喧嘩番長は外国でも喧嘩番長だったようです。

アトラスが『喧嘩番長3〜全国制覇〜』を海外で発売するに当たってタイトルを募集したのは先日お伝えしたとおり。「番長」に適切な訳語がなかったようで、「Badass Rumble」「Bancho Royale」などのタイトル案の中からどれかに投票するという形式でした。

■アトラスによる『喧嘩番長3』英語タイトル候補
・Kenka Bancho
・Badass
・Badass Rumble
・Kenka Bancho: Badass Rumble
・Turf Wars
・Kenka Bancho: Turf War
・Bancho Royale
・Fist of the Bancho
・Rise of the Bancho

最終的にタイトルは『Kenka Bancho: Badass Rumble』に決定。
副題の英語でゲーム内容を解説しつつ、原題の「喧嘩番長」も盛り込まれた、和洋折衷のタイトルとなりました。

アトラスのセールスアンドPRマネージャーであるAram Jabbari氏によると、候補の中でも「Badass」という単語が盛り込まれたタイトルが人気だったとのこと。

ゲームのローカライズにおいては原産国の文化をどう扱うかがキーポイントになりますが、番長が拳で日本一になるという日本文化の塊のようなゲームだっただけに、原題の「喧嘩番長」がタイトルに入っているのは日本人としても少し嬉しくなってきます。
《水口真》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. メタバースってなあに?  『あつ森』『ポケモンGO』はどうなの? ゲーマーは知っておきたい基礎知識

    メタバースってなあに? 『あつ森』『ポケモンGO』はどうなの? ゲーマーは知っておきたい基礎知識

  2. 「2021年最も活躍したと思うゲーム実況者は?」第1位に輝いたのはあの“インターネットヒーロー”!

    「2021年最も活躍したと思うゲーム実況者は?」第1位に輝いたのはあの“インターネットヒーロー”!

  3. 【CEDEC 2013】セガで行われた社内ゲームジャムSEGA Game Jamの成果とは? 運営ノウハウと開催にあたって意識すべきこと

    【CEDEC 2013】セガで行われた社内ゲームジャムSEGA Game Jamの成果とは? 運営ノウハウと開催にあたって意識すべきこと

  4. FPS界の重鎮“スタヌ”って何者?山田涼介も憧れる人気ストリーマー・StylishNoobの魅力

  5. 【週間売上ランキング】『ポケモン不思議のダンジョン 空の探検隊』以外はかなり厳しい売れ行き (4月13日〜19日)

  6. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

  7. 目黒将司×LAM 無二の個性派クリエイター対談-「目黒サウンド」「LAM絵」と称される“キャッチーさ”はどう育まれた?

  8. 任天堂、定款変更を株主総会に提案

  9. 【昨日の人気記事チェック】【歩け編集長!生活リズムDS日記】第4回 名古屋まで歩いた(11月10日)

  10. マイクロソフトが“AAAA級”Xboxコンソールタイトルの開発スタッフを募集

アクセスランキングをもっと見る