人生にゲームをプラスするメディア

マイケル・ジャクソン氏急逝、ゲームメディアも悲しみにくれる

歌手のマイケル・ジャクソン氏が急逝し、ゲームメディアも悲しみに包まれています。

ゲームビジネス その他
歌手のマイケル・ジャクソン氏が急逝し、ゲームメディアも悲しみに包まれています。

マイケル・ジャクソン氏はギネスから「史上最も成功したエンターテイナー」と認定された歌手。8歳で兄たちとデビュー、13歳でソロアルバムを出した後は「スリラー」「BAD」「Beat It」などの曲をヒットさせ音楽シーンに多大な影響を与えました。晩年は児童への性的虐待で告発されるなど波乱の連続。今年7月にロンドンで「ファイナル・カーテン・コール」を行うとされていましたが、現地時間6月25日に心臓麻痺による死亡が確認されました。

ビデオゲームのマニアとしても知られ、セガから高価な体感筐体をプレゼントされたほか、『ムーンウォーカー』『スペースチャンネル5』といったゲームに出演。今年2月には膨大なゲームコレクションが競売されかけるも中止されるなど、ゲーム方面にも話題を提供してきました。

Wiiウェア『BIT.TRIP BEAT』のGaijin GamesはBlogにおいて「Rest in Peace, Sire」と題した記事で弔意を表明。海外ゲームサイト1UPはゲームに対するマイケル・ジャクソン氏の影響を振り返る記事を発表しています。

1UPによれば『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』の3作目でマイケル・ジャクソン氏が曲を提供することになっていたものの、児童虐待などのスキャンダルにより実現しなかった……という噂が存在していたとのこと。また、オランダのゲームサイトはマイケル・ジャクソン氏の新作ゲームが作られているとする噂を発表していたとのことです。

記事には「マイケルは複雑だったが人間的だった。マイケル、神の御許で安息を」「安らかに、マイケル。この地上で与えられなかった安息を見つけることを願う」「MJは我々の世代のレノンでありプレスリーだ」「なんと嘆かわしい日。だが、彼の音楽と共に成長してきたことを忘れない」など、偉大なスターの死を悼むコメントが多数寄せられており、その影響の大きさが伺えます。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

    【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

  2. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

    「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  3. 「管コレ」を手かげるマッドサイエンティストJHに突撃インタビュー!その思想と原点を訊いた(前編)

    「管コレ」を手かげるマッドサイエンティストJHに突撃インタビュー!その思想と原点を訊いた(前編)

  4. YouTubeで違法動画を見てしまったら・・・?分からないことだらけの「違法ダウンロード刑事罰化」まとめ

  5. 『エルシャダイ』に見る新規IP立ち上げの実情・・・中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第17回

  6. ゲームと映画から考える海外と日本の感性の違いとは・・・黒川塾(19)

  7. 当時の姿のまま中古ビル内に放棄されていた90年代ゲーセン

  8. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  9. 『Beat Saber』オンラインマルチプレイモードに『風ノ旅ビト』のようなゆるい繋がりを感じた

  10. 【GDC2011】求人数は回復傾向? 熱気が戻ったキャリアパビリオン

アクセスランキングをもっと見る