人生にゲームをプラスするメディア

iPhoneで懐かしの80年代サウンドを楽しめる音楽アプリ『8Bitone(エイトビットーン)』発売!

ゲームビジネス その他

ユードーは2009年6月8日(月)に、ソフトウェアシンセサイザ音源を搭載した、iPhone/iPod touch向け音楽シーケンサー『8Bitone(エイトビットーン)』の販売を開始しました。iTunesが運営するAppStoreより、全世界向けでの販売となります。



ユードーでは2008年10月より、iPhone/iPod touch向け音楽ゲーム『エアロシリーズ』(エアロ・ギター、エアロ・シンセ、エアロ・ドラム)を配信しており、現在までに国内・海外含め合計350万以上のダウンロードを達成しています。また、ピアノの演奏を楽しめる『Piano man』シリーズ、サックスを演奏できる『Sax man』、ロボットボイスをリアルタイムで発音できるボコーダーシンセサイザー『SV-5』など、数多くの音楽アプリケーションを開発・販売しています。

今回新発売となった『8Bitone』は、ファミリーコンピューターや80年代の8Bitパソコンに搭載していたサウンドチップをシミュレーションしており、懐かしいピコピコサウンドを再現できる音楽アプリケーションです。音楽の知識がなくても簡単に編集ができる、ソフトウェア音源と、ピアノロール式作曲機能、キーボードで構成されていて、シンセサイザーの知識がなくても大丈夫。iPhone/iPodTouchのマルチタッチ機能に最適化しているので、指先で簡単に作曲ができます。

シンセサイザー部分は、つまみやスイッチ、スライダーで構成されており、意味が分からなくても、適当に操作することで簡単に音を変えることができてしまいます。シンセサイザーの基本的な仕組みを学ぶこともできるし、もちろん感覚だけで作曲することも可能。今後のバージョンアップでは、作成したオリジナルサウンドを世界中のユーザーに配信、交換できる機能が追加される予定です。

ユードーは、今後、これらのサウンド制作アプリで作ったサウンドをサーバに保存するストレージサービスや、インターネット上に配信・視聴できるポータルサービスなどを予定しており、サウンド制作ツールからメディアの運営など、独自の音楽事業の確立に注力していくとのこと。なお、詳細は、2009年6月8〜13日のApple WWDC期間中に発表される予定です。

『8Bitone(エイトビットーン)』の価格は1,000円(米国8.99USドル)です。
《池本淳》

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【特集】プラチナゲームズ・稲葉敦志氏に訊く、プロデューサーとディレクターに必要なもの

    【特集】プラチナゲームズ・稲葉敦志氏に訊く、プロデューサーとディレクターに必要なもの

  2. インディー注目株『Momodora V』は『ダークソウル』『風のタクト』にインスパイア

    インディー注目株『Momodora V』は『ダークソウル』『風のタクト』にインスパイア

  3. BitSummitの上階で開催された「MegaBitConvention」フォトレポ―広大な会場にトガッた作品が集結

    BitSummitの上階で開催された「MegaBitConvention」フォトレポ―広大な会場にトガッた作品が集結

  4. 【レポート】「取り乱しちゃダメだ、取り乱しちゃダメだ…」VR史上初の“エヴァ操縦体験”に触れてみた─手に汗握る発進シークエンスを実感

  5. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

  6. 【特集】パルマー・ラッキーの裏側―次は『君の名は。』三葉のコスプレを

  7. 【レポート】日本のゲーム産業に対する大いなる誤解―角川ゲームス安田氏の基調講演

  8. ゾンビになって映画を一足先に体験!?VR映像『BIOHAZARD VENDETTA : Z Infected Experience』5月24日配信

  9. 任天堂、初の社外取締役を起用へ

  10. インディゲームの祭典「A 5th of BitSummit」出展者97組が決定!

アクセスランキングをもっと見る