人生にゲームをプラスするメディア

「DRMは時間と金の浪費」−『グーの惑星』の作者がDRM不要論を展開

ゲームビジネス その他

『グーの惑星』の作者の一人である2D Boyのデザイナー、Ron Carmel氏は「DRM(デジタル著作権管理)は不正コピーではなく中古への売却を防ぐためのものである」と発言します。

『グーの惑星』(『World of Goo』)は謎のネバネバで構造物を組み立てる、物理演算を活かしたパズルゲーム。ユニークなルールで高評価となり、任天堂の決算説明会では岩田社長が動画を使って解説。ついに日本での配信に漕ぎつけました。

Carmel氏は海外ゲームサイトGamasutraに対し「パブリッシャーは愚かではない。彼らはDRMでは不正コピーに対抗できないことを知っている。彼らがやろうとしているのは、人々が本来50$するゲームを35$で買えるGamestop(註:中古ソフトも取り扱う米国最大手のゲームショップ)へ行くのを防ごうということ。それは何もパブリッシャーの懐に入らないからだ」と発言。

「DRMがインストール回数を制限するのみのものならば、ゲームが中古ゲームショップへ売られる回数を最小限にできる」と一定の効能を認めつつも、「DRMは我々の時間とお金を浪費させるものだ」とDRMを否定。

「ゲームにDRMを施す時間がかかるし、DRM業者にお金を支払わなければならない。そればかりでなく、DRMが破られたソフトを持つ人の方が、正規のバージョンを持つ人よりも良いゲーム体験ができる」とDRMにまつわる認証などの手間の問題を指摘します。

Carmel氏は『グーの惑星』のPC版で不正コピー率が90%を越えた時の経験について、「人々は『グーの惑星』をどれだけ評価しているか我々に書いてよこした。ゲームを買うつもりがなかった人々も、我々をサポートするために買ってくれた。そこにはDRMを使わないことに関する善意の要素が存在した」とコメントしています。

「我々が不正コピーのために失ったのは極めて少ない顧客であると確信している。ゲームを不正コピーしようとしている人はいずれにしろそれを買わなかった人々である」とDRMが売上を増やすわけではないとする考えを明らかにしました。

Gamasutraによれば、Carmel氏は今後もDRMを施すつもりがないとのこと。

先日発売された対戦系RTS(リアルタイムストラテジー)『Demigod』では、約1万8000本の販売本数に対し10万近いアクセスが集中してサーバーがダウンするなど、不正コピーユーザーによる悪影響が出たばかり。

一方で『SPORE』のDRMが厳しすぎるとしてメーカーが集団訴訟されるといった例もあり、DRMにまつわる問題が解決するにはもう少し時間が必要なようです。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 横浜みなとみらい開催『ポケモンGO』イベントの集計データが発表―200万人以上が参加、1億2千万匹のポケモンゲット!

    横浜みなとみらい開催『ポケモンGO』イベントの集計データが発表―200万人以上が参加、1億2千万匹のポケモンゲット!

  2. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

    7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  3. 日本初のゲーム専用AI会社が設立―『がんばれ森川君2号』の森川幸人氏が代表取締役

    日本初のゲーム専用AI会社が設立―『がんばれ森川君2号』の森川幸人氏が代表取締役

  4. 【CEDEC 2008】ゲーム開発会社が海外パブリッシャーから開発を受注するには?

  5. 今週発売の新作ゲーム『ドラゴンクエストX オールインワンパッケージ』『ソニックマニア』『UNDERTALE』他

  6. ムームー森川幸人氏が語る、ゲーム作りで「やっちゃいけないこと」

  7. VR体験施設「Project i Can」に“ガンダムVR”が登場!同時に10月10日での営業終了が発表

  8. ドン・キホーテでVR動画スターターセットが先行発売! DMMで使える動画ポイント付き

  9. 「パッケージが似すぎている」訴訟に決着

  10. 【Unite Japan 2014】ネイティブ初挑戦で大ヒット、『ACR DRIFT』のクルーズが紹介した「魔法の杖」とは?

アクセスランキングをもっと見る