人生にゲームをプラスするメディア

カプコン増収増益、平成21年3月期業績を発表

カプコンは3月31日で終わる平成21年3月期の連結業績を発表しました。

ゲームビジネス その他
カプコンは3月31日で終わる平成21年3月期の連結業績を発表しました。

それによれば、売上高は918億7800万円(前年同期: 10.6%増)、営業利益は146億1800万円(11.4%増)、経常利益は138億0800万円(12.6%増)となり、3期連続での増収増益となりました。

家庭用ゲーム機市場は海外が引き続き好調だった一方で、国内市場は次世代機の一巡もあり低調でした。カプコンのコンシューマーゲーム事業では、満を持して発売した『BIOHAZARD 5』が初回400万本を超える大ヒットになったほか、『ストリートファイター4』も200万本を突破しました。加えて、廉価版の『モンスターハンターポータブル2nd G PSP the Best』や『グランド・セフト・オートIV』『流星のロックマン3』も堅調でした。

一方でアミューズメント施設事業は牽引機種の不足もあり、低調でした。施設では積極的なスクラップ&ビルドを繰り返していて、年度末時点での運営店舗は40店となっています。アミューズメント機器では『ストリートファイター4』が好調でした。

主に携帯電話向けコンテンツ配信事業や遊技機向け関連機器を販売しているコンテンツエキスパンション事業は低調でした。

カプコンでは今期も継続した成長を見込んでいて、平成22年3月期の業績予想は、売上高が950億円、営業利益が155億円、経常利益が147億円を見込んでいます。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【UNREAL FEST EAST 2017】圧倒的な臨場感や空気感を付加―シリコンスタジオ ブースレポ

    【UNREAL FEST EAST 2017】圧倒的な臨場感や空気感を付加―シリコンスタジオ ブースレポ

  2. 京都企業のコラボレーションで実現した「サービスとしてのDS」にみる「ゲーム」の新しいカタチ・・・中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第8回

    京都企業のコラボレーションで実現した「サービスとしてのDS」にみる「ゲーム」の新しいカタチ・・・中村彰憲「ゲームビジネス新潮流」第8回

  3. ドラクエとモンハンの挑戦―「プレミアム感があるゲーム」はスマホを本当の意味でゲーム機にするか

    ドラクエとモンハンの挑戦―「プレミアム感があるゲーム」はスマホを本当の意味でゲーム機にするか

  4. スクウェア・エニックスの技術責任者Julien Merceron氏がKONAMIへ移籍、FOX Engineに関わることに

  5. 川島隆太教授、『脳トレ』のロイヤリティは受け取らず

  6. モバイルゲームのデータ改ざん、元開発者に有罪

  7. 世界最大のゲーム会社は中国・テンセント 今年上半期のトップ25はアジア勢が存在感

  8. ソニー社長後継人事、SCE平井社長の名前も候補に

  9. ゲームのナラティブはどうして議論がわかりにくい? 立命館大学ゲーム研究センターの研究員が徹底議論

  10. 「TVパニック」「wanpaku」のNESTAGE、民事再生法申請・・・ゲオが支援へ

アクセスランキングをもっと見る