人生にゲームをプラスするメディア

欧州裁判所、任天堂への賠償命令を支持

欧州司法裁判所は、欧州委員会が2002年に任天堂や欧州地域での販売業務を請け負っていたディストリビューターに対して、不当に製品の価格維持を図ったとして罰金を言い渡していた問題で、当初の1億4912万8000ユーロから減額して、1億1924万2500ユーロの支払を命じる判決を出しました。

ゲームビジネス その他
欧州司法裁判所は、欧州委員会が2002年に任天堂や欧州地域での販売業務を請け負っていたディストリビューターに対して、不当に製品の価格維持を図ったとして罰金を言い渡していた問題で、当初の1億4912万8000ユーロから減額して、1億1924万2500ユーロの支払を命じる判決を出しました。

訴えでは、任天堂と欧州の各国で任天堂製品を独占的に扱っていた流通業者である、John Menzies plc(英国)、oncentra - Produtos para crianas S.A.C(ポルトガル)、Linea GIG.S.p.A.(イタリア)、Bergsala AB(スゥェーデン)、伊藤忠ヘラス(ギリシャ)、Nortec A.E.(ギリシャ)、Data GmbH(ベルギー、ルクセンブルク)の計7社。欧州委員会は1991年から1997年にかけて7社が国境を超える販売を制限し、不当に価格を吊り上げたと認定しました。

任天堂は「既に指摘の状態は解決されている」として撤回を求めていました。また、現在では欧州の主要地域は任天堂が独自に販売を行う体制を整えています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

    「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  2. 海外サイトが選ぶ「ゲームの政治家トップ10」−1位はやっぱり……?

    海外サイトが選ぶ「ゲームの政治家トップ10」−1位はやっぱり……?

  3. 【プレイレビュー】旅の仲間と協力プレイ!『ウォー・イン・ザ・ノース:ロード・オブ・ザ・リング』

    【プレイレビュー】旅の仲間と協力プレイ!『ウォー・イン・ザ・ノース:ロード・オブ・ザ・リング』

  4. もはやなくてはならない存在に―スマートフォンゲーム制作におけるCLIP STUDIO PAINTの活用事例【CEDEC 2019】

  5. 【CEDEC 2011】Mobageのデータによるゲーム改善サイクルの一端を見た

  6. 【プレイレポ】テスター希望者10万人超えのVRMMO『ソードアート・オンライン ザ・ビギニング』のヤバさにワクワクが止まらない

  7. アイディアファクトリーが「SpriteStudio」の導入を検討した理由

  8. 【CEDEC 2014】Cocos2d-xかUnityか・・・よりよい2Dゲーム開発のためのゲームエンジン選びと対策

  9. アクティビジョン、日本法人を設立

  10. ゲーム業界で過去に例をみない4社合同新人研修とは?

アクセスランキングをもっと見る