人生にゲームをプラスするメディア

欧州裁判所、任天堂への賠償命令を支持

欧州司法裁判所は、欧州委員会が2002年に任天堂や欧州地域での販売業務を請け負っていたディストリビューターに対して、不当に製品の価格維持を図ったとして罰金を言い渡していた問題で、当初の1億4912万8000ユーロから減額して、1億1924万2500ユーロの支払を命じる判決を出しました。

ゲームビジネス その他
欧州司法裁判所は、欧州委員会が2002年に任天堂や欧州地域での販売業務を請け負っていたディストリビューターに対して、不当に製品の価格維持を図ったとして罰金を言い渡していた問題で、当初の1億4912万8000ユーロから減額して、1億1924万2500ユーロの支払を命じる判決を出しました。

訴えでは、任天堂と欧州の各国で任天堂製品を独占的に扱っていた流通業者である、John Menzies plc(英国)、oncentra - Produtos para crianas S.A.C(ポルトガル)、Linea GIG.S.p.A.(イタリア)、Bergsala AB(スゥェーデン)、伊藤忠ヘラス(ギリシャ)、Nortec A.E.(ギリシャ)、Data GmbH(ベルギー、ルクセンブルク)の計7社。欧州委員会は1991年から1997年にかけて7社が国境を超える販売を制限し、不当に価格を吊り上げたと認定しました。

任天堂は「既に指摘の状態は解決されている」として撤回を求めていました。また、現在では欧州の主要地域は任天堂が独自に販売を行う体制を整えています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ゲーム1本の開発期間は平均16ヶ月、開発者の38%が据置機に携わりたいと思っている…CEDECのゲーム開発者調査が公開

    ゲーム1本の開発期間は平均16ヶ月、開発者の38%が据置機に携わりたいと思っている…CEDECのゲーム開発者調査が公開

  2. 【CEDEC 2011】心に響くSEはこうして生まれる・・・SEマンのこだわりとは

    【CEDEC 2011】心に響くSEはこうして生まれる・・・SEマンのこだわりとは

  3. 本格機能を毎日1時間無料で利用可能!ペイントツール「CLIP STUDIO PAINT」iPhone版がリリース

    本格機能を毎日1時間無料で利用可能!ペイントツール「CLIP STUDIO PAINT」iPhone版がリリース

  4. プレイステーション3、Xbox360の累計販売台数を上回る・・・調査会社IDCが報告

  5. 開発チームも一度死んで強くなる『ドラゴンボールオンライン』(2)

  6. ミクシィ、PC版mixiゲームをリニューアル ― 前夜祭キャンペーンも実施

  7. Fenner Investmentsがポートインターフェイスに関してゲーム機3社を提訴

  8. アメリカゲーム業界就職事情・・・日本とは違うサバイバル術

  9. 「小型家電リサイクル法」がスタート・・・ゲーム機、デジカメ、携帯端末が対象

  10. 【週間売上ランキング】『ポケモン不思議のダンジョン 空の探検隊』以外はかなり厳しい売れ行き (4月13日〜19日)

アクセスランキングをもっと見る