人生にゲームをプラスするメディア

真・こどもの日『テイルズウィーバー』高速モンスター出没

PCゲーム オンラインゲーム

テイルズウィーバー
  • テイルズウィーバー
  • テイルズウィーバー
  • テイルズウィーバー
  • テイルズウィーバー
  • テイルズウィーバー
  • テイルズウィーバー
  • テイルズウィーバー
  • テイルズウィーバー
ネクソンは2009年4月28日(火)、同社のMMORPG『テイルズウィーバー』のアップデートを実施し、端午の節句にちなんだイベント「真・こどもの日プレゼント」を開始するとともに、新作アバター10種類を詰め込んだアバター宝箱「皐月」や、好きな時に効果を発動できる消費型経験値上昇アイテム「修練の結晶」といったショップアイテムの追加などを行うと発表した。

イベント「真・こどもの日プレゼント」は、4月28日(火)のメンテナンス後から5月13日(水)のメンテナンス前までの実施。期間中のみ出現するという、非常に足の速いイベントモンスター3種(高速ハニービー・早足ブルームバンブー・韋駄天河童)を倒し、チマキの材料を手に入れるのが目的となる。

ただし、材料アイテムを手に入れるには、同じく期間中のみアイテムショップにて販売されるイベントアイテム「マジックハンド」(0Point)を持った状態で、上記モンスターを倒さなければならないとのことなので注意しよう。

そのほか、追加されるアイテムの詳細など、詳しいアップデート内容については以下のとおり。

◆『テイルズウィーバー』4月28日(火)アップデート概要

1:「真・こどもの日プレゼント」イベントを開始
【イベント名】
真・こどもの日プレゼント
【イベント期間】
2009年4月28日(火)メンテナンス後 〜 2009年5月13日(水)メンテナンス前
【イベント概要】
もうすぐこどもの日! 「チマキ」を食べたがっているカウルの四つ子のために、チマキの材料を集めよう。
【イベント進行手順】
1:カウルのNPC「アルビナ」に話しかけ、チマキの材料を集める依頼を受ける。
2:イベント期間中のみアイテムショップで販売する「マジックハンド」(0Point)を持った状態で、イベントモンスター「高速ハニービー」「早足ブルームバンブー」「韋駄天河童」を攻撃。
3:必要な材料アイテムを全て持ってNPCアルビナに話しかけると、「真・こどもの日プレゼント」を1個もらうことができる。

2.ゲーム内アイテムを追加
【装備アイテム】
・ファンキーサングラス
・妖精の花
など

3:アイテムショップにアイテムを追加
新作アバター10種類を詰め込んだアバター宝箱「皐月」や、好きな時に効果を発動できる消費型経験値上昇アイテム「修練の結晶」などを追加。
【宝箱】
・アバター宝箱「皐月」 200P/30日
※アバター宝箱「皐月」から出現するアバター装備
宝刀村正、名もなき武将の兜、亡鬼の影、呪いの子面、少女幽霊、ゴールデンゴーグル帽子、ゴールドローズストール、豪華なお茶会、ゴールドローズの髪飾り、黄千の黄金の黄泉の帽子
※各アバターは宝箱を開封した時点から30日間の有効期限付き
※4月28日(火)メンテナンス後 〜 5月13日(水)メンテナンス前までの限定販売
【超効果!】
・修練の結晶 200P/30日
・修練の結晶(6個)1,000P/30日
※クリックして使用すると、120分間モンスターからの獲得経験値が1.5倍
※気絶すると効果は消滅
※修練の石、長寿のお守り、経験値上昇イベント等と重複可
【マジック】
・マジックハンド 0P/30日
※4月28日(火)メンテナンス後 〜 5月13日(水)メンテナンス前までの限定販売(イベントアイテム)
Gpara.com

編集部おすすめの記事

PCゲーム アクセスランキング

  1. 【特集】Steam名作オンラインCo-opゲームから貴方にお薦めタイトルをご紹介!

    【特集】Steam名作オンラインCo-opゲームから貴方にお薦めタイトルをご紹介!

  2. 【特集】『無料で遊べるPC用ホラーゲーム』20選―国内&海外の極上フリーゲームを厳選!

    【特集】『無料で遊べるPC用ホラーゲーム』20選―国内&海外の極上フリーゲームを厳選!

  3. 話題の“刀”美男子化SLG『刀剣乱舞 -ONLINE-』登場キャラ20名を一挙紹介

    話題の“刀”美男子化SLG『刀剣乱舞 -ONLINE-』登場キャラ20名を一挙紹介

  4. 話題の『ヤンデレシミュレーター』をやってみた…物理的にライバルを排除する恋愛ACT

  5. 初音ミクのVRリズムアクションが登場! STEAM向けに今春リリース

  6. 【特集】『クトゥルフ神話RPG 血塗られた天女伝説』“SAN値直葬”な恐怖に立ち向かえ!ドット絵が想像力と畏怖をかき立てる一作

  7. 【特集】『Steamの名作ホラー』総まとめ―背筋が凍るおすすめ作品を網羅

  8. 【特集】20年をむかえる『Ultima Online』は今でも楽しめるのか―もう一度ブリタニアへ…

  9. 『PUBG』中国のリージョンロック求める署名運動が発起―既に約4,000人が参加

アクセスランキングをもっと見る