人生にゲームをプラスするメディア

新作が発売されると旧作の値段も上がる?−海外の調査結果

シリーズの新作が発売されると、旧作の価格も上がるとする調査結果が発表されました。

ゲームビジネス その他
シリーズの新作が発売されると、旧作の価格も上がるとする調査結果が発表されました。

海外サイトVideoGamePriceChartは『バイオハザード5』の発売後に『バイオハザード』の価格が上昇したり、『ストリートファイターIV』の発売後に『ストリートファイター アニバーサリーコレクション』の価格が上昇するなどの例を挙げて、新作が旧作の価格を引き上げるとしています。

『ストリートファイター アニバーサリーコレクション』は『IV』の発売後価格がアップ『バイオハザード』の価格推移。『5』の発売が近づくにつれて上昇


『メタルギアソリッド』も『4』の発売後に価格が上昇『コール オブ デューティ:ファイネスト アワー』は『4』と『World at War』の発売後、二度にわたって価格が上昇



上昇した価格は2〜3ヵ月で元に戻るものの、このパターンに当てはまらない価格変動も存在すると指摘。『大乱闘スマッシュブラザーズDX』は『大乱闘スマッシュブラザーズX』の発売後に逆に価格が下がり、『ペルソナ2 罰』は『ペルソナ4』が発売されても価格はあまり変化しなかったといいます。

『ペルソナ2 罰』の価格は何度かの山を経て安定『大乱闘スマッシュブラザーズDX』は『X』が発売された後、価格が降下している


VideoGamePriceChartは、ゲームを楽しみたければシリーズの新作が出る2ヵ月前に買い、売る時は1ヵ月以内に売ることを勧めています。

旧作の価格が上がる理由としては、シリーズの新作から始めた人が旧作を遊びたいと思うことなどが考えられますが、旧作と新作でシステムに大きな変化があるか、ストーリー的な繋がりがあるか……といった部分も影響しているのではないでしょうか。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ゲーム1本の開発期間は平均16ヶ月、開発者の38%が据置機に携わりたいと思っている…CEDECのゲーム開発者調査が公開

    ゲーム1本の開発期間は平均16ヶ月、開発者の38%が据置機に携わりたいと思っている…CEDECのゲーム開発者調査が公開

  2. 【CEDEC 2011】心に響くSEはこうして生まれる・・・SEマンのこだわりとは

    【CEDEC 2011】心に響くSEはこうして生まれる・・・SEマンのこだわりとは

  3. 本格機能を毎日1時間無料で利用可能!ペイントツール「CLIP STUDIO PAINT」iPhone版がリリース

    本格機能を毎日1時間無料で利用可能!ペイントツール「CLIP STUDIO PAINT」iPhone版がリリース

  4. プレイステーション3、Xbox360の累計販売台数を上回る・・・調査会社IDCが報告

  5. 『マインクラフト』生みの親ノッチの声明全文 ― MS買収のMojangを去る理由とは

  6. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  7. 【GDC 2015】高品質のスマホゲームを連発する技はプロトタイピングにあり

  8. 汎用2Dアニメーション作成ツール「SpriteStudio」最新バージョンの新機能とは【CEDEC 2018】

  9. 漫画界の巨匠、里中満智子氏がゲーム開発者に語った日本のクリエイティブの背景

  10. 【GDC 2013 報告会】ハードルは高くない!GDC旅行記2013・・・中林寿文氏

アクセスランキングをもっと見る