人生にゲームをプラスするメディア

異星人の来襲、シャドウとの戦い、雷電の活躍……ゲームの2009年はどんな年?

ゲームビジネス その他

異星人の来襲、シャドウとの戦い、雷電の活躍……ゲームの2009年はどんな年?
  • 異星人の来襲、シャドウとの戦い、雷電の活躍……ゲームの2009年はどんな年?
海外ゲームサイトKotakuは「ゲーム内における2009年」と題し、様々なゲーム内の設定における「2009年」にどんな事件が起こったかをまとめています。

まずはKotaku謹製の「2009年」年表をごらんあれ。
様々なゲームの出来事がまとめられた労作です。



ゲーム内における「2009年」はなかなか忙しい年の模様。
『ペルソナ3』では私立月光館学園の面々がペルソナ能力でシャドウと戦い、『メタルギアソリッド2』のプラント編ではテロリスト集団「サンズ・オブ・リバティ」からアメリカ大統領を救うべく、雷電が活躍。

『ディノクライシス』では「サードエナジー」を研究するカーク博士を奪還するためのチームが組織され、『ロックマン』ではロボット軍団が人類を襲撃(設定上では200X年とされているがKotakuとしては2009年扱い)。

『インカミング 人類最終決戦』においてはエイリアンが地球にやってきて、『レインボーシックス3 ロックダウン』ではバイオテロの脅威から人々を守るべくレインボーチームが奮闘。『Shattered Union』では新たな南北戦争が始まってしまいます。

Kotakuによると、「世界の終わりが5度回避され、地球のセキュリティへの重大な脅威が6つ無効化された」とのこと。こうした事柄の原因は強欲や野心、科学的な無責任から発しており、全て人間の責任。騒動だらけの2009年はゲームのキャラクターにとって良い年ではなかった……と締めくくっています。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

    中国当局のゲーム販売認可機関が承認を凍結―日本のゲームメーカーにも影響

  2. 『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

    『モンハン:ワールド』発売停止も影響か?テンセント株が大幅下落―時価総額は15億ドル減少

  3. Unreal Engineのオンライン学習サイトが登場!誰でも無料で利用可能

    Unreal Engineのオンライン学習サイトが登場!誰でも無料で利用可能

  4. ラーメン屋VRゲーム『カウンターファイト』に挑戦!大繁盛で店主ヘロヘロ…

  5. 【DEVELOPER'S TALK】手のひらサイズでも「ACE」級、iPhoneアプリ『ACE COMBAT Xi Skies of Incursion』開発チームのチャレンジ

  6. 「攻殻機動隊」VRアプリが配信スタート サイバー感溢れる映像が360度で展開

  7. 「創点 弟子入りプロジェクト」で次世代を育てたいーディライトワークス塩川洋介氏インタビュー

  8. ゲームのナラティブはどうして議論がわかりにくい? 立命館大学ゲーム研究センターの研究員が徹底議論

  9. バンダイナムコの本社が移転 ― 品川の未来研究所から、東京都港区へ

  10. 【インタビュー】「ゲーマーの社会的価値を上げたい」OPENREC.tvに込められた想いとはーーCyberZ取締役に訊く

アクセスランキングをもっと見る