人生にゲームをプラスするメディア

異星人の来襲、シャドウとの戦い、雷電の活躍……ゲームの2009年はどんな年?

ゲームビジネス その他

異星人の来襲、シャドウとの戦い、雷電の活躍……ゲームの2009年はどんな年?
  • 異星人の来襲、シャドウとの戦い、雷電の活躍……ゲームの2009年はどんな年?
海外ゲームサイトKotakuは「ゲーム内における2009年」と題し、様々なゲーム内の設定における「2009年」にどんな事件が起こったかをまとめています。

まずはKotaku謹製の「2009年」年表をごらんあれ。
様々なゲームの出来事がまとめられた労作です。



ゲーム内における「2009年」はなかなか忙しい年の模様。
『ペルソナ3』では私立月光館学園の面々がペルソナ能力でシャドウと戦い、『メタルギアソリッド2』のプラント編ではテロリスト集団「サンズ・オブ・リバティ」からアメリカ大統領を救うべく、雷電が活躍。

『ディノクライシス』では「サードエナジー」を研究するカーク博士を奪還するためのチームが組織され、『ロックマン』ではロボット軍団が人類を襲撃(設定上では200X年とされているがKotakuとしては2009年扱い)。

『インカミング 人類最終決戦』においてはエイリアンが地球にやってきて、『レインボーシックス3 ロックダウン』ではバイオテロの脅威から人々を守るべくレインボーチームが奮闘。『Shattered Union』では新たな南北戦争が始まってしまいます。

Kotakuによると、「世界の終わりが5度回避され、地球のセキュリティへの重大な脅威が6つ無効化された」とのこと。こうした事柄の原因は強欲や野心、科学的な無責任から発しており、全て人間の責任。騒動だらけの2009年はゲームのキャラクターにとって良い年ではなかった……と締めくくっています。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『実況パワフルプロ野球2018』『Bravo Team』『英雄伝説 閃の軌跡II:改 The Erebonian Civil War』他

    今週発売の新作ゲーム『実況パワフルプロ野球2018』『Bravo Team』『英雄伝説 閃の軌跡II:改 The Erebonian Civil War』他

  2. ミクシィXFLAG スタジオに訊くゲーム開発現場での“業務効率化”-我々が『SHOTGUN』を導入したワケ

    ミクシィXFLAG スタジオに訊くゲーム開発現場での“業務効率化”-我々が『SHOTGUN』を導入したワケ

  3. 海外版メガドライブ新型「Sega Genesis Flashback」発表―ソフト80本以上内蔵、携帯機も【UPDATE】

    海外版メガドライブ新型「Sega Genesis Flashback」発表―ソフト80本以上内蔵、携帯機も【UPDATE】

  4. あのユークスが漫画連載!JKプロレス漫画「ロリクラ☆ほーるど!」作家インタビュー…プロレス愛からパンツのエンタメ性まで

  5. 一般版『VRカノジョ』、教育機関向け「VR Kanojo for Academic use」プログラム発表―VRの研究・勉強目的の無料配布

  6. 【おしらせ】Yahoo!JAPAN IDでのログインに対応しました

  7. 【CEDEC 2017】ゲームの特許は難しくない!だれでもわかる効果的なゲーム特許の取得方法

  8. 「支払いたいだけ支払う」Pay What You Want: 欧米で広がる新たなゲーム販売・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第21回

  9. 技術と企画の幸運な出会い・・・NHN JapanとCRIのコラボレーション『倉木麻衣★ムービーパズル』

  10. 【特集】パルマー・ラッキーの裏側―次は『君の名は。』三葉のコスプレを

アクセスランキングをもっと見る

1