人生にゲームをプラスするメディア

異星人の来襲、シャドウとの戦い、雷電の活躍……ゲームの2009年はどんな年?

ゲームビジネス その他

異星人の来襲、シャドウとの戦い、雷電の活躍……ゲームの2009年はどんな年?
  • 異星人の来襲、シャドウとの戦い、雷電の活躍……ゲームの2009年はどんな年?
海外ゲームサイトKotakuは「ゲーム内における2009年」と題し、様々なゲーム内の設定における「2009年」にどんな事件が起こったかをまとめています。

まずはKotaku謹製の「2009年」年表をごらんあれ。
様々なゲームの出来事がまとめられた労作です。



ゲーム内における「2009年」はなかなか忙しい年の模様。
『ペルソナ3』では私立月光館学園の面々がペルソナ能力でシャドウと戦い、『メタルギアソリッド2』のプラント編ではテロリスト集団「サンズ・オブ・リバティ」からアメリカ大統領を救うべく、雷電が活躍。

『ディノクライシス』では「サードエナジー」を研究するカーク博士を奪還するためのチームが組織され、『ロックマン』ではロボット軍団が人類を襲撃(設定上では200X年とされているがKotakuとしては2009年扱い)。

『インカミング 人類最終決戦』においてはエイリアンが地球にやってきて、『レインボーシックス3 ロックダウン』ではバイオテロの脅威から人々を守るべくレインボーチームが奮闘。『Shattered Union』では新たな南北戦争が始まってしまいます。

Kotakuによると、「世界の終わりが5度回避され、地球のセキュリティへの重大な脅威が6つ無効化された」とのこと。こうした事柄の原因は強欲や野心、科学的な無責任から発しており、全て人間の責任。騒動だらけの2009年はゲームのキャラクターにとって良い年ではなかった……と締めくくっています。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ニンテンドースイッチ版『RiME』にシリコンスタジオの「Enlighten」を初採用─絵画のように美しい世界を豊かに演出

    ニンテンドースイッチ版『RiME』にシリコンスタジオの「Enlighten」を初採用─絵画のように美しい世界を豊かに演出

  2. 今週発売の新作ゲーム『逆転裁判4』『MONSTER OF THE DEEP: FINAL FANTASY XV』『初音ミク Project DIVA Future Tone DX』他

    今週発売の新作ゲーム『逆転裁判4』『MONSTER OF THE DEEP: FINAL FANTASY XV』『初音ミク Project DIVA Future Tone DX』他

  3. 建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

    建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

  4. 「alive2017」定員を300名から350名に変更し、11/20 18時より先着順で2次募集を開始

  5. サウジアラビアの“ミスク財団”とスクエニ・グループが覚書締結

  6. 無許可でサーバー設置、中国人二人を逮捕・・・オンラインゲームなどに利用

  7. 海外版メガドライブ新型「Sega Genesis Flashback」発表―ソフト80本以上内蔵、携帯機も【UPDATE】

  8. スクエニ、平成29年3月期は『FF15』など好調―売上高/利益も過去最高に

  9. 【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

  10. セタが解散へ―『スーパーリアル麻雀』や『森田将棋』で知られる

アクセスランキングをもっと見る