人生にゲームをプラスするメディア

米国ゲーマーの多くは去年と同程度かそれ以上の額をゲームに使う−米調査結果

米国の調査会社NPDグループは、米国のゲーマーの多くは2008年と同程度かそれ以上の額をゲームに費やす予定であるとする調査結果を発表しました。

ゲームビジネス その他
米国の調査会社NPDグループは、米国のゲーマーの多くは2008年と同程度かそれ以上の額をゲームに費やす予定であるとする調査結果を発表しました。

調査対象となった10000人のうち65.5%は2008年と同じくらいもしくは多くの額をゲームに使うと回答。同社のアナリストであるRuss Crupnick氏は「経済が下降傾向にあるなかでもエンターテイメントは人気のある出費カテゴリー」であり、「エンターテイメント関係のバイヤーの間には経済に関しての不安があるが、消費者は魅力的なコンテンツがあれば店または劇場に戻ってくると示された」とコメントしています。

世界的な不況の影響によりレイオフが相次ぐ海外ゲーム界ですが、消費者の多くが去年と同程度かそれ以上の額を使う予定と考えているのは心強いところではないでしょうか。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 『アズールレーン』ケッコンVRでフッドさんとハッピーウェディング【レポート】

    『アズールレーン』ケッコンVRでフッドさんとハッピーウェディング【レポート】

  2. 東京ゲームショウ2011のメインビジュアルが決定

    東京ゲームショウ2011のメインビジュアルが決定

  3. 「CEDEC 2018」で存在感を放ったリアルタイムアンケートシステム「respon」の魅力とは

    「CEDEC 2018」で存在感を放ったリアルタイムアンケートシステム「respon」の魅力とは

  4. 家電量販店「さくらや」清算へ・・・一部店舗はビックカメラが引き継ぎ

  5. マリオファクトリー南柏店レポート

  6. 【GDC 2015】2人で作って10億円を稼いだ『クロッシーロード』のサクセスストーリー

  7. ドン・キホーテでVR動画スターターセットが先行発売! DMMで使える動画ポイント付き

  8. PS4で配信予定の「東方」同人ゲームに対し、グレフが『旋光の輪舞』のライセンスを許諾

  9. 【Unite Japan 2014】FlashデザイナーにとってSpriteStudioは福音なのか・・・KLabが直面したアニメーション制作の課題とは?

  10. 暗い場所も味方になる! 高級ゲーミング液晶モニターEIZO「FORIS FS2333」レビュー

アクセスランキングをもっと見る