人生にゲームをプラスするメディア

海外ゲーマーが『ゼルダの伝説』をイメージしたカクテルを制作

ゲームビジネス その他

海外ゲーマーが『ゼルダの伝説』をイメージしたカクテルを制作
  • 海外ゲーマーが『ゼルダの伝説』をイメージしたカクテルを制作
海外サイトThe Domestic Scientistは、ゲーマーのためのカクテル「トライフォース」を公開しています。



『ゼルダの伝説』シリーズに登場する聖なる三角「トライフォース」をイメージしたカクテルとなっています。

「ゼルダファンは「トライフォース」が勇気(リンク)、知恵(ゼルダ)、力(ガノン)の三つのパーツから構成されているのを知っているが、これはカクテルのためのインスピレーションとなった」とのこと。

カクテルに使用するお酒もキャラクターをイメージしたものとなっています。
リンクのために「液体の勇気」と呼ばれるダークラムをチョイス。ゼルダの少女らしい軽快さにちなみ、バナナフレーバーのシュナップス「99 Bananas」を使用
「ガノンの強さにリスペクトを表して」シナモン味と甘味の強いスイスのリキュール「Goldschlager」を選びます。

「トライフォース」カクテルは、スムースに飲めるが強く、特に「Goldschlager」のシナモンが印象的な味となるそうです。「トライフォース」の記事を書いたThe Domestic Scientistのスタッフは下戸ですが、それでもこれは美味しかったとのこと。「Goldschlager」には24Kの金箔が入っており、それがクールな見た目に一役買っているといいます。

ゲームにちなんだカクテルとは、いかにも海外ゲーマーらしい発想といえるでしょう。

日本では「未成年者飲酒禁止法」により満20歳以下の飲酒が禁止されています。
あくまで20歳を越えたゲーマーによる大人の遊びであり、個人がゲームのキャラクターをイメージしてダークラム、「99 Bananas」「Goldschlager」を選び「トライフォース」と名付けたものですので、念のため。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ゲームクリエイター・中裕司氏がスクエニに入社―これまで通りゲーム開発に従事

    ゲームクリエイター・中裕司氏がスクエニに入社―これまで通りゲーム開発に従事

  2. 今週発売の新作ゲーム『モンスターハンター:ワールド』『七つの大罪 ブリタニアの旅人』『The Inpatient 闇の病棟』他

    今週発売の新作ゲーム『モンスターハンター:ワールド』『七つの大罪 ブリタニアの旅人』『The Inpatient 闇の病棟』他

  3. VR空間を自分の足で歩ける「Virtuix Omni」日本向け並行輸入品登場、早期予約で約14万円

    VR空間を自分の足で歩ける「Virtuix Omni」日本向け並行輸入品登場、早期予約で約14万円

  4. 『ブレイブウィッチーズ VR』がSteamで配信開始―「雁淵ひかり」を操作して大空を舞うシューティング

  5. 海外版メガドライブ新型「Sega Genesis Flashback」発表―ソフト80本以上内蔵、携帯機も【UPDATE】

  6. VR『ひぐらしのなく頃に現』を発表! 竜騎士07の新規シナリオで描く─VR体験会を5月19日に実施

  7. 9割がお蔵入りする個人制作ゲーム、完成させる秘訣は - IGDA日本SIG-Indie研究会レポート

  8. 7月14日オープンの「VR ZONE SHINJUKU」詳細発表! 『マリオカート』や「攻殻」のアクティビティも─気になる料金は?

  9. 『P.T.』の影響受けた一人称ホラー『Allison Road』開発再開!

  10. 今週発売の新作ゲーム『ディシディア ファイナルファンタジー NT』『しあわせ荘の管理人さん。』他

アクセスランキングをもっと見る