人生にゲームをプラスするメディア

マイクロペイメントは将来有望、数千億円規模の市場に成長

ゲームビジネス その他

英BBCはマイクロペイメントが将来有望であるとする記事を発表しました。

マイクロペイメントとは少額の電子決済で、現在では「Bit Cash」や「WebMoney」といったプリペイド型が主流となりつつあります。

この記事ではゲームにおけるマイクロペイメントは「基本無料+アイテム課金」形式が主流であると分析。マイクロペイメントは韓国や中国と言ったアジア圏で好評であり、これは不正コピーなどへの対策の意味もあるとのこと。
「基本無料+アイテム課金」の『Mob Wars』では、アイテムなどの仮想商品が一月で667,000ポンド(約1000万円)売れたとされています。

ソーシャルゲームを提供するロンドンのPlayfishは、わずか18ヵ月でユーザーを20万人から60万人へ増加させた実績を持ち、人気コンテンツである『Pets Society』は1日当たり30000人が利用しているといいます。同ゲームでの平均使用額は、一ヶ月当たり5〜15ポンド(約700〜2200円)であり、少額決済できる「マイクロペイメントのフレキシブルさ」が有効に作用しているとのこと。

マイクロペイメントは数十億ドル(約数千億円)規模の市場に成長する可能性があり、決済手段としての携帯電話が有効であるも、「貪欲さがゲームプレイを超えること」へ警鐘を鳴らす人々もいます。有料販売されるアイテムが強力すぎたり、作り手がアイテム販売にあまりに熱心になるとゲーム自体が損なわれるという危惧です。

BBCはOprah Winfrey Networkのモバイル部門のチェアマンであるRob Tercek氏の「大きな銃や良い靴を買ったからといって、これらの品がゲームを変えてははならない」という発言や、iPhone / iPod用アプリを開発する気鋭のメーカーngmocoのNeil Young氏の「我々がゲームメーカーとして学ばなければならないのは、慎重なバランスです」という発言を引用し、有料アイテムの過熱はゲーム界にプラスにならないとする見解を明らかにしています。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ゲームクリエイター・中裕司氏がスクエニに入社―これまで通りゲーム開発に従事

    ゲームクリエイター・中裕司氏がスクエニに入社―これまで通りゲーム開発に従事

  2. 今週発売の新作ゲーム『モンスターハンター:ワールド』『七つの大罪 ブリタニアの旅人』『The Inpatient 闇の病棟』他

    今週発売の新作ゲーム『モンスターハンター:ワールド』『七つの大罪 ブリタニアの旅人』『The Inpatient 闇の病棟』他

  3. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

    「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  4. 発覚!元任天堂広報H氏2度目の転職

  5. 【DEVELOPER'S TALK】手のひらサイズでも「ACE」級、iPhoneアプリ『ACE COMBAT Xi Skies of Incursion』開発チームのチャレンジ

  6. 【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

  7. 新感覚エンターテインメント、『マリオファクトリー』レポート

  8. 【CEDEC 2010】イストピカ福島氏が語る「家庭用ゲーム開発者のソーシャルへの転身」

  9. 「サムスの性別は決まっていなかった」「2Dメトロイドは機会があれば」任天堂坂本氏が『メトロイド』を語る

  10. 【Unite Japan 2014】FlashデザイナーにとってSpriteStudioは福音なのか・・・KLabが直面したアニメーション制作の課題とは?

アクセスランキングをもっと見る