人生にゲームをプラスするメディア

マイクロペイメントは将来有望、数千億円規模の市場に成長

ゲームビジネス その他

英BBCはマイクロペイメントが将来有望であるとする記事を発表しました。

マイクロペイメントとは少額の電子決済で、現在では「Bit Cash」や「WebMoney」といったプリペイド型が主流となりつつあります。

この記事ではゲームにおけるマイクロペイメントは「基本無料+アイテム課金」形式が主流であると分析。マイクロペイメントは韓国や中国と言ったアジア圏で好評であり、これは不正コピーなどへの対策の意味もあるとのこと。
「基本無料+アイテム課金」の『Mob Wars』では、アイテムなどの仮想商品が一月で667,000ポンド(約1000万円)売れたとされています。

ソーシャルゲームを提供するロンドンのPlayfishは、わずか18ヵ月でユーザーを20万人から60万人へ増加させた実績を持ち、人気コンテンツである『Pets Society』は1日当たり30000人が利用しているといいます。同ゲームでの平均使用額は、一ヶ月当たり5〜15ポンド(約700〜2200円)であり、少額決済できる「マイクロペイメントのフレキシブルさ」が有効に作用しているとのこと。

マイクロペイメントは数十億ドル(約数千億円)規模の市場に成長する可能性があり、決済手段としての携帯電話が有効であるも、「貪欲さがゲームプレイを超えること」へ警鐘を鳴らす人々もいます。有料販売されるアイテムが強力すぎたり、作り手がアイテム販売にあまりに熱心になるとゲーム自体が損なわれるという危惧です。

BBCはOprah Winfrey Networkのモバイル部門のチェアマンであるRob Tercek氏の「大きな銃や良い靴を買ったからといって、これらの品がゲームを変えてははならない」という発言や、iPhone / iPod用アプリを開発する気鋭のメーカーngmocoのNeil Young氏の「我々がゲームメーカーとして学ばなければならないのは、慎重なバランスです」という発言を引用し、有料アイテムの過熱はゲーム界にプラスにならないとする見解を明らかにしています。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『逆転裁判4』『MONSTER OF THE DEEP: FINAL FANTASY XV』『初音ミク Project DIVA Future Tone DX』他

    今週発売の新作ゲーム『逆転裁判4』『MONSTER OF THE DEEP: FINAL FANTASY XV』『初音ミク Project DIVA Future Tone DX』他

  2. ニンテンドースイッチ版『RiME』にシリコンスタジオの「Enlighten」を初採用─絵画のように美しい世界を豊かに演出

    ニンテンドースイッチ版『RiME』にシリコンスタジオの「Enlighten」を初採用─絵画のように美しい世界を豊かに演出

  3. 建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

    建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

  4. ポケモンはここで作られる!ゲームフリーク訪問記(前編)

  5. 暗い場所も味方になる! 高級ゲーミング液晶モニターEIZO「FORIS FS2333」レビュー

  6. 「alive2017」定員を300名から350名に変更し、11/20 18時より先着順で2次募集を開始

  7. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

  8. 【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

  9. ドン・キホーテでVR動画スターターセットが先行発売! DMMで使える動画ポイント付き

  10. 横スクACT『INSIDE』のサウンドは“人間の頭蓋骨”を通して録音されていた!

アクセスランキングをもっと見る