人生にゲームをプラスするメディア

マイクロペイメントは将来有望、数千億円規模の市場に成長

ゲームビジネス その他

英BBCはマイクロペイメントが将来有望であるとする記事を発表しました。

マイクロペイメントとは少額の電子決済で、現在では「Bit Cash」や「WebMoney」といったプリペイド型が主流となりつつあります。

この記事ではゲームにおけるマイクロペイメントは「基本無料+アイテム課金」形式が主流であると分析。マイクロペイメントは韓国や中国と言ったアジア圏で好評であり、これは不正コピーなどへの対策の意味もあるとのこと。
「基本無料+アイテム課金」の『Mob Wars』では、アイテムなどの仮想商品が一月で667,000ポンド(約1000万円)売れたとされています。

ソーシャルゲームを提供するロンドンのPlayfishは、わずか18ヵ月でユーザーを20万人から60万人へ増加させた実績を持ち、人気コンテンツである『Pets Society』は1日当たり30000人が利用しているといいます。同ゲームでの平均使用額は、一ヶ月当たり5〜15ポンド(約700〜2200円)であり、少額決済できる「マイクロペイメントのフレキシブルさ」が有効に作用しているとのこと。

マイクロペイメントは数十億ドル(約数千億円)規模の市場に成長する可能性があり、決済手段としての携帯電話が有効であるも、「貪欲さがゲームプレイを超えること」へ警鐘を鳴らす人々もいます。有料販売されるアイテムが強力すぎたり、作り手がアイテム販売にあまりに熱心になるとゲーム自体が損なわれるという危惧です。

BBCはOprah Winfrey Networkのモバイル部門のチェアマンであるRob Tercek氏の「大きな銃や良い靴を買ったからといって、これらの品がゲームを変えてははならない」という発言や、iPhone / iPod用アプリを開発する気鋭のメーカーngmocoのNeil Young氏の「我々がゲームメーカーとして学ばなければならないのは、慎重なバランスです」という発言を引用し、有料アイテムの過熱はゲーム界にプラスにならないとする見解を明らかにしています。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 今週発売の新作ゲーム『マリオテニス エース』『New ガンダムブレイカー』『The Lost Child』『Minecraft』『Musynx』他

    今週発売の新作ゲーム『マリオテニス エース』『New ガンダムブレイカー』『The Lost Child』『Minecraft』『Musynx』他

  2. “推しメン休暇”って実際どうなの?どんなキャラでもいいの?ジークレスト代表&社員にアレコレ聞いてみる

    “推しメン休暇”って実際どうなの?どんなキャラでもいいの?ジークレスト代表&社員にアレコレ聞いてみる

  3. 脳トレは脳の老化を防ぐ?米政府が脳トレゲームを研究開発中

    脳トレは脳の老化を防ぐ?米政府が脳トレゲームを研究開発中

  4. OPTPiXはこうして生まれた!ウェブテクノロジ設立物語(後編)・・・「OPTPiXを256倍使うための頁」第4回

  5. 【レポート】アーケード型VRホラーゲーム『脱出病棟Ω』を4人でプレイ!怖すぎて店内に悲鳴が響き渡る

  6. 今週発売の新作ゲーム『Jurassic World Evolution』『グランクレスト戦記』『GOD WARS 日本神話大戦』『スーパーボンバーマンR』他

  7. 【レポート】VRロボゲー『アーガイルシフト』のロマンと没入感が凄い!男の子の夢、これで叶います

  8. シングが破産手続きへ・・・『アナザーコード』や『王様物語』などを手がける

  9. 「高知県からスタークリエイターを」―若き経営者の考える地域の未来

  10. テクモ労働組合の2名が残業代の支払いを求めて提訴

アクセスランキングをもっと見る