人生にゲームをプラスするメディア

飛行船、領地戦、空中戦…『リネージュII』大規模アップデートを実装

エヌ・シー・ジャパンは2009年4月7日(火)、MMORPG『リネージュII 〜The Chaotic Throne〜』において大規模アップデートを行い、『リネージュII セカンドスローン アルティメット 天空の覇者』としてサービスを開始した。

PCゲーム オンラインゲーム
リネージュII
  • リネージュII
  • リネージュII
  • リネージュII
  • リネージュII
  • リネージュII
  • リネージュII
  • リネージュII
  • リネージュII
エヌ・シー・ジャパンは2009年4月7日(火)、MMORPG『リネージュII 〜The Chaotic Throne〜』において大規模アップデートを行い、『リネージュII セカンドスローン アルティメット 天空の覇者』としてサービスを開始した。

今回実施された大規模アップデートでは、新たな移動手段として「定期飛行船」が登場。定期飛行船を利用することによって、新たに実装された新マップ「グレイシア大陸」への移動が可能となる。

定期飛行船は「グルーディオ飛行船乗船場」と「クセルス同盟連合基地」の間を往復する。グルーディオ飛行船乗船場へは、「話せる島の村」と「グルーディオ城の村」にいるゲートキーパー移動することが可能。また、各村の「グレシア 敗残兵」に一定費用を支払うことでも移動することができる。さらに定期飛行船の甲板では、スキルが使用できないPvP(対人戦)ができる、特殊フィールドとなっている。

また、グレシア大陸でのみ使える「血盟飛行船」も新たに追加された。こちらは血盟レベル5以上で使用でき、召喚するには「エンジニア レコン」から入手できる「飛行船召喚許可書」が必要。さらに召喚の際には、「エネルギー スターストーン」を5個消費することになる。なお、血盟飛行船の甲板も、スキルが使用できないPvPが可能な特殊フィールドである。

また、新たなPvPコンテンツ「領地戦」が追加された。領地戦では、自分が所属する領地の血盟員や個人参加者はすべて味方の関係に、他領地の所属したキャラクタはすべて敵の関係となる。既存の血盟が中心となる「攻城戦」と異なり、キャラクタが「傭兵」として領地の紛争に参加し、大陸の覇権を争うことになる。

さらに、空中PvPシステム「クラフト」が新しく実装された。クラフトは、レベル75以上の飛行変身からだスキルを習得したキャラクタが参加可能で、パーティで参加することはできない。競技は2つのチーム分かれて行い、各チームに9名揃った時点でゲームがスタートする。

競技中は、フィールドの中央拠点と守備拠点を破壊するか、相手チームメンバーを倒すことでポイントを入手していく。25分間という競技時間の間に、より多くのポイントを獲得したチームが勝利となる。勝利チームはクラフト内で5分間の空中採集が可能だ。

ほかにも今回のアップデートでは、新たな武器・防具の「ベスペル」シリーズが追加。さらにユーザーからの要望が大きかった「クローク(マント)」シリーズも追加されている。詳細は、以下の特設ページを参照してほしい。
Gpara.com

編集部おすすめの記事

PCゲーム アクセスランキング

  1. 今からはじめる『マインクラフト』マルチプレイ ― 公式サーバー「Realms」導入解説ガイド

    今からはじめる『マインクラフト』マルチプレイ ― 公式サーバー「Realms」導入解説ガイド

  2. DMM、全サービス内通貨を「DMMポイント」に統合…1ポイント=1円で、全サービスで利用可能

    DMM、全サービス内通貨を「DMMポイント」に統合…1ポイント=1円で、全サービスで利用可能

  3. よく聞く「TD」ってなに?今さら聞けない「タワーディフェンス」…基礎から初心者にお勧めのゲームまで徹底紹介

    よく聞く「TD」ってなに?今さら聞けない「タワーディフェンス」…基礎から初心者にお勧めのゲームまで徹底紹介

  4. スマホアプリがPCで遊べる『BlueStacks 4』正式版、配信開始―「より軽く、より速く」を実現!

  5. ちょっぴり通な『FF14』の遊び方ー冒険だけがエオルゼアの魅力じゃない!ゲーム内カフェ・バー文化をご紹介

  6. 【レポート】フリーゲーム『ファウストの悪夢』の雰囲気が禍々しくも美しい…貴方はこの悪夢で何を見ますか?

  7. ヒロイン攻略や萌えがない、シナリオ最重視のADV『アルカディアの灯火』配信!楽園をテーマとした2作を収録

  8. 『The Sims 4(ザ・シムズ4)』のシム作成機能をデモプレイ、自分の再現に挑戦

  9. 無料でプレイできる『マインクラフト』クラシックのブラウザ版公開―10周年記念で

アクセスランキングをもっと見る