人生にゲームをプラスするメディア

ドイツの銃乱射事件はゲームとの関連有り?−「キラーゲーム」をなくせとの声

ドイツでは先日17歳の少年が学校近辺で銃を乱射、警察に捕まる前に自殺するという痛ましい事件が起こったばかりですが、ドイツ警察組合(DPolG)の一部からは「バイオレントなゲームを国で規制すべき」とする意見が出ているようです。

ゲームビジネス その他
ドイツでは先日17歳の少年が学校近辺で銃を乱射、警察に捕まる前に自殺するという痛ましい事件が起こったばかりですが、ドイツ警察組合(DPolG)の一部からは「バイオレントなゲームを国で規制すべき」とする意見が出ているようです。

ドイツはヘッセン州のDPolGチェアマンであるHeini Schmitt氏は今回の乱射事件が暴力的なビデオゲームとも関連がないわけではないと主張。ドイツの若者の3分の1は「定期的かつ依存的にバーチャル世界へ逃避」しており、こうした状況下ではレーティングは無視され、「バーチャルな殺戮世界への逃避が今回のような正気ではない行為をもたらす」とするのがSchmitt氏の考え方。

「キラーゲームがなくなるなら、世界はこれ以上悲惨にならない」とコメントしています。現地の小売店チェーンGaleria Kaufhofが4月から高レーティングのゲームと映画を一般向けのものよりも離れたところに配置する計画を明らかにするなど、事件の波紋はゲーム界にも広がっています。

既に『カウンターストライク』や『FAR CRY2』などのゲームに原因を求める声が上がっているものの、銃社会の方に問題があるとする見方もあり、EDGE-ONLINEには「彼の人生からゲームを取り除いたとしてもいつか大量殺人は起こっただろう。マシンガンを取り除いたなら、大量殺人は二三のアザと黒い目で済んだだろう」と銃社会の問題点を突いたコメントも寄せられています。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 2018年12月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年12月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  2. スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

    スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

  3. 2018年11月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

    2018年11月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  4. ゲーム開発は大変だけど楽しい!アークシステムワークス『GUILTY GEAR』開発チームが学生に語る

  5. 中規模開発ならではの、ユニティの意外な「落とし穴」とは?『三国志コンクエスト』ポストモータム

  6. 任天堂がマイクロソフトにレア社を売却した経緯とは・・・3億7500万ドル巨額買収の裏側

  7. 任天堂アメリカが海外YouTuberに「著作権侵害」申し立て―怒りを露わにした批判映像も

  8. スクエニ、2013年3月期決算 ― 環境変化、欧米苦戦、アミューズメント機器不振により大幅赤字

  9. 【特集】ゲーマーのための「PayPal」ガイド―使い方や登録方法を解説!

  10. 【CEDEC 2010】アサシン・クリードのゲームデザインと開発プロセス

アクセスランキングをもっと見る