人生にゲームをプラスするメディア

【朝刊チェック】ハドソン、はいだしょうこ&高橋名人が歌うお魚応援ソング4月22日発売に

ゲームビジネス その他

本日の朝刊チェックです。

今日は「楽聖忌」です。ドイツの作曲家ベートーベンの命日。楽聖と呼ばれ、数多くの交響曲などで知られるベートーベンは、1827年の今日に死去しました。

スクウェア・エニックスから発売されている『DSでクラシック 聴いてみませんか?』では、ベートーベンの代表的な曲の一部を聴くことが出来ます(ただしフルコーラスではありません)

日経産業新聞4面「ハドソン、お魚応援ソングCDで発売に」
ハドソンは、4月22日に魚をテーマにした音楽CD「お魚のうた はいだしょうこ&高橋名人」を発売します。同23日に発売予定のDSソフト『めざせ!!釣りマスターDS』のテーマ曲として制作したもので、全国漁業共同組合連合会が「お魚応援ソング」として普及に協力します。新作ソフトの宣伝効果に加えて、子供たちに魚の名前を知ってもらう知育効果も狙います。NHKで「うたのおねえさん」として活躍したはいだしょうこさんが歌い、高橋名人として知られているハドソンの高橋利行氏がコーラスに参加しています。価格は1260円。

日経産業新聞4面「デジタルハーツ、ゲームの都福岡に拠点を開設」
ゲームソフト不具合検出のデジタルハーツは4月に福岡市に拠点を開設します。市中心部のビルの一角を賃借し、不具合検出作業向け施設を開設します。ゲームソフト開発会社が多い福岡県内での人材会得を強化します。4月6日に開設する拠点の名称は「デジタルハーツ福岡ラボ」。

福岡市内には『レイトン教授』や『ドラゴンクエストIX』を開発しているレベルファイブなど、有名ソフトの開発会社が集積しています。福岡市は「福岡ゲーム都市宣言」を揚げ企業誘致や人材育成を支援しているほか、ゲームソフト業界初の産官学連携組織も作っています。
《まさと》

特集

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【TGS2017】国内外の注目作が集う「スクウェア・エニックス」ブースレポート

    【TGS2017】国内外の注目作が集う「スクウェア・エニックス」ブースレポート

  2. 【TGS2017】ドキドキ感が溢れる!実写美女の匂いまで体験できるVRコンテンツが登場

    【TGS2017】ドキドキ感が溢れる!実写美女の匂いまで体験できるVRコンテンツが登場

  3. 「東京ゲームショウ2017」にて主催者企画「e-Sports X(イースポーツクロス)」開催決定!

    「東京ゲームショウ2017」にて主催者企画「e-Sports X(イースポーツクロス)」開催決定!

  4. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  5. 【TGS2017】『Fallout 4 VR』プレイレポ!荒廃したVR世界で出会ったのはプレストンでした

  6. 【特集】Nexon Americaの新CEOが語る展望―「KPIはゲームの売上ではない」

  7. 「TGS2017」バンナムブースでは『CODE VEIN』『SAO』『ドラゴンボール ファイターズ』など60タイトルが出展!

  8. シリコンスタジオ、『Enlighten』と『YEBIS』をTGS2017に出展-「リアリズムの追求と開発効率に貢献したい」

  9. 【インタビュー】TGS2017では異色の出展社?!ゲームユーザーのためのPayPalの「覚悟」とは

  10. 【特集】マリオカートやエヴァ搭乗をVRで楽しめる「VR ZONE SHINJUKU」オープン─利用方法は? 要予約なの? まとめてご紹介

アクセスランキングをもっと見る