人生にゲームをプラスするメディア

【GDC 2009】モバイル基調講演「なぜiPhoneは全てを変えたのか」

ゲームビジネス その他

【GDC 2009】モバイル基調講演「なぜiPhoneは全てを変えたのか」
  • 【GDC 2009】モバイル基調講演「なぜiPhoneは全てを変えたのか」
  • 【GDC 2009】モバイル基調講演「なぜiPhoneは全てを変えたのか」
  • 【GDC 2009】モバイル基調講演「なぜiPhoneは全てを変えたのか」
  • 【GDC 2009】モバイル基調講演「なぜiPhoneは全てを変えたのか」
  • 【GDC 2009】モバイル基調講演「なぜiPhoneは全てを変えたのか」
  • 【GDC 2009】モバイル基調講演「なぜiPhoneは全てを変えたのか」
  • 【GDC 2009】モバイル基調講演「なぜiPhoneは全てを変えたのか」
  • 【GDC 2009】モバイル基調講演「なぜiPhoneは全てを変えたのか」
携帯電話向けアプリ開発について議論するGDCの分科会「GDCモバイル」で、元EAのプロデューサー、ニール・ヤング氏は「Why the iPhone just Changed Everything」(なぜiPhoneはすべてを変えたのか)と題した基調講演を行いました。

ヤング氏はゲーム版「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズなどを手がけたことで知られ、昨年独立してiPhone向けのゲームパブリッシャー、ngmocoを設立。アクションゲーム「ROLAND」や、物理エンジンを搭載したパズル「Topple」などをリリースしています。

ヤング氏はiPhoneの登場で業界に市場・ゲーム・ゲーム開発・パブリッシャーという、4つの大きな変化がもたらされたと語りました。



まず市場について、ヤング氏はDS・PSPに比べてiPhone・touchの販売台数が四半期ベースで上回り、累計販売台数でもDSの58%、PSPの32%に達したことを示しました。新作アプリも毎日平均で165本が追加されています。もっとも、iPhone・touchは純粋なゲーム機ではありませんが、それだけ大きな市場に育ったことは、言うまでもありません。

続いてゲームについては、DSや携帯電話よりもグラフィック性能が高いことを示し、タワーディフェンス系ゲームをはじめ、iPhone向きのゲームが人気を集めている現状を示しました。その上で自社からも球体惑星を舞台にしたタワーディフェンス「Star Defense」と、4人までオンライン対戦できるFPS「LiveFire」のビデオを上映しました。これらは同社のサイトで公開されています。

ゲーム開発については、継続的なアップデートが可能になった功績に触れました。「ROLAND」では当初4ワールド、36レベルだったのが、毎回5レベルずつアップデートして、現在は20レベルが追加されているそうです。さらに本年6月には続編「2」としてリリースを予定しており、10月までに再び20レベル分を追加。11月には「3」を投入する計画を明らかにしました。

ただし、iPhoneの成功で大量のゲームがAPP Storeに集まったため、良質なゲームでもヒットが難しくなっている現状を指摘。ユーザーとディベロッパーをつなぐ役割の、ゲーム・パブリッシャーもまた変化を促されていると分析しました。その上で自社の取り組みについて語りました。



iPhoneは6月にOSが3.0にバージョンアップし、月額課金をはじめ、より多様なビジネスモデルが取れるようになります。これにより、MMORPGなどのタイトルも遊べるようになるかもしれません。そうした「携帯ゲーム機としての可能性」を感じさせる内容でした。
《小野憲史》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 海外アナリスト、2022年までのゲーム業界収益予測を公開―PCゲームのアプリ内課金などが牽引力か

    海外アナリスト、2022年までのゲーム業界収益予測を公開―PCゲームのアプリ内課金などが牽引力か

  2. 今週発売の新作ゲーム『ストリートファイターV アーケードエディション』『マリオ+ラビッツ キングダムバトル』『死印』他

    今週発売の新作ゲーム『ストリートファイターV アーケードエディション』『マリオ+ラビッツ キングダムバトル』『死印』他

  3. 【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

    【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

  4. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  5. 株式会社ディンゴが倒産、編集部でも確認―代表作は『フォトカノ』『初音ミク -Project DIVA-』

  6. 2016年米国ゲーム市場の74%が「ダウンロード購入」―ESA報告

  7. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  8. 建築ビジュアライゼーションにも活用される『Enlighten』-ゲーム開発技術との関連性は?ヒストリア代表に訊く

  9. ナツメ、遊技機事業のアタリと経営統合

  10. 【CEDEC 2014】「野生の研究者」のパワーで社会を変える!ニコニコ学会βがめざすも

アクセスランキングをもっと見る