人生にゲームをプラスするメディア

【800文字レビュー】ドラゴンボール エヴォリューション

ソニー PSP

ドラゴンボール エヴォリューション
  • ドラゴンボール エヴォリューション
  • ドラゴンボール エヴォリューション
  • ドラゴンボール エヴォリューション
  • ドラゴンボール エヴォリューション
  • ドラゴンボール エヴォリューション
  • ドラゴンボール エヴォリューション
  • ドラゴンボール エヴォリューション
  • ドラゴンボール エヴォリューション
バンダイナムコゲームスより、2009年3月19日にPSP向けに発売された『ドラゴンボール エヴォリューション』をレビューします。

■PSP版ドラゴンボール エヴォリューションとは?



北米や欧州に先駆けて2009年3月13日より日本で公開されたハリウッド実写映画「ドラゴンボール エヴォリューション」をゲーム化したソフトです。

原作の内容を元にアレンジされ、実写ならではオリジナルストーリーが展開します。発売はバンダイナムコゲームスで、開発元は数多くのドラゴンボールZゲームを手掛けたディンプスです。

■ゲームモード

ゲーム版はどちらかと言うと原作っぽい動き簡単コマンドでプレイ出来ます


映画の物語が忠実に再現されている「ストーリー」、CPU相手に対戦をする「アーケード」、アドホック通信で友達と対戦する「通信対戦」、様々な課題に挑戦してゼニーをゲットする「ミッション」、ゲーム中で手に入れた“ゼニー”を使って映画の設定資料を見ることが出来る「ギャラリー」、そしてクリア後に出てくるモードがひとつあります。もちろん、技の練習が出来る「トレーニング」も実装しています。ゲーム全体の要素はこんな感じです。

■ゲームシステム

ドラゴンボールゲーム初!ブルマが戦う!技も映画を元に再現しています


『ドラゴンボール エヴォリューション』は、同じくディンプスがPSP向けに発売されている『ドラゴンボールZ 真武道会』と『ドラゴンボールZ 真武道会2』のシステムに非常に近く、既存のシリーズをプレイしたことがある人なら違和感無く遊ぶことが出来ます。

亀仙人の魔封波究極技はかっこよく決めたい


「かめはめ波」や「魔封波」などの究極技は1キャラクターに1つずつ用意されていて、気力ゲージ5以上で「↑+○」と入力すると簡単に出せます。

■登場キャラクター

ピッコロ大魔王もいますよ


「孫悟空」「ブルマ」「亀仙人」「ヤムチャ」「孫悟飯」の5人が最初から選ぶことが可能です。「チチ」や「マイ」、「ピッコロ大魔王」などのキャラクターはクリア後に選択して遊ぶことが出来ます。

■PSP版だけのオリジナルストーリー

そして本作最大の注目すべき点、PSP版だけのオリジナルシナリオが用意されていると言う事です。映画の続きが気になる人は是非お買い上げを(笑)
《まさと》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 【TGS2017】『モンスターハンター:ワールド』新フィールド&新モンスター「パオウルムー」などサプライズお披露目!

    【TGS2017】『モンスターハンター:ワールド』新フィールド&新モンスター「パオウルムー」などサプライズお披露目!

  2. 【TGS2017】絶望的な状況だからこそ、希望を―新垣隆氏が思いを語った『EARTH DEFENSE FORCE:IRON RAIN』トークショーレポ

    【TGS2017】絶望的な状況だからこそ、希望を―新垣隆氏が思いを語った『EARTH DEFENSE FORCE:IRON RAIN』トークショーレポ

  3. 【TGS2017】『信長の野望・大志』インタビュー、奥深いシミュレーションはそのままに、「志」で武将の人間らしさを追求

    【TGS2017】『信長の野望・大志』インタビュー、奥深いシミュレーションはそのままに、「志」で武将の人間らしさを追求

  4. 【TGS2017】それは人なのかアンドロイドなのか―徹底した世界観で『Detroit』に迷い込む

  5. 【TGS2017】まつげの長さからシワまで!キャラクリ要素を紹介した『モンスターハンター:ワールド』ステージレポ

  6. 『モンスターハンター:ワールド』狩りに役立つ“特殊装具”とは

  7. 『ガールズ&パンツァー ドリームタンクマッチ』ゲーム内容の最新情報が公開―オンラインでは最大10人の白熱バトルが可能

  8. 【TGS2017】大画面でもVRでも!『グランツーリスモSPORT』で史上最高のドライビング体験!

  9. 『ソードアート・オンライン フェイタル・バレット』の発売日が2018年2月8日に決定―最新トレーラーが公開

  10. 【TGS2017】絶対にまた開催してほしい「Jスタとあそぼう:リアル」レポート―会場はクリエイターとユーザーの笑顔が溢れていた

アクセスランキングをもっと見る