人生にゲームをプラスするメディア

【800文字レビュー】ドラゴンボール エヴォリューション

バンダイナムコゲームスより、2009年3月19日にPSP向けに発売された『ドラゴンボール エヴォリューション』をレビューします。

ソニー PSP
ドラゴンボール エヴォリューション
  • ドラゴンボール エヴォリューション
  • ドラゴンボール エヴォリューション
  • ドラゴンボール エヴォリューション
  • ドラゴンボール エヴォリューション
  • ドラゴンボール エヴォリューション
  • ドラゴンボール エヴォリューション
  • ドラゴンボール エヴォリューション
  • ドラゴンボール エヴォリューション
バンダイナムコゲームスより、2009年3月19日にPSP向けに発売された『ドラゴンボール エヴォリューション』をレビューします。

■PSP版ドラゴンボール エヴォリューションとは?



北米や欧州に先駆けて2009年3月13日より日本で公開されたハリウッド実写映画「ドラゴンボール エヴォリューション」をゲーム化したソフトです。

原作の内容を元にアレンジされ、実写ならではオリジナルストーリーが展開します。発売はバンダイナムコゲームスで、開発元は数多くのドラゴンボールZゲームを手掛けたディンプスです。

■ゲームモード

ゲーム版はどちらかと言うと原作っぽい動き簡単コマンドでプレイ出来ます


映画の物語が忠実に再現されている「ストーリー」、CPU相手に対戦をする「アーケード」、アドホック通信で友達と対戦する「通信対戦」、様々な課題に挑戦してゼニーをゲットする「ミッション」、ゲーム中で手に入れた“ゼニー”を使って映画の設定資料を見ることが出来る「ギャラリー」、そしてクリア後に出てくるモードがひとつあります。もちろん、技の練習が出来る「トレーニング」も実装しています。ゲーム全体の要素はこんな感じです。

■ゲームシステム

ドラゴンボールゲーム初!ブルマが戦う!技も映画を元に再現しています


『ドラゴンボール エヴォリューション』は、同じくディンプスがPSP向けに発売されている『ドラゴンボールZ 真武道会』と『ドラゴンボールZ 真武道会2』のシステムに非常に近く、既存のシリーズをプレイしたことがある人なら違和感無く遊ぶことが出来ます。

亀仙人の魔封波究極技はかっこよく決めたい


「かめはめ波」や「魔封波」などの究極技は1キャラクターに1つずつ用意されていて、気力ゲージ5以上で「↑+○」と入力すると簡単に出せます。

■登場キャラクター

ピッコロ大魔王もいますよ


「孫悟空」「ブルマ」「亀仙人」「ヤムチャ」「孫悟飯」の5人が最初から選ぶことが可能です。「チチ」や「マイ」、「ピッコロ大魔王」などのキャラクターはクリア後に選択して遊ぶことが出来ます。

■PSP版だけのオリジナルストーリー

そして本作最大の注目すべき点、PSP版だけのオリジナルシナリオが用意されていると言う事です。映画の続きが気になる人は是非お買い上げを(笑)
《》

編集部おすすめの記事

ソニー アクセスランキング

  1. 『モンハン:ワールド』「ナナ・テスカトリ」や「ゾラ・マグダラオス」の“歴戦王”が登場決定!『Horizon Zero Dawn』コラボ第3弾の開催も

    『モンハン:ワールド』「ナナ・テスカトリ」や「ゾラ・マグダラオス」の“歴戦王”が登場決定!『Horizon Zero Dawn』コラボ第3弾の開催も

  2. PS4『モンハン:ワールド』アステラ祭【豊穣の宴】が開催!まるで仮装のような「重ね着装備」も続々登場

    PS4『モンハン:ワールド』アステラ祭【豊穣の宴】が開催!まるで仮装のような「重ね着装備」も続々登場

  3. 『GOD EATER 2 RAGE BURST』が10月3日より「PS Plus」のフリープレイで登場決定!

    『GOD EATER 2 RAGE BURST』が10月3日より「PS Plus」のフリープレイで登場決定!

  4. 『キングダム ハーツIII』衝撃的なワンシーン―ソラVSアクアの戦闘画面が公開!

  5. 不気味な怪物との逃走劇が始まる?『DEATH STRANDING』新映像!【TGS2018】

  6. 雄々しく、そして人間らしく―『信長の野望・大志 with パワーアップキット』の小山プロデューサーが語る理想のAI 【TGS2018】

  7. PS4『モンハン:ワールド』受付嬢の新衣装に思わずドキッ!アステラ祭【豊穣の宴】は9月21日から

  8. 【吉田輝和の絵日記】アクションADV『シャドウ オブ ザ トゥームレイダー』刮目!ララの腕力(かいなぢから)

  9. 10年の全てを熟成させた『Devil May Cry 5』は「カッコいい」ありき―クリエイター陣が語る「ファンのために作られたDMC」とは

  10. 『EARTH DEFENSE FORCE: IR』手応えのある操作感、没入度の高いグラフィック、処理落ちなしの巨大生物─全ての体験が刺激的だったプレイレポ【TGS2018】

アクセスランキングをもっと見る