人生にゲームをプラスするメディア

エヌビディア、Wii開発者向けに物理エンジン「PhysX」を提供

エヌビディアは、同社の物理シミュレーションエンジン「PhysX」が任天堂のWiiデベロッパー向けSDKで利用可能になったと発表しました。

任天堂 Wii
エヌビディアは、同社の物理シミュレーションエンジン「PhysX」が任天堂のWiiデベロッパー向けSDKで利用可能になったと発表しました。

PhysXはエヌビディアが買収したAGEIAが開発した物理演算に特化したエンジンです。ゲーム開発で広く利用されていて、プレイステーション3向けにも提供されています。Wiiでも高度な物理演算を使用したゲームの登場につながりそうです。同様のエンジンには「Havok」などがあります。

「任天堂は成功したWiiでホームエンターテイメントを再定義しました。WiiのSDKに新たに加わったPhysXは、デベロッパーやパブリッシャーのクラスプラットフォーム戦略やビジネスにとって非常に重要なものとなるでしょう。エヌビディアのPhysXテクノロジーによってWiiゲーマーはゲームの中のリアルな世界を享受できるようになります」とエヌビディア副社長コンテンツ&テクノロジーのTony Tamasi氏はコメントしています。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. スイッチ版『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』正式発表―タイトルに付いた「S」は“しゃべる”の意味!?

    スイッチ版『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて S』正式発表―タイトルに付いた「S」は“しゃべる”の意味!?

  2. 「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

    「Nintendo Switch Online」はどんな人が入るべき?そのメリットとデメリットをチェックしよう

  3. 『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

    『スプラトゥーン2』使いこなせたらカッコいいブキ10選

  4. 『ぷよぷよeスポーツ』新たな切り口でファン拡大を目指す国民的パズルアクションの真意とは【TGS2018】

  5. 【特集】『スプラトゥーン2』超初心者を脱するための“戦場の鉄則”8箇条

  6. 『ドラゴンクエストビルダーズ2』12月20日に発売決定! 有料DLCの展開も明らかに

  7. 『海腹川背 Fresh!』マップは一つながりの巨大フィールドに! 遊びやすい進化と変わらぬ魅力のワイヤーアクションをいち早く体験【TGS2018】

  8. 『スプラトゥーン2』フェス「つぶあん vs こしあん」はこしあん派のほうが多め!?【読者アンケート】

  9. 「あなたが予想する、『スマブラSP』に新参戦しそうなファイターは?」結果発表― バンダナを巻いたアイツやサルベージャーの少年などが登場!【読者アンケート】

  10. 11本目はファン待望の『バーチャレーシング』に決定! MC8bit氏のセガ愛も熱かったセガゲームス『SEGA AGES』ステージ【TGS2018】

アクセスランキングをもっと見る