人生にゲームをプラスするメディア

『ハウス・オブ・ザ・デッドWii』に「世界一汚い言葉を使ったゲーム」―ギネスが認定

任天堂 Wii

『ハウス・オブ・ザ・デッドWii』に「世界一汚い言葉を使ったゲーム」―ギネスが認定
  • 『ハウス・オブ・ザ・デッドWii』に「世界一汚い言葉を使ったゲーム」―ギネスが認定
ギネスワールドレコード社(Guinness World Records)は、Headstrong Gamesが開発し、セガより発売されたWii向け『ハウス・オブ・ザ・デッド オーバーキル』(The House of the Dead:Overkill)を、世界一汚い言葉が使われたゲームとして認定、ゲーム版ギネスブックである「Guinness World Records Gaming Edition」に掲載すると発表しました。



発表によれば、ゲームでは実に189回も「fuck」という言葉が使われていて、これはゲームの中で3%を占めるということです。

本作のシナリオを書いたJonathan Burroughs氏は「不名誉に捨て去られ批判されるゲームが多い中で、このような賞を受けたことは、曖昧ながら光栄なことだと思います」続けて「グラインドハウスを徹底的にパロディー化するのはゲームの目的でもありました。私たちはそれが認められただけでなく、最高であるという認定を受けてとても満足しています」とコメントしています。

『ハウス・オブ・ザ・デッド オーバーキル』は現在のところ日本国内での発売予定はありません。
《土本学》

編集部おすすめの記事

任天堂 アクセスランキング

  1. 【特集】『スーパーマリオ オデッセイ』小ネタ12選!知ればマリオの旅がもっと楽しくなる!?

    【特集】『スーパーマリオ オデッセイ』小ネタ12選!知ればマリオの旅がもっと楽しくなる!?

  2. 『スプラトゥーン2』新ブキ「ヴァリアブルローラーフォイル」が11月18日より追加―幅広い状況に対応可能!

    『スプラトゥーン2』新ブキ「ヴァリアブルローラーフォイル」が11月18日より追加―幅広い状況に対応可能!

  3. 『ポケモン ウルトラサン・ウルトラムーン』発売! 大森滋が記念イラストを公開、各地の盛り上がりを増田順一が激写

    『ポケモン ウルトラサン・ウルトラムーン』発売! 大森滋が記念イラストを公開、各地の盛り上がりを増田順一が激写

  4. 『PUBG』のBlueholeがPS4/Switch向け新規IPを開発中―アジア市場をターゲットに

  5. Wii版『ドラゴンクエストX』のサービスが終了―多くのプレイヤーから感謝の言葉が届く

  6. 『ゼノブレイド2』「俺は、君のために楽園に行く!」─独特な世界観やバトルシステム、探索要素などを映像で紹介

  7. 『スプラトゥーン2』コラボギアコードが「コロコロコミック」1月号に付属!

  8. 【特集】『星のカービィ』一度は食べてみたいカービィ世界の食べ物10選、あなたが食べたいのはどれ?

  9. 『シノビリフレ』ゲームシステムの詳細が公開―“ファビュラスリフレ”とは一体…

  10. ゲオ、ニンテンドースイッチの抽選販売をアプリ上で実施─店頭での一般販売・抽選販売は期間限定で取りやめ

アクセスランキングをもっと見る