人生にゲームをプラスするメディア

子供に暴力ゲームを遊ばせた親に罰金10000ドル?

ゲームビジネス その他

子供が暴力ゲームを遊んだ場合、親の監督責任を問うという流れが生まれつつあります。

ニュージーランドでは、R18の暴力ゲームなどを子供が遊んだ場合、その親に最高3ヵ月の禁固もしくは10000ニュージーランドドル(約50万円)の罰金が課すべきとする意見があるようです。

ニュージーランドの検閲官であるBill Hastings氏は、こうした本気の姿勢を示すことでレーティングに無関心な両親にショックを与えることが目的であるとコメント。子供はデジタル技術に関して両親よりも抜け目がないため、両親は子供がすることを見守る必要があるとしています。

Hastings氏はこれまでもオンラインゲームにも家庭用ゲームと同様のレーティング及び審査が行われるべきであると主張するなどゲームに対して強硬な姿勢を見せています。

Hastings氏の狙いは実際に両親を検挙することではなく、罰則の存在によりレーティングの重要性を浸透させることにある模様。子供のすることを止めるのは親の責任というわけで、レーティングをまつわる議論への重要な働きかけとなりそうです。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 京都・河原町の洒落た喫茶店は新たなVRゲームを生み出す秘密基地!? 「THE VR ROOM KYOTO」訪問レポート

    京都・河原町の洒落た喫茶店は新たなVRゲームを生み出す秘密基地!? 「THE VR ROOM KYOTO」訪問レポート

  2. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

    【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

  3. 【WHF 2009夏】次世代ワールドホビーフェア09 Summer フォトレポート

    【WHF 2009夏】次世代ワールドホビーフェア09 Summer フォトレポート

  4. 2018年3月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

  5. 【レポート】「Oculus Rift」製品版の開封&セットアップ解説をお届け

  6. アメリカゲーム業界就職事情・・・日本とは違うサバイバル術

  7. 【プレイレビュー】『ファークライ 3』日本語版Co-opマルチプレイモードプレビュー&プレイ動画

  8. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  9. 『逆転裁判』は如何にして産まれたのか、江城元秀氏と巧舟氏が語る――『逆転裁判』特別法廷セミナーレポート・前編

  10. 消費者庁、コンプガチャを禁止へ・・・ソーシャルゲーム各社に近く通知

アクセスランキングをもっと見る