人生にゲームをプラスするメディア

『ソニック』の生みの親の一人が『パックマン』30周年記念作を開発

安原広和氏といえば『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』シリーズの生みの親の一人。

ゲームビジネス その他
安原広和氏といえば『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』シリーズの生みの親の一人。

初代作と2作目でプランナーを、後にディレクターを務めましたが、そんな安原氏が『パックマン』の30周年記念作に携わっています。Gamasutraが報じるところによりますと、30周年記念作はバンダイナムコゲームスアメリカの開発で2010年に発売予定とのこと。

安原氏はセガから海外のデベロッパーであるNaughty Dogに移籍し、プレイステーション3用ゲーム『アンチャーテッド エル・ドラドの秘宝』ではゲームデザイナーを務めています。

現時点では30周年記念作の詳細及び日本での発売は不明。氏はGDC2008のインタビューで「アメリカ人と日本人ではストレスの源となる部分が異なっているので、その両方をリラックスさせるために異なった方法を採る」とコメントするなどワールドワイドな視点を重視していることもあり、『ソニック』の生みの親が手がける『パックマン』の日本発売を期待したいところです。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. JeSU「eSPORTS 国際チャレンジカップ」を2019年1月に開催─賞金総額は4タイトル合計で1,500 万円

    JeSU「eSPORTS 国際チャレンジカップ」を2019年1月に開催─賞金総額は4タイトル合計で1,500 万円

  2. スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

    スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

  3. 【ロード・オブ・ザ・ドラゴン攻略】日米で1位のダークファンタジーRPGを遊ぼう(基本編)

    【ロード・オブ・ザ・ドラゴン攻略】日米で1位のダークファンタジーRPGを遊ぼう(基本編)

  4. 【コラム】『ファイナルファンタジーXV』と「リアル」の変質

  5. ソニックファンの少年、ハリネズミを飼う権利を勝ち取る

  6. 任天堂の宮本茂氏、スペイン皇太子賞を受賞

  7. 【CEDEC 2010】プラットフォームホルダーの品質管理とは?

  8. 美少女とVRリズムアクションを楽しめる『エアトーン』がハウステンボスに登場、4月28日より

  9. ラーメン屋VRゲーム『カウンターファイト』に挑戦!大繁盛で店主ヘロヘロ…

  10. ブロックチェーン技術を活用した『My Crypto Heroes』が開発中-獲得したアセットはユーザー自身が所有権を持つ

アクセスランキングをもっと見る