人生にゲームをプラスするメディア

海外amazon、中古ゲーム買取サービスを試験的にスタート−海外では賛否両論

海外amazonは中古ゲーム買取サービスを試験的にスタートしています。

ゲームビジネス その他
海外amazonは中古ゲーム買取サービスを試験的にスタートしています。

これまでamazonは中古ゲームを販売する仲立ちを務めていましたが、このサービスではamazon自身が中古ゲームを買い取り、amazonギフト券の形で支払います。対象となっているのは、現時点では約1500タイトルで、正常動作することが条件となります。

中古ゲームも扱っているショップとしてはGamestopが有名ですが、amazonの中古ゲーム買取がスタートしてから株価は一時13%も下落。GamestopのCEOであるDan DeMatteo氏が「amazonがこの事業で成功する確率はゼロだ」と発言するなどの騒ぎとなりました。Gamestopは同様の郵送による中古買取をスタートするも期待通りの成果が上がらなかったという経緯があり、DeMatteo氏はamazonの新サービスを消費者に受け入れられる余地がないとコメントしています。

ゲーム雑誌「EDGE」のオンライン版である海外ゲームサイトEDGE-ONLINEでは「amazonに売るよりもeBayで売った方が高く売れる」「直接お店にいって品物をやり取りしたい」「レアものはeBayの方が強い」「amazonギフト券なら他の品物にも使えるからGamestopよりも価値がある」「緊急に品物が欲しくてGamestopの店に行けない時は利用価値があるだろう」といったコメントが付けられており、賛否両論が真っ二つに割れた状態。

中古ゲームは高い利益率を持つといわれており、大手のamazonが本格的に乗り出すとなればゲーム業界への影響も少なくないはずで、この試みが成功するのか否かが注目されるところです。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

    スマホゲーム業界のマーケティングカオスマップ(β版)が公開―ゲームのライフサイクルに合わせる形で分類・整理

  2. JeSU「eSPORTS 国際チャレンジカップ」を2019年1月に開催─賞金総額は4タイトル合計で1,500 万円

    JeSU「eSPORTS 国際チャレンジカップ」を2019年1月に開催─賞金総額は4タイトル合計で1,500 万円

  3. 今週発売の新作ゲーム『ザ クルー2』『NieR:Automata BECOME AS GODS Edition』『イースVIII Lacrimosa of DANA』『ルミネス リマスター』他

    今週発売の新作ゲーム『ザ クルー2』『NieR:Automata BECOME AS GODS Edition』『イースVIII Lacrimosa of DANA』『ルミネス リマスター』他

  4. 任天堂ミュージアムに行ってきました!

  5. 国内ゲーム人口は4,336万人、家庭用ゲーム機所有者数も明らかに ― 2016CESA一般生活者調査報告書

  6. 『機動戦士ガンダム 戦場の絆 VR PROTOTYPE Ver.』発表!「VR ZONE SHINJUKU」にて2017年冬に期間限定で設置

  7. アークシステムワークス「TGS2018」出展概要公開─『キルラキル』を国内初プレイアブル出展!

  8. 【特集】VRで盛り上がるジョイポリス、だがセガは1994年にVRアトラクション「VR-1」を導入していた

  9. 【レポート】映像業界から語られたゲームグラフィックの可能性…実写×3DCGで実現する新たな表現

  10. 「運が悪い」人間ほど成功する・・・稲船敬二氏が語るゲームクリエイター人生

アクセスランキングをもっと見る