人生にゲームをプラスするメディア

ミッドウェイ、『モータルコンバット』も売却へ

ゲームビジネス その他

倒産情報・リストラ情報を扱う米国のブログnetDocketsによれば、破産した米国のパブリッシャー、ミッドウェイ・ゲームスが『Wheelman』に引き続き、『モータルコンバット』シリーズの売却も模索していることが判明しました。

これは、同社が公表した、従業員への褒章計画から判明したもので、(1)Wheelmanの売却に成功した場合 (2)モータルコンバットの売却に成功した場合 という風にリスト化され、マイルストーン毎に報酬が支払われます。対象は取締役、幹部、一般従業員の計29名です。

『Wheelman』については先日、ユービーアイソフトが権利を獲得することが決定しています。『モータルコンバット』が売却されれば、ミッドウェイには目ぼしいフランチャイズは残らず、静かに終わりを迎えることになりそうです。
《土本学》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. 【コラム】『ペルソナ5』の海外高評価と“ジャンルとしての”JRPG

    【コラム】『ペルソナ5』の海外高評価と“ジャンルとしての”JRPG

  2. 美少女に癒やされたい人必見?まったりVRババ抜き『OldMaidGirl』Steam配信開始

    美少女に癒やされたい人必見?まったりVRババ抜き『OldMaidGirl』Steam配信開始

  3. 「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

    「日本と海外におけるゲーマーにとってのリージョン制限」・・・イバイ・アメストイ「ゲームウォーズ 海外VS日本」第22回

  4. 【コラム】『ファイナルファンタジーXV』と「リアル」の変質

  5. 『Branching Paths』試写会&座談会レポ―日本のインディーを振り返って

  6. スパイク・チュンソフト、オフィシャルサイト本日オープン ― コーポレートロゴも公開

  7. 【GDC2011】任天堂・岩田聡社長が見せた覚悟と開発者へのメッセージ

  8. 宮本氏「任天堂はライバルを気にするよりオンリーワンの存在に」

  9. Oculus代表パルマー・ラッキーがPSVRに言及、「ハイエンド・パワフルではない」

  10. 【特集】『東方Project』商業・海外展開の裏側、その背景には時代の変化が

アクセスランキングをもっと見る