人生にゲームをプラスするメディア

【アンケート結果発表】いま所有しているゲーム機で一番稼動しているのはどれ?

ゲームビジネス その他

インサイド読者の皆さんこんにちは。気が付けばもう3月に入り、外の気温ぽかぽか暖かくなってきましたね。

インサイドでは「いま所有しているゲーム機で一番稼動しているのはどれ?」と言うお題で読者よりアンケート募集を1週間行い、3月2日10時に集計した結果を発表します。

・Wii 133票
・ニンテンドーDS 146票
・PSP 47票
・PS3 32票
・Xbox360 50票
・その他(ケータイ含む) 14票


1番投票が多かったのは、やはり現行機で一番普及している「ニンテンドーDS」146票でした。3月20日には3色の新色が発売され、更に普及が加速しそうです。ソフト面では、残念ながら『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』の発売日が7月11日に延期になってしまいましたが、他にセガの新作RPG『セブンスドラゴン』や、発売日が前倒しになった『スーパーロボット大戦K』などの大型タイトルが控えています。個人的には3Dになった『立体ピクロス』に期待しています。

2位は「Wii」133票です。最近はサードパーティのWiiウェアが好調で、『珍道中!!ポールの大冒険』を初め、『ミスタードリラーワールド』などが2月から配信開始し、ダウンロードしてプレイしている人も多いのではないでしょうか。

逆にソフト面は、年始からの新作は『デッドライジング ゾンビのいけにえ』や『ワンピース アンリミテッドクルーズ エピソード2 目覚める勇者』など、期待のタイトルがいくつか発売されましたが、全体的にタイトル数がやや落ちている感じがします。

任天堂タイトルも昨年12月〜3月までの完全新作タイトルは『アナザーコード: R 記憶の扉』1本で、そのほかのタイトルは「Wiiであそぶセレクション」が中心で展開の為、新作不足という感じも否めません。

3位は「Xbox360」50票。PS3やPSPを僅かに抜いて3位となった要因は、やはり『スターオーシャン4 THE LAST HOPE』ですね。スクウェア・エニックスの人気RPGシリーズ最新作と言う事で本体と一緒に買った人も多かったのでは無いでしょうか?3月5日には『BIOHAZARD 5』が発売され、この好調を維持したいところ。今後のラインナップでは、先日発表された『ロストプラネット 2』に期待が高まります。

4位は「PSP」47票。PSPは『ディシディア ファイナルファンタジー』と『モンスターハンターポータブル 2nd G』と『アイドルマスターSP』が現状の主力タイトルで新作不足でしたが、3月にはサードパーティから新作が多数発売され、4色の新色PSPが発売されるので盛り返したいところ。

5位は「PS3」32票。ハードを所有していない人も結構居る現状では、2月26日に期待の新作『龍が如く3』と『BIOHAZARD 5』のビックタイトルがどれだけハードを牽引してくれるかで、今後の売り上げ面で影響を与えそうです。
《まさと》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. プレイステーション3版『頭文字D EXTREME STAGE』・・・開発者に聞く

    プレイステーション3版『頭文字D EXTREME STAGE』・・・開発者に聞く

  2. 今週発売の新作ゲーム『マリオパーティ100 ミニゲームコレクション』『カイジ ~絶望の鉄骨渡り~ for Nintendo Switch』他

    今週発売の新作ゲーム『マリオパーティ100 ミニゲームコレクション』『カイジ ~絶望の鉄骨渡り~ for Nintendo Switch』他

  3. 今週発売の新作ゲーム『ストリートファイターV アーケードエディション』『マリオ+ラビッツ キングダムバトル』『死印』他

    今週発売の新作ゲーム『ストリートファイターV アーケードエディション』『マリオ+ラビッツ キングダムバトル』『死印』他

  4. 【特集】マリオカートやエヴァ搭乗をVRで楽しめる「VR ZONE SHINJUKU」オープン─利用方法は? 要予約なの? まとめてご紹介

  5. 【インタビュー】KLabに訊くプロジェクト管理ツール「SHOTGUN」導入事例―管理業務の負担を半分に削減?!

  6. ゲーム会社の就職に求められるポートフォリオとは?現役クリエイターが学生に指導

  7. 任天堂の岩田聡社長が逝去、胆管腫瘍のため

  8. ゲーム開発は大変だけど楽しい!アークシステムワークス『GUILTY GEAR』開発チームが学生に語る

  9. 海外版メガドライブ新型「Sega Genesis Flashback」発表―ソフト80本以上内蔵、携帯機も【UPDATE】

  10. 企画とデザインのキャッチボールで生まれた『グランブルーファンタジー』の稀有な開発体制―春田康一プロデューサーと皆葉英夫氏に聞いた

アクセスランキングをもっと見る