人生にゲームをプラスするメディア

任天堂、ソニー、ノキアが特許侵害で訴えられる

ゲームビジネス その他

任天堂、ソニー、ノキアは無線通信の特許を侵害しているとして訴えられました。

テキサスのWall Wireless LLCは、米国特許6,640,086を侵害しているとして任天堂、ソニー、ノキアを訴えました。問題となっている特許は「携帯電話のようなハンドヘルド装置から、オペレーターによって発生する聴覚もしくは視覚的メッセージを、インターネットを介して分配する」というもの。

同社はニンテンドーDSやPSP、ノキアのN81、N82、N93、N95といったハードウェアや『マリオカート』『ワイプアウト』『Reset Generation』(ノキアの携帯電話で遊べるレトロゲーム風ボードゲーム)の通信対戦が特許を侵害しているとしており、販売停止と損害賠償、弁護士費用を求めていく構えです。
《水口真》

編集部おすすめの記事

ゲームビジネス アクセスランキング

  1. ゲームクリエイター・中裕司氏がスクエニに入社―これまで通りゲーム開発に従事

    ゲームクリエイター・中裕司氏がスクエニに入社―これまで通りゲーム開発に従事

  2. 今週発売の新作ゲーム『モンスターハンター:ワールド』『七つの大罪 ブリタニアの旅人』『The Inpatient 闇の病棟』他

    今週発売の新作ゲーム『モンスターハンター:ワールド』『七つの大罪 ブリタニアの旅人』『The Inpatient 闇の病棟』他

  3. 【TGS2017】ドキドキ感が溢れる!実写美女の匂いまで体験できるVRコンテンツが登場

    【TGS2017】ドキドキ感が溢れる!実写美女の匂いまで体験できるVRコンテンツが登場

  4. セガゲームス誕生 ― グループ組織再編により、コンシューマ事業とセガネットワークスが一つに

  5. 女性向けゲームブランド「QuinRose」のアートムーヴが事実上倒産 ― 『ハートの国のアリス』シリーズなど

  6. 【インタビュー】「ゲーマーの社会的価値を上げたい」OPENREC.tvに込められた想いとはーーCyberZ取締役に訊く

  7. 【CEDEC 2017】ゲームの特許は難しくない!だれでもわかる効果的なゲーム特許の取得方法

  8. 【レポート】インドネシアのデベロッパーが手がけるVRホラー『DreadEye』をプレイ

  9. バンダイナムコの本社が移転 ― 品川の未来研究所から、東京都港区へ

  10. 2017年12月発売の新作ゲームは何を買う?―注目タイトルまとめ!

アクセスランキングをもっと見る